「ほっ」と。キャンペーン

映画の感想を書いていたのだが

午前中に映画の感想を書いていたのだが、『ロバート・イーズ』のところでいきなり引っかかった。トランスジェンダーとか性同一性障害というものが、僕にはいまひとつよくわからない。身の回りにゲイの人はいても、トランスジェンダーの人はいないしなぁ……。

いや、実際にはいるのかもしれないけど、そうだとカミングアウトされたこともないし。(もちろんそんなことはプライバシーなんだから、カミングアウトする必要なんてぜんぜんないんだけど。)ジェンダー関係では、最近さかんに「ジェンダーフリー」ということが言われるのだけれど、これは相当に怪しく、しかも危険な思想だと思う。特に性同一性障害で悩んでいる人にはいい迷惑だ。

性同一性障害の人たちは、自分の生まれ持った性別とは別に「男になりたい」「女になりたい」と思うわけです。つまりジェンダーにとらわれない「ジェンダーフリー」とはまったく逆で、かたくなにジェンダーにとらわれた生き方を求める。彼らや彼女たちは個人に固有の「私らしく生きる」ことより、まず「男らしい男になりたい」「女らしい女になりたい」と願うからこそ、高額の手術費用まで支払って性転換手術を受けたりもする。

ジェンダーフリーなんてものは、ボーヴォワールの言葉に感化されたフェミニストが「そうか、私は女に生まれたんじゃなくて女になったのだ!」と開眼してしまったことから生まれた幻想だと思う。

男と女は生まれながらに男であり女なのです。それを逆説的に証明してしまっているのが、性同一性障害の人々だと思う。

午後はアミューズピクチャーズ試写室で三原光尋監督の新作『ドッジGO!GO!』を観る。これはすごくいい映画だった。小学生たちの表情がじつにいい。特に主演の田島有魅香と、韓国から参加した子供たちが最高。この子供たちだけで、100点満点で70点ぐらいはあげられる映画だったなぁ。

2本目はソニーで『スチュアート・リトル2』。これは1作目よりずっといい。今回は2羽の鳥が重要な役回りで登場するのだが、このアニメーションは素晴らしかった。表情や仕草などをたっぷりと擬人化しながら、それでもリアルな鳥の動作をきちんと残してある。スチュアートのガールフレンドになる小鳥の声を、メラニー・グリフィスが演じている。

築地から歩いてメディアボックス試写室へ。途中でパンを買って、歩く道々食べる。本日ラストはイラン映画『チャドルと生きる』。イランで虐げられている女性の姿を、複数の女性たちのエピソードをリレー風につないでいく映画。1本の映画だけれど、オムニバス風の構成になっている。イランでは女たちが全員牢獄に囚われていると訴える、この映画のメッセージは明快。しかし1日の終りに、この映画はちときつかった。先に観た2本は元気が出る明るい映画だったのに、この1本でドーンと暗くなってしまった。

帰宅したら郵便受けにamazonからの荷物が入っていた。中身はエマニュエル・カレールの「嘘をついた男」だ。先日フランス映画祭横浜で観た『見えない嘘』の原作。面白そうな本だけれど、これを読むのはしばらく後回しになりそうだ。まずは「少女たちの魔女狩り」を読んでしまわなければ……。

映画『クルーシブル』の主人公になったジョン・プロクターと妻が逮捕され、下女のメアリ・ウォレンが証言をするくだりを読んだ。映画ではメアリが彼女自身の野心からジョンの妻を陥れるような話になっていたが、この本の著者はメアリにかなり同情的。どちらが正しいのか、それはもはや誰にもわからない。

『クルーシブル』の原作「るつぼ」は、近くの図書館にあることがわかったので、「少女たちの魔女狩り」を読み終わったあとはまずそれを読んで、そのあとが「嘘をついた男」かな。
[PR]

by a19750601 | 2002-07-22 23:13 |

女優の戸川京子 首つり自殺

女優の戸川京子さんが首つり自殺

c0144828_1954558.jpg女優戸川京子さん(37)が2002年7月18日、都内の自宅マンションで首をつって死亡しているのを所属事務所スタッフが見つけ、110番通報した。連絡が取れないことを不審に思ったスタッフが、管理人に錠を開けてもらい発見した。自宅のドアや窓は施錠されており、遺書はないものの、警視庁世田谷署は自殺とみて調べている。この日夕方会見した事務所役員は「悩んだ様子はなかった。思い当たることはない」とショックを隠せなかった。
 戸川さんはテレビの旅番組の収録に向かうため、この日午前7時30分に都内で所属事務所スタッフと待ち合わせをしていた。時間を過ぎても現れず電話連絡も取れないため、不審に思ったスタッフが東京都世田谷区内の自宅マンションを訪ねた。応答もないため、管理人立ち会いのもと部屋に入ったところ、首をつって自殺している戸川さんを発見、午前9時すぎに110番通報した。

 世田谷署の調べによると、戸川さんは家具にひもを掛け、パジャマ姿で死んでいた。死後数時間経過していたという。死因は窒息死とみられている。自宅のドアや窓は施錠されており、外傷もなかった。遺書は見つかっていない。

c0144828_19544744.jpgこの日夕方会見した所属事務所の菊池美由貴常務(35)によると、18日午前1時にスタッフが戸川さんに電話で連絡をした際には、普段と変わらない様子だったという。戸川さんはぜんそくの持病があり、最近は体調を崩していたが「健康に気を付けて頑張ります」などと話していたという。午前2時すぎには、女性とみられる友人と電話で話した記録があり、戸川さんはその後に自殺を図ったものとみられる。

 菊池さんは「3週間前に引っ越したばかりだった。明るく、なんでも話す人で恋の悩みもあったら自分から話をする人だった。秋の舞台も決まっていたし、仕事についても話し合ってきた。どうしてなのか、思い当たる節はない」と唇をかみしめた。

 戸川さんは、歌手でタレントの戸川純(41)の妹で、5歳の時から劇団「ひまわり」に所属し子役として活躍してきた。10月スタートのNHK教育テレビのドラマ愛の詩「どっちがどっち」(土曜午後6時)の収録が終わったばかりで、11月には新橋演舞場の舞台「花たち女たち」に出演する予定だった。

c0144828_21311159.jpg


93年1月にはロックバンド「ZIGGY」のドラマー大山正篤と結婚したが、その後離婚した。95年11月に姉の純が自殺未遂を図った時には、戸川さんが献身的に支えていた。

(写真・上=舞台「天涯の花」で熱演する戸川京子さん(右)。左は松たか子=99年1月、下=戸川京子さんが自殺した自宅マンション=東京・世田谷区野沢(撮影・小沢裕))
c0144828_2344240.jpg
◆戸川京子(とがわ・きょうこ)
 本名同じ。1964年(昭和39年)8月13日、東京生まれ。5歳から劇団「ひまわり」に所属してTBS「おすし屋ケンちゃん」などで子役として活躍。82年のNHK「御宿かわせみ」で演技派として注目され、テレビ朝日「ガラスの仮面」TBS「週末婚」フジテレビ「イマジン」に出演。84年から89年まで日本テレビ「11PM」の司会を担当。歌手としても「悲しみはリアルすぎて」をリリース、舞台も「ペール・ギュント」「雪まろげ」に出演。93年にZIGGYのドラマー大山正篤と結婚したが、その後離婚。



画像クリック ↓ 拡大
c0144828_20354138.jpg

c0144828_23374333.jpg

[PR]

by a19750601 | 2002-07-18 19:52 |