「ほっ」と。キャンペーン

極楽・山本圭一の被害届けを出した女

極楽・山本圭一の被害届けを出した女のバックに“ヒモ男”!? 1人はチーマー風、もう1人は中田英寿風のイケメン!!

元「極楽とんぼ」の山本圭一が萩本欽一が監督を務める野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」の遠征先の北海道・函館市内のホテルで、17歳のデリヘル少女と淫行した問題は、そのデリヘル少女のバックにいた“ヒモ男”がイチャモンをつけているらしい。現地を取材した記者はいう。

「女は2人いて、2人ともバックにわけの分からない男がいるんですよ。要するに“ヒモ”ですよ。1人のヒモ男は、渋谷にいるチーマー風な男で、もう1人はサッカーの中田英寿に似たイケメン。まあ、たいした男じゃないけど、こういったケースは実に面倒だからね。

c0144828_10581858.jpg


実際、この2人のヒモ男が後ろで糸を引いている。まあ、よく言う“美人局”の様なものだけど、まあ、そう言っても結局は、騙された山本がバカだったんですよ。救いようもないです」

やっぱり、デリヘルの女に引っかかったってことだ。だいたい、そんデリヘル少女は「被害届」を出しているけど、分かっていてホテルに行ったことは事実。

「何で、行ったの」ってことだ。まあ、そうは言っても、山本の「淫行」は事実だし、おそらく山本は、調子に乗って金を支払わなかったのだろう。しかも、かなり変態プレーをやったらしいから、女の子からは、かなり高額の料金を請求したと思われる。

函館の風俗情報を、現地取材の記者が言う。

「こう言っちゃ何なんだけど、函館は、もう不況で就職もないんだよ。特に、女の子の就職は厳しいらしい。だから、デリヘルになる女も多いし流行っているんだよ。また、これがいい女が多いんだよね。しかも、ホテルも多く観光客が多いから、デリヘルも商売になるらしいんだ」。

でも、今回のような事件になるケースは少ないが、芸能人に風俗好きは多い。たいていが「素人がいい」なんて、言うらしいが、そんな素人なんているわけない。プロの風俗嬢が素人ぶるのだ。そんなの、当然だろ。ところが、芸能人っていうのは、何かと偉そうな顔をするらしい。ある知り合いのデリヘル嬢が内幕を語ってくれた。

「歌手のTSさんているじゃない。この前、ホテルから呼ばれて行ったんだけど、TSということを私が気づかないフリしたら、ちょっと不機嫌な顔になっちゃって…。でも、ここで知った顔なんかすると、大体、それなりのサービスを要求してくるのね。何か“芸能人相手ならいいだろう”って。その態度が私はイヤなの。だから、気づいていても知らない顔をしていたら、鼻歌で、自分の歌を歌ったりなんかしてるんだから…。で、“俺の顔をみたことない?”って。芸能人って、気づかれたくないのか気づかれたいのか、全く分からない」。


本来、芸能人なんて気づかれたら困るのにね。僕は、その子や、その子の友達から、何人も芸能人、コメンテーターの変態振りを聞かされた。「サイテー」とか「キモイ」と言いながら、風俗嬢なんてペラペラ喋っちゃうんだから。ハッキリ言って芸能人は気をつけたほうがいい。そうそう、業界人は、すぐ名刺を残していくが、これも注意一秒だ。僕は、何人もの業界人の顧客名刺を見せてもらったことがある。

それにしても、「淫行にかかわった」という欽ちゃんチームの藤本博史捕手も、函館西警察署に再聴取される見込みだとか。藤本捕手は元オリックス選手。大塚製薬との個人スポンサー契約で登録名を「アミノバリュー藤本」としていたが、同社は球団スポンサーは続けるものの、藤本との契約は打ち切るそうだ。大塚製薬は上戸彩とのコンビで「元気ハツラツ!?」で売れば、インパクトもあったのに!!

それにしても、淫行に関わっていたかは分からないが、極楽・山本の「構成作家」も一緒にいたというが…。
[PR]

by a19750601 | 2006-07-29 08:53 |

甲斐智枝美 自宅2階寝室で首つり

甲斐智枝美 自宅2階寝室で首つり


c0144828_17515619.jpg前日は息子のサッカー練習に付き添うも…

10日に急逝した元アイドル、甲斐智枝美(本名・長谷部智枝美、享年43)の急死は自殺だったことが分かった。

智枝美は長年、不整脈に悩まされていたというが遺書はなく、はっきりとした動機は謎のままとなっている。

習志野市消防本部によると、
10日午前6時45分ごろ、夫でミュージシャンの長谷部徹さんから119番通報があり、

救急隊員が駆け付けたが、自宅2階の寝室で智枝美さんは首を吊っており、

その場で死亡が確認された。千葉県警習志野署が自宅で検視を行い、自殺と断定した。

親族らによると、智枝美は9日、中3の長男と小6の二男が所属する

サッカーチームの練習に付き添い、

いつもより遅めに帰宅した。10日朝、

子供が智枝美さんを起こしにいき、変わり果てた姿を見つけた。

昭和54年の日本テレビ系「スター誕生!」

で第29代グランプリに輝き、

歌手デビューした智枝美さんは

「チェミィ」の愛称で

「ポスト山口百恵」とまでいわれたが、平成2年8月に徹さんと結婚。

翌年10月、長男を出産したのを機に引退した。

このころから不整脈に悩まされ、一時は病院に

数週間入院するほど悪化したこともあったという。


c0144828_1757734.jpg




2006.07.12

「ママが起きないよ」…甲斐智枝美さん急死の真相

2、3年前に入院「心臓弱かった」

1980年代初めに「チェミィ」の愛称で親しまれ、

ドラマやバラエティーで活躍した元アイドル、

甲斐智枝美(本名・長谷部智枝美=はせべ・ちえみ)さんが10日、

心不全で千葉県習志野市内の自宅で急死したことが分かった。

享年43。通夜は11日夕方、葬儀は12日午前、それぞれ同市内の斎場で営まれた。

親族によると、智枝美さんは亡くなる前日の9日、

中学3年と小学6年の息子が所属するサッカーチームの練習に付き添い、

通常より遅めに帰宅。入浴を済ませ就寝した。

翌10日朝になって起きて来ず、様子を見に行った子供が、

「ママが起きないよ」と知らせに来たため、

慌てて救急車を呼んだという。しかし、

救急隊が駆け付けた時点で死亡が確認され、甲斐さんは搬送されなかった。

この親族は「所属していたクラブチームが強いチームで、

県大会優勝だ、何だという話になっていた。

(智枝美さんは)毎日練習につきあい、送り迎えなどそれは大変だった」と話す。

また智枝美さんは2、3年前、2週間ほど入院したことがあり、

「このときも心不全のようだと(医師に)言われた。心臓が弱かったのは確か。

疲労がたまっていたのかもしれない」と親族は声をつまらせた。

甲斐さんの夫でミュージシャンの長谷部徹は

「突然のことですごくショックを受けている。

これから残された子供達とどうしていけばいいか…」と

周囲に話しているという。

甲斐さんは福岡県大牟田市出身。

高校1年の79年に「スター誕生!」(日本テレビ)29代グランドチャンピオンに選ばれ、

80年に歌手デビュー。同期には、松田聖子、田原俊彦、河合奈保子、柏原芳恵、岩崎良美らがいる。

90年に、堀越高校時代の同級生で元ジャニーズ、

人気グループ「T-SQUARE」のドラマーだった徹さんと結婚。

翌91年10月に長男を出産して引退。生花店の手伝いなどをしていた。

2004年、「あの人は今!?」にて主婦業の傍ら生花店で働く姿が放送され、

スタジオではデビューシングル「スタア」を披露、これが最後のテレビ出演となった。


c0144828_180082.jpg

[PR]

by a19750601 | 2006-07-10 17:46 |

みなさんもお疲れ様

ただいまぁ 

みなさんもお疲れ様です。メール読みました。

明日から研修だったり、病院生活を送っていたり、

会社でごたごたがあったり、

生きてるといろんなことがありますね。

だからこそ人生なのかも・・・ですね。

いろんな人生がある中で、

今日の私の人生の一ページは

サッカーから始まりました。

朝、というより、早朝ですよね。起きるのがほんとうに辛

かったです・・・笑

前回のワールドカップは日本戦だけを楽しんでいたのに、

今回はワールドカップを楽しんでます。

ボールを自由自在に操る各国代表のサッカー選手を見るのが

本当に好きになってしまいました。

興奮、感動を与えてくれるんです。すごく美しいって思えるんです。

ボールが彼らの体の一部になったときの美しさは忘れられません。

選ばれたサッカー選手は、

どのようにしてサッカーに出会い、

どのようにサッカーと生き、

今に至っているのか。

そんなことをぼーと考えていると時間があっという間に過ぎていきます。

いよいよフランス対ポルトガルですね。

また彼らの美しいプレーが見られると思ったらドキドキしてきます。

明日も、寝不足ですね 


今日はぴーかんバディの収録でした。スタジオで撮ってみました。
[PR]

by a19750601 | 2006-07-07 00:38