玉置浩二との不倫、暴力…石原真理子・自叙伝「ふぞろいな秘密」

玉置浩二との不倫、暴力…石原真理子・自叙伝「ふぞろいな秘密」


c0144828_9401091.jpg


石原真理子(42)が6日発売の自叙伝「ふぞろいな秘密」で、玉置浩二(48)との不倫騒動について告白しているという。

23年前、結婚していた玉置と不倫。1986年に石原の部屋から、石原が毛布でグルグル巻きにされ病院に運ばれた。当時は「階段から転げ落ちたため」という説明だった。

「実はあの時、私は、玉置さんからボコボコに殴られ、蹴られ、背部打撲と第3腰椎骨折の大ケガを負わされていたんです。あと3cmずれていたら、下半身不随になっていたとお医者様に言われました」。
「あの日、私は自分の部屋で、知り合いの男性インストラクターからジャズダンスのレッスンを受けたんです。その直後に玉置さんが戻って来ました。私の汗ばんだTシャツを見るや、いきなり"ふざけるな!"って蹴られ続けたんです」。
大けがを負いながら助けを呼んだが、皆が駆け付けるときには玉置を押し入れに隠してかばったという。

c0144828_9411948.jpg


その後も関係は続いたが、「六本木を歩いていた時です。いきなり玉置さんからぶたれたんです。被っていた帽子が宙を舞ったのを、今でもストップモーションのように覚えています。ただ、私としては、公衆の面前でぶたれたのは初めて。傍を通りかかった女性がア然としていました。その時、私は"別れ"を決意したんです」。

石原は「女優が芸能界でSEXをして仕事を取る実態や、芸能人と宗教関係、また共演者から受けるイジメの陰湿さなど、今まで芸能界でタブーとされてきた"裏側"を分かって頂ければ幸いです」と話した。
[PR]

by a19750601 | 2006-12-08 09:31