「ほっ」と。キャンペーン

オマケ付きお菓子が大流行

このところ、オマケ付きお菓子が大流行である。オマケ付きお菓子なのか、お菓子付きオマケなのか、わからない部分もあるが、まぁとにかくこんなに流行するには、ちゃんと理由があるのだ。

かくいう私も、タイムスリップグリコとディスニーチョコエッグについては、まんまとメーカーの思惑通りではないかと、時々我に返っては思量してしまう。タイムスリップグリコは、最初「鉄人28号」シリーズばかりが出るので、「暮らし」シリーズを手にするまで、少々ムキになってしまった(深く反省)。ディズニーチョコエッグについては、チョコエッグそのものの魅力も捨てがたい。グリコのように箱を開けるだけではなく、チョコの殻を割って…という部分が、なかなかそそられるではないか。

あの小さい卵型チョコレートの中に、またまた小さいカプセルが入っているところなど、いやがおうにも期待が高まる。組み立てたディズニーキャラクターのモデルは、ちっぽけな割に細部まで良くできている。うーん…と感心しつつ、それでももうちょっとチョコレートがおいしければ、もっと買うんだけどなぁ…(おいしくなくて幸いである)などと考え、そろそろ飽きてきていた。

ところが先日、カプセルの中から出てきたのは、シンデレラの「ガラスの靴」である。ディズニーチョコエッグコレクター(注・私は決してコレクターではありません)の方なら、ここで相応のリアクションをしてくださっただろうと信じる。「ガラスの靴」は、カプセルにモデルとともに入っている一覧表に載っていない。そう。レアものである。

いつだったかTVで、チョコエッグの動物シリーズのレアものを紹介していた。「ツチノコ」である。あの、幻の蛇といわれるツチノコ。アップで写されていたが、決して可愛くも何ともない。ところがそのツチノコ、コレクターの間ではプレミアが付いて、相場は3万円だそうだ。

ツチノコに比べたら、ガラスの靴のなんと可愛いことか…と、悦に入っている私である。魅力的なのは、紫色のクッションに載った透明のガラスの靴か。それとも、プレミアが付くかも知れない、この小さなモデルの将来だろうか。
[PR]

by a19750601 | 2002-04-25 07:07