休養宣言のオセロ中島 占い師に心酔しすぎて相方と衝突


c0144828_9555776.jpg


オセロの中島知子(39)が


4月9日から3週連続で生放送 『知っとこ!』 (TBS系)を欠席。


25日には、中島が事務所を通して、


「しばらくの間休ませて頂き、早く復帰できるよう治療に


専念したいと思っております」 と“休養宣言”した。


しかし、この裏には深刻な事情があるという。



事務所関係者はこう話す。



当初はインフルエンザだったということですが、


所属事務所も“体調不良”といっており、


さらに復帰時期は未定で病状も不明。よほどのことなんでしょう



テレビ関係者によると、今回の休養の理由のひとつには、


中島が信頼する占い師の存在があるという。


心酔する占い師が数年前からいるんです。


占い師のアドバイスが原因で、松嶋と怒鳴り合いのケンカまでしたこともあるようです。


スタッフなどの意見も聞かず、


占い師のいうことだけを考えて行動するようになってしまったようです。


それでどんどん孤立していったんでしょうね

[PR]

by a19750601 | 2011-04-27 06:51

俳優 田中実 自殺

NHK連続テレビ小説「凛凛と」に主演するなど数多くのドラマ、映画で活躍した俳優の田中実さんが25日午後、自宅マンションで、首をつって死亡した。自殺とみて警察が調べているが、44歳という俳優人生で最も脂ののった時期にいったい何があったのか。

c0144828_21111148.jpg


警視庁池上署などによると、25日午後3時すぎ、東京都大田区下丸子の自宅マンションで家族が見つけ、119番した。病院に運ばれたが、すでに息を引き取っていた。目撃住民によると、担架で運ばれる田中さんの顔面は真っ青で、パート先から駆けつけた妻は泣き崩れていたという。

家族は妻と長男、名門中学に通う長女の4人暮らし。昨年12月に大手のオスカープロモーションに移籍したばかり。「悩みは聞いていない。仕事もなかったわけではなく、撮影済みの2時間ドラマなどもあったようだ」とプロダクション側も驚く。だが、田中さんは4月11日付ブログで、「下を向いて考える時はどこか気持ちが沈んでいるような…」と不安な思いを綴っていた。


c0144828_2175946.jpg


自殺原因は不明だが、テレビ業界を取り巻く、厳しい環境について民放関係者が明かす。

「景気悪化による広告収入減や地デジ化への設備投資で昨年来、ドラマの制作現場ではギリギリの経費節減や人員の整理が行われた。そこに大震災がきて、『完全に干上がった』と悲鳴が上がっている」


所属事務所のオスカープロモーションによると、田中さんは昨年12月に同事務所に移籍し、WOWOWで3月6日に放送された「再生巨流」に出演するなど、ドラマなどの仕事を順調にこなしていた。死の前日の24日に田中さんの担当マネジャーが仕事について話をしたときには「特に変わった様子はなかった」という。事務所では「仕事のトラブルなどはなく、(原因に)心当たりはない」としている。

c0144828_21123439.jpg家族は妻と長男、名門中学に通う長女の4人暮らし。昨年12月に大手のオスカープロモーションに移籍したばかり。

「悩みは聞いていない。仕事もなかったわけではなく、撮影済みの2時間ドラマなどもあったようだ」とプロダクション側も驚く。

だが、田中さんは4月11日付ブログで、「下を向いて考える時はどこか気持ちが沈んでいるような…」と不安な思いを。

それまでの日記風の文体とは異なり、「空を見上げて考える時は何か良い事ありそうな気分 下を向いて考える時はどこか気持ちが沈んでるような…」「考えるから人間だって言っていたのは誰だっけ 考えるのは大好き 空を見上げて考えたい 空を見上げて考え続けたい」と、何かを悩んでいたとも取れる内容をつづっていた。


田中さんは、かつて水谷豊(58)主演の刑事ドラマ「刑事貴族」シリーズで実直な刑事役を好演したこともあるが、最近は単発の仕事が多かったようだ。

 「震災以後の番組編成を見ると、過去の人気ドラマの続編が多い。セットの一部などを使い回せるし、新しい役者のキャスティングなどに労力をかけず、出費を抑えられる。午後7時半以降の収録には“ロケ弁”を出す決まりなので、午後7時に切り上げるロケがあるくらいです」


◆日本テレビ系「刑事貴族」で共演して以来、田中さんが尊敬する俳優、水谷豊(58)

 「先月長崎ロケが一緒で、お互いに芝居のアイデアを出し合ったり、夜中まで楽しく語り合ったり。久しぶりに楽しい時間だったねと。お互いにまた近々に会うことを約束して別れたばかり…。まったく言葉が見つかりません」

◆NHK朝の連続テレビ小説「凛凛と」で共演した俳優、野村宏伸(45)

 「今はショックで、非常に残念で言葉も出ません」

◆TBS系昼ドラ「温泉へ行こう」シリーズで田中さんと夫婦役を演じた女優、加藤貴子(40)

 「いつも朗らかで、どんなに厳しい現場でも笑顔を絶やさずに心配りをしていた実さん。語りつくせないほどの実さんの優しさに支えられながら、私は演じることができました。実さんの周りを和ます屈託のない笑顔を忘れません。今はただ『ありがとう』。そして、『おつかれさまでした』です」

c0144828_21171749.jpg

[PR]

by a19750601 | 2011-04-26 14:17

元「キャンディーズ」の田中好子さん死去

c0144828_2354636.jpg


アイドルグループ「キャンディーズ」のメンバーとして人気を博した女優の田中好子(たなか・よしこ、本名・小達好子=おだて・よしこ)さんが21日夜、乳がんのため東京都内の病院で死去した。55歳だった。通夜は24日、葬儀は25日で、時間と場所は未定。
 伊藤蘭さん、藤村美樹さんと「キャンディーズ」で昭和48年に歌手デビュー。スーちゃんの愛称で親しまれ、「年下の男の子」「春一番」「微笑がえし」など多くのヒット曲を送り出した。時代を象徴するアイドルとして熱狂的な人気を集めたが同53年、「普通の女の子に戻りたい」とグループを解散した。

その後は、女優業に専念。平成元年公開の映画「黒い雨」では、原爆の悲劇に見舞われたヒロインを務め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など多くの賞に輝いた。その他の出演作に映画「ひめゆりの塔」「明日への遺言」、テレビドラマ「家なき子」「ちゅらさん」など。

c0144828_2364785.jpg 同3年、女優の故夏目雅子さんの兄、小達一雄さんと結婚。同4年に乳がんと分かり、治療を続けてきたが、昨年秋に体調を崩し、入院していた。3月上旬にはテレビのナレーションをこなしたが、今月21日午前に容体が急変したという。

 伊藤蘭さんの所属事務所の担当者は「突然の訃報で本人はショックを受けており、コメントを出せる状態ではない」と話した。




急死の田中好子さん 「絶対に生む」と不妊治療を続けていた
[PR]

by a19750601 | 2011-04-21 21:15

オセロ中島が今週も『知っとこ!』を降板も

c0144828_2146024.jpg


昨年から続けていたテレビ東京の『くだまきハ兵衛』など

降板が続くオセロの黒い方・中島知子。


その中島知子が先週に引き続き、

4月16日の『知っとこ!』も降板し、

ピン仕事を全部降りるのではと噂になってますね。

その原因はやっぱり昨年からの激太りでのイライラによる

番組中の共演者への八つ当たりまがいの行為によるようだ。

まぁ突き詰めればオセロ中島の降板理由は激太りらしい。

このまま全部のレギュラー番組を降板してしまうつもりなんでしょうか?

どうやらピンでやっていた仕事を全部降りるのでは?

と言われているのですごいオセロ中島が

『イッテQ』も辞めるのかと心配になりました。


c0144828_21442847.jpg


ただ激太りだけが理由ならオセロ中島だって、

まじめに食生活の改善を行って

ダイエットまたすればいいじゃないですか...

できることなら共演者との不仲だけで

降板することにはならないといいですね。


c0144828_23141954.jpg

[PR]

by a19750601 | 2011-04-16 11:25

最大25人厳罰

c0144828_3235511.jpg


放駒理事長が処分強行!最大25人厳罰へ

日本相撲協会は1日の臨時理事会で、

特別調査委員会が八百長メール問題に関与を認定した

最大25人にのぼる親方、力士へ除名、解雇、引退勧告などの

厳罰を下す方針であることが31日、分かった。

この日、調査委の処分案を検討する緊急の年寄総会が行われたが多数の親方が、

メールに名前がなく関与を認めていない力士の

クロ認定に不満が爆発。

放駒理事長(元大関・魁傑)へ評議員会での

処分決議を求めたが理事長は却下。関与が認定された力士らへの

厳罰を下す協会トップの強い姿勢が浮き彫りになった。

[PR]

by a19750601 | 2011-04-01 04:21