「ほっ」と。キャンペーン

★俳優・古尾谷雅人 首吊り自殺

俳優・古尾谷雅人さんが自殺

c0144828_215747.jpg25日午後6時ごろ、東京都文京区目白台2の俳優、

古尾谷雅人(ふるおやまさと)(45)=本名・康雅=の自宅マンションで、

古尾谷さんが首をつっているのを家人が発見し119番した。

救急隊が駆けつけたが既に意識はなく、

警視庁大塚署が午後6時41分に死亡を確認した。調べでは、家人

が帰宅して寝室をのぞいたところ、古尾谷さんがロープで首をつっていたという。

同署は自殺とみて家族らから事情を聴いているが、

遺書は確認されていない。  

事務所によると、古尾谷さんは1月の仕事を最後に休業。その前後に身内の不幸があり、

悩んでいる様子だったという。

c0144828_13141113.jpg


インターホン越しに対応した事務所の女性は「悩みがあっても、

周囲に一切言わない人なので、詳しいことは分かりません」と話した。  

古尾谷さんは川崎市生まれ。高校卒業後、会社勤務の傍ら劇団ひまわりに入り、

77年、日活ロマンポルノ「女教師」でデビュー。

80年、低予算の自主製作映画であるATG映画「ヒポクラテスたち」に出演し、

個性的な演技で脚光を浴びた。「宇宙の法則」で90年、

毎日映画コンクール男優主演賞受賞。

出演作は他に「スローなブギにしてくれ」「悪霊島」など。「金田一少年の事件簿」の

剣持警部役などテレビでも活躍していた。

c0144828_2114625.jpg
妻は女優の鹿沼えりさん。


c0144828_10542843.jpg

[PR]

by a19750601 | 2003-03-26 20:58

 酒井法子 ムコ殿2003 へキャスティング

2003年4月17日 木曜日 午後10時から CX でスタート

c0144828_921710.jpg


2001年4月に全国の女性の心をとらえた、あの桜庭裕一郎が帰って来ます!

表向きはクールでハンサムな大スター、『抱かれたい男No.1』。

でも実態はダサくて熱くて涙もろい超人情男の裕ちゃん。

大ヒット曲 『ひとりぼっちのハブラシ』 に続く

待望の新曲 『お前やないと あかんねん』 をひっさげての再登場!

しかも今度は、なんと姉さん女房にべた惚れし、大家族に婿入りしてしまうのです!


c0144828_9253595.jpg


さあ、今度の家族は一体全体どんなキャラクター? どんな問題を抱えているの??

どんな熱くて泣ける裕ちゃん節を炸裂させてくれるのでしょう???

今回はさらに、連ドラの常識を打ち破る数々の展開が!!

まずは4月30日に桜庭裕一郎のライブを決行!! つんく♂さんもゲスト出演!

また、劇中で桜庭のファンが愛用している桜庭のオリジナルロゴグッズを期間限定販売!!

さらになんと、第5・8話は生放送!!

c0144828_9222849.jpg桜庭裕一郎 : 長瀬智也 

石原南 : 酒井法子 

石原西絵 : 篠原涼子 

相川ヒカリ : 星野真里 

石原北絵 : 三浦理恵子 

石原あきら : 末永遥

石原守 : 黒沢年雄

小峰卓郎 : つんく♂

山本修 : おかやまはじめ

川瀬里美 : 小野真弓  

遠藤弘一 : 平賀雅臣 

河村一 : 与座嘉秋(ホーム・チーム) 

寺田悟 : 鈴木リョウジ

相馬龍二 : 上地雄輔 

筋山通子 : 松下由樹

石原東子 : 岸本加世子

c0144828_9274555.jpg

石原 南役・・・酒井法子 
石原家の次女として、私はお茶の間というか家族のどたばたシーンがとても大好きです。子供の頃からそういったドラマが好きだったので、こういった楽しいドラマに入れていただいて、本当に楽しく毎日撮影させていただいています。

そして、みんなの憧れの的、裕ちゃんの奥さんになる6つも年上の姉さん女房なんですが、長瀬さんの器用さというか、言うと何でもやってくれるというか、ほんとにすごいなって感心しながらご一緒させていただいてます。

温かくて優しくて心がほんわりするようなドラマになれば良いなと思っております。

2003年3月25日
[PR]

by a19750601 | 2003-03-26 16:15 |

NHK 連続ドラマ 女将になります 酒井法子 主演

e0193221_14284715.jpg

e0193221_14131189.jpg

e0193221_14162956.jpg


どんな事にも満足できない元OLが「旅館の女将」を目指し修行中!?

長所は「体力」、短所は「お節介」!

 「こんなに会社に尽くしたのに…」 不本意な配置転換に憤りを感じた主人公・吉野奈津子 (28・酒井法子)は 「女将になりませんか?」 の広告に飛びつく。持ち前の世話好きが幸いして?どうにか入塾できた奈津子を待ち受けていたものは、睡眠3時間、客のわがまま、料理を覚え、布団を敷くなど…。

日々、落伍者が出る中、最後に栄光をつかむのは誰なのか?

また奈津子は過酷な修業を通して、本当の自分に出会えるのか?

e0193221_14201145.jpg


そんな満身創痍の奈津子の傷を治す謎の植木職人・水野(実は元経営コンサルタント)。

ケンカもするが旅館を一番に考えている硬派の板前・吉沢(実は奈津子のことも?)。

頑固一徹な大女将・ヒサ(敵か味方か?)。

そして、反発もするがいつの間にか奈津子の目標となる女将=塾長・富佐子。そんな人たちにもまれ、助けられながら、負けず嫌いの世話好きで体力だけが取り得の奈津子は、次第に女将としての頭角を現していく。


e0193221_14205730.jpg吉野奈津子…酒井法子

性格は明るく前向き。負けず嫌いでお節介。体力に自信あり。

人に喜ばれる事が好きで頭より体が反応するタイプ。あと先考えなく行動してしまうことが多々ある。短大卒業後、8年勤めた会社を辞め「旅館の女将」を目指す。

理由は、自ら立ち上げ進めたプロジェクトを達成半ばにして外されたことと結婚を考えていた恋人の社内での二股交際が発覚し別れを決意したため。

「本当の自分はここにはいない」そんなことを考えていた時、「女将になりませんか!」 の広告を見て

女将塾に入ることを決意する。

最初は戸惑いの連続だったが、持ち前の負けん気で次第に頭角を現していく。

[PR]

by a19750601 | 2003-03-14 12:07 |