「ほっ」と。キャンペーン

女作家 鷺沢萠 首吊り自殺 35歳

鷺沢萠 首吊り自殺

c0144828_8591814.jpg



18歳で文学界新人賞を最年少受賞した 

作家の鷺沢萠(さぎさわ・めぐむ、本名・松尾めぐみ)さんが、

東京都目黒区の自宅で首吊り自殺した。35歳だった。 

関係者の話によると、自宅で倒れているのを、

訪れた知人が12日夜に発見した。

死亡時刻は11日未明、首吊り自殺していた。

c0144828_9004.jpg


葬儀は近親者のみで行う。自宅は公表していない。

東京都生まれ。上智大学外国語学部1年在学中の87年、

壊れた家族を描く「川べりの道」で文学界新人賞を受けてデビュー。

89年の「少年たちの終わらない夜」は

ベストセラーになり、「帰れぬ人びと」が芥川賞候補になった。

以後、現代の家族像を探る「葉桜の日」、

在日韓国人青年のこだわりを明るく描いた「ほんとうの夏」など、

計4回芥川賞候補に挙がった。

92年の「駆ける少年」で泉鏡花文学賞を受賞。

同書の執筆過程で祖母が朝鮮半島出身であることを知り、

93年には韓国の延世(ヨンセ)大学校付属語学研究院で韓国語を学んだ。

 02年に自伝的小説「私の話」を発表。

近著「ウェルカム・ホーム!」(新潮社)を

3月下旬に刊行したばかりで、自身のプロデュースにより

舞台化し、6月に上演する予定だった。



(本名:松尾めぐみ)
東京都大田区出身。
エッセイの他、絵本の翻訳も行った。
映画監督の利重剛と結婚(のち離婚)。
作品はイタリア、韓国などでも翻訳されている。

好きな作家は深沢七郎、安岡章太郎、村松友視。
車好きで、マニュアル車を好み、無類の麻雀好きでも知られた。
また、『産経新聞』のインタビューに対し、「水がないと不安になる」と
水への依存症のような状態であることを話したことがある。
ちなみに愛煙家だった。

[PR]

by a19750601 | 2004-04-12 16:43