「ほっ」と。キャンペーン

いかりや長介さん 死去


c0144828_8294679.jpg



2004年3月20日、午後3時半 いかりや長介さんが死去

ザ・ドリフターズのリーダーで俳優としても活躍した

いかりや長介(いかりや・ちょうすけ、本名碇矢長一=いかりや・ちょういち)さんが

20日午後3時半、頚部(けいぶ)リンパ節がんなどのため

東京都港区の東京慈恵会医科大学付属病院で死去した。72歳。

東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。

いかりやさんは、昨年5月末に原発不明頚部リンパ節がんで緊急入院。

2カ月後に仕事復帰したが、数日前に体調が急変した。

自宅にはドリフターズのメンバーが弔問に訪れ、悲しみの対面をした。

所属事務所「イザワオフィス」によると、

いかりやさんは昨年5月末に「原発不明頚部リンパ節がん」で入院して以降、

定期検診のため入退院を繰り返していた。

1週間前の検査で、担当医から「がんの転移が見つかった」と知らされ、

15日に再入院。家族にみとられて亡くなった。

関係者は「眠るような最期だったそうで、

本当に穏やかな顔をされていました」と話している。

20日夜、東京都目黒区の自宅にはドリフターズのメンバーが

続々と弔問に訪れた。加藤茶(61)、志村けん(54)、高木ブー(65)が、

厳しく優しかったリーダーと悲しみの対面をした。

21日未明、弔問を終えた高木ブーは「バカヤローと言ってやりました」と

目頭を押さえた。

c0144828_8301563.jpg


仲本工事(62)は仕事の都合で駆けつけることができなかったが、

4人で「お葬式は盛大にやろう」と決めた。

全員の目に涙があふれていた。

つらい闘病生活だったが、一切その苦しさを外には見せなかった。

緊急入院から、わずか2カ月足らずでの仕事復帰。

東京・日比谷スカラ座で行われた

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」の

初日舞台あいさつ。

ダンディーな黒のスーツ姿で登場すると「予定通り7週間で治療が終わった。

これからはわが身を顧みず頑張るつもり」と話し、

笑顔を見せた。ドラマにも復帰し、映画も「恋人はスナイパー(劇場版)」

(4月17日公開)に出演、これが遺作となった。

東京生まれだが、戦時中に静岡県に疎開し、少年時代を過ごした。

その後、東京で親せきの洋品店を手伝ううち、

音楽好きが高じて61年にジミー時田さんのバンドに加入。

64年、コミック・バンド「ザ・ドリフターズ」を結成した。

69年10月スタートのTBS「8時だヨ!全員集合」では、

生放送でコントを披露し国民的な人気を集めた。

お笑いのネタ探しや演出も手がけながら、

加藤、志村、故荒井注さんら個性的なメンバーを仕切り

「ウィッス!」「だめだこりゃ」などのギャグも流行させた。

遅咲きながら役者としても活躍。渋い脇役が多く、

フジテレビ「踊る大捜査線」のベテラン刑事は当たり役だった

[PR]

by a19750601 | 2004-03-20 19:22 |