「ほっ」と。キャンペーン

NHK 紅白出場者発表 

c0144828_209028.jpg


絢香、2年ぶり紅白で復帰!

2009年のNHK紅白歌合戦を最後に音楽活動を

休止していた歌手の絢香(23)が、

今年大みそかの同番組で復帰することが29日、分かった。

休養の大きな理由となったバセドー病の症状が落ち着き、

体調も良好なことから、10月に活動再開を発表。

2009年の同番組で「みんな空の下」を歌ったのを最後に

活動休止に入ったが、同じ紅白から第2章をスタート。

2年ぶりに歌声を披露する。出場歌手は30日に正式発表される



NHKは30日、大みそかに放送する「第62回NHK紅白歌合戦」の出場者を発表した。初出場は7歳の芦田愛菜ちゃんと鈴木福君、神田沙也加さん、韓国女性グループ「KARA」「少女時代」、福島県出身のバンド「猪苗代湖ズ」、椎名林檎さんだった。また、12年の大河ドラマ「平清盛」にも出演する松田聖子さんが10年ぶりに出場し、娘の沙也加さんと競演する。 

NHKでは選定理由を「毎年、今年の活躍、世論の支持、企画との合致。今年は東日本大震災や台風の被害があり、人と人との絆をいつもより強く感じる年だった。」と説明。全出場歌手は55組。初出場は紅組5組、白組2組、その中から6組が会見に登場した。なお、最多出場回数は白組が北島三郎さんの48回、紅組が和田アキ子さんの35回。

今年の「紅白歌合戦」は「あしたを歌おう。」がテーマ。司会は、白組が人気グループ「嵐」、紅組が今春の朝ドラでヒロインを務めた女優の井上真央さんが務める。昨年の午後7時半スタートから15分繰り上げ、歴代最長タイの午後7時15分〜同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)で放送される。(毎日新聞デジタル) 

◇出場者

出場者発表 松田聖子10年ぶり復活で娘・沙也加と競演 愛菜&福、KARAが初

c0144828_2105244.jpg


紅組

aiko 芦田愛菜 絢香 アンジェラ・アキ いきものがかり 石川さゆり AKB48 

KARA 川中美幸 神田沙也加 倖田來未 伍代夏子 小林幸子 坂本冬美 

椎名林檎 少女時代 天童よしみ 夏川りみ 西野カナ Perfume 浜崎あゆみ 

平原綾香 藤あや子 松田聖子 松任谷由実 水樹奈々 水森かおり 和田アキ子


白組

秋川雅史 嵐 五木ひろし 猪苗代湖ズ EXILE NYC 北島三郎 郷ひろみ 鈴木福

SMAP 千昌夫 東方神起 TOKIO 徳永英明 AAA 長渕剛 西田敏行 氷川きよし

平井堅 FUNKY MONKEY BABYS 福山雅治 flumpool 細川たかし 

ポルノグラフィティ 森進一 ゆず ラルク・アン・シエル

[PR]

by a19750601 | 2011-11-30 17:18 |

田中千鶴 覚せい剤使用で逮捕

c0144828_2359165.jpg元人気アイドルグループ 「東京パフォーマンス

ドール」 の田中千鶴が覚せい剤を使用で逮捕

された。

田中は1992年に 「第6回国民的美少女コン

テスト」 の音楽部門賞を受賞した後、

90年代に人気のあったアイドルグループ 「東京

パフォーマンスドール」 のメンバーとなり、

有名芸能事務所のオスカープロモーションに

所属していた元アイドルで、

逮捕されるまでは

芸能事務所(株式会社キャスト)の

社長をつとめていた。

c0144828_0173180.jpg

↑ 第6国民的美少女コンテスト受賞時の田中容疑者(左から2番目)

調べによると、今年の8月から9月の間に覚せい剤を使用した疑いがあり、

東京都渋谷区の自宅兼事務所にいるところを逮捕された。

田中は 「覚せい剤を使用したことは間違いない」と容疑を認めている。

捕時にはそれまで更新していたブログ上に

「11月25日に緊急入院しました」

と逮捕と関連があるようなメッセージを残した後、

更新が途絶え、ブログも削除された。

逮捕時、削除される前の田中千鶴のブログ画像

c0144828_23551255.gif


覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、

タレントで東京都内の芸能音楽プロダクション社長・田中千鶴容疑者(33)。

警視庁によると、田中容疑者は今年8月から9月頃、

都内などで覚醒剤を使用した疑いが持たれている。

田中容疑者の尿からは覚醒剤の陽性反応が出ていて、

25日に逮捕されたが、逮捕当日、ブログには「緊急入院しました」と記されていた。

警視庁の調べに対し、田中容疑者は

「覚醒剤を使ったことは間違いありません」と容疑を認めているという。


c0144828_0385621.jpg


田中千鶴は東京パフォーマンスドールとして活躍。その後グラビアアイドルとして活躍をしている。
[PR]

by a19750601 | 2011-11-28 19:40

霊能者と同居のオセロ・中島知子 入室拒否し母親が警察行く


霊能者と同居のオセロ・中島知子 入室拒否し母親が警察行く

突然の休業発表から7か月――オセロの中島知子(40)の近況を、テレビ局関係者がこう明かす。

c0144828_10231669.jpg


「実は来年4月に、中島さんがある番組の司会で復帰するという話が進んでいたんです。でも11月にはいって、それが完全に頓挫したそうで…。あの霊能者の洗脳はまだ続いており、中島さんは部屋に閉じこもった状態で外出もままならない。復帰どころか、完全引退だっていう話も出ています」

都内の高級住宅街にある超高級マンション。購入すれば4億円超、賃貸でも全室約60万円からというそのマンションの一室で、中島は女性霊能者のA子さんといまだ同居生活を続けていた。

ふたりの出会いは6年前にさかのぼる。知人の紹介だったが、2009年に破局した井上陽水(63)との不倫の相談を重ねるうちに親しくなっていったと報じられた。その後、2009年春ごろから、中島とA子さんはその部屋で同居を開始。マンションの向かい側にある別のマンションの一室に中島は個人事務所をおいていたが、その部屋にはA子さんの家族が住んでいた。


中島は休業発表後も実家に帰らず、A子さんと変わらず同居生活を送っている。心配した両親は、何度も上京し、娘の部屋を訪ねたが、会って話すことは叶わなかった。中島家を知る人がこう話す。

お母さんたちが知ちゃんのマンションまで会いに行っても、占い師が一緒にいて、知ちゃんに会わせてくれはらへんらしいわ。知ちゃんはその人のいいなりになってて、(両親は)わざわざ行ってはんのに、中には入れてもらわれへん。玄関のドア越しに、やっと知ちゃんの顔が見えたくらいやったそう

この「入室拒否」に、あるとき母は警察に駆け込んだこともあったという。

「“マンションにはいらせて”いうて警察に頼みに行ったけど、“本人の許可がなければ、不法侵入になるから”といわれてあかなんだって。最初は両親で東京に行ってはったのが、お母さんひとりになって、最近は誰も訪ねなくなったっていうてましたわ」(前出・中島家を知る人)

どんなに手を尽くしても変わることのない娘。中島の母親は、最近こんな胸中を吐露しているという。

「早う知子のお金がなくなったほうがええんや。そしたら、あの人も知子をほかさはるやろ。そしたら知子も帰ってくるやろ」


c0144828_10272912.jpg

[PR]

by a19750601 | 2011-11-24 17:49

立川談志さ 喉頭がんで死去

c0144828_12171935.jpg


天才的な話芸と型破りの言動でカリスマ的な人気を博した落語家で、

元参院議員の立川談志(たてかわ・だんし、

本名・松岡克由=まつおか・かつよし)さんが

21日午後2時24分、喉頭(こうとう)がんのため都内の病院で死去した。

75歳だった。97年に食道がんを発症して以降、

晩年はがんの再発や糖尿病など相次いで病魔に見舞われながらも復活。

治療の影響で落語家の命である声を失ったが、

最後まで孤高の噺家(はなしか)らしい美学を貫いた。


c0144828_12205752.jpg
談志さん3週間意識不明のままだった

過激な言動で絶大な人気を集め、昭和と平成を代表する落語家で落語立川流家元の立川談志(たてかわ・だんし)さん(本名・松岡克由=まつおか・かつよし)が21日午後2時24分、喉頭がんのため都内の病院で亡くなった。75歳だった。

談志さんは、亡くなる約3週間前から1度も意識が戻ることなく、家族にみとられて静かに息を引き取った。52年に入門してから約60年、談志さんは休むことなく駆け抜けた。常に第一線に立ち、落語界の話題の真ん中には談志さんがいた。人気番組の日本テレビ系「笑点」の初代司会を務め、高座以外でも何かと話題を提供してくれるテレビ時代の先駆者的な落語家だった。

 若いころからスター落語家だった。16歳で入門した当時の落語協会所属の落語家は27人。江戸前の威勢の良さに痛烈な毒舌という才気活発な芸風で人気を得て、談志を襲名。古今亭志ん朝、三遊亭円楽、春風亭柳朝と「落語四天王」と呼ばれ、落語ブームを巻き起こした。66年に「笑点」を企画しスタート。初代司会者をめ、今も続く人気の原形を作った。

落語界の話題の中心にいつも談志さんがいた。78年に6代目三遊亭円生が大量真打ちに反対して旗揚げした「三遊協会」に参加予定だったが、円生が後継者を志ん朝と決めていることを知り落語協会に戻った。83年に真打ち昇進試験をめぐって落語協会会長の小さんに反発し、協会を脱退。自らを家元とする落語立川流を設立し、弟子が毎月上納金を納める新制度やビートたけしら有名人を弟子にとるBコースを創設。志の輔、談春、志らくという人気、実力ある弟子を育てた。

 「談志ひとり会」を長く続け、「芝浜」「文七元結」など古典落語の名手だった。心理を掘り下げた繊細な人物表現に、現代的ウイットに富んだ予測不能の型破りな展開は「談志教」と言われる熱狂的ファンを集めた。談志さんが出ているだけで客席は満員だった。

落語以外にも型破りな行動で話題が多かった。75年に沖縄開発庁政務次官に就任したが、二日酔いで会見に出席した問題で在任36日目で辞任。92年、瀬戸内海でサメが人を襲った騒動の時は「シャークハンター必殺隊」を結成し現地入りしてひんしゅくを買った。

数々の落語関係の本を出版し「落語は人間の業(ごう)の肯定である」「落語はイリュージョンである」など落語論を展開。11月に20代で書いた「現代落語論」を再出版。落語界の反逆児、風雲児と言われたが、これらの本は若手落語家の指標となり、落語への情熱は最後まで衰えなかった。

c0144828_12221011.jpg


天才的な話芸と型破りの言動でカリスマ的な人気を博した落語家で、元参院議員の立川談志(たてかわ・だんし、本名・松岡克由=まつおか・かつよし)さんが21日午後2時24分、喉頭(こうとう)がんのため都内の病院で死去した。75歳だった。97年に食道がんを発症して以降、晩年はがんの再発や糖尿病など相次いで病魔に見舞われながらも復活。治療の影響で落語家の命である声を失ったが、最後まで孤高の噺家(はなしか)らしい美学を貫いた。


所属事務所「談志役場」の社長で長男の松岡慎太郎さん(45)によると、喉頭がん(声門がん)は、08年に発症し治療したものが昨年11月に再発。医師から声帯の摘出手術を勧められたが、本人は落語家の命である声を失うことを拒んだ。体調が許す限り高座に上がり続けたが、今年3月6日の一門会(川崎市・麻生文化センター)での高座「蜘蛛駕籠(くもかご)」を最後に活動を休止していた。
[PR]

by a19750601 | 2011-11-24 09:06 |

清水健太郎の元妻、覚醒剤で逮捕



c0144828_1827073.jpg


元俳優の清水健太郎(59)の元妻で

元女優の森香名子被告(37)が、

東京・港区の自宅マンションに覚醒剤約2・5グラムを

隠し持っていたとして逮捕、起訴されていたことが23日、分かった


フジ系「FNNスーパーニュース」が報じた。

森被告は1日、覚醒剤を隠し持っていたとして、

無職・鈴木雅蘭(あらん)被告(27)と自宅にいたところを

関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯で逮捕され、22日に起訴された。

森被告は、

麻薬取締部の調べに対し、

2人で使用するために買った。覚醒剤は、

前のだんな様(清水受刑者)に教えられました


などと供述しているという。

森被告は、両親の反対を押し切って

2001年10月に清水受刑者と結婚。

当初は、お互いを「ハニー」「ダーリン」と呼び合うアツアツぶりだった。

結婚披露宴は500人を集めて盛大に行われたが、

3年後の04年4月に離婚。

その後は、「森麗樹」の名で

占い師、DJ、プロデューサーとして活動していた。



c0144828_18242712.jpg

[PR]

by a19750601 | 2011-11-23 19:19

大王製紙の井川前会長を逮捕

c0144828_13382398.jpg


大王製紙の井川前会長を逮捕

大王製紙(東証1部上場)の子会社から巨額の借り入れを行い、

32億円の損害を与えた疑いが強まったとして、

東京地検特捜部は22日午前、

大王製紙前会長の井川意高(もとたか)容疑者(47)を

会社法違反(特別背任)容疑で逮捕し、発表した。

特捜部の調べに対し、井川前会長は容疑を認めた上で、

「借入金のほとんどは海外のカジノでのギャンブルに使った」

と話しているという。


特捜部はまた、東京都渋谷区の井川前会長の自宅などの捜索に乗り出した。子会社からの借り入れの経緯や借入金の使途などについて、全容解明を目指す。

井川前会長は、自ら役員を務める連結子会社7社から、昨年5月~今年9月に計26回にわたり、取締役会の承認を得ないまま、無担保で計約106億8千万円を借り入れた。現金と株式の形で一部は返済されたが、大王製紙は株式での返済を認めず、85億8千万円を損害額として特捜部に21日に告発していた。

c0144828_13394266.jpg


このうち特捜部は、今年7~9月に、4社から7回にわたって借り入れた32億円分を逮捕容疑とした。

井川前会長が借りた資金のうち約8億5千万円は、前会長が指定したカジノ運営会社の口座に振り込まれた。残る約98億3千万円は前会長の個人口座に振り込まれたが、最終的にほぼ全額がカジノ運営会社の口座に入金されていたという。

c0144828_13443984.jpg特捜部は、井川前会長がマカオやシンガポールでの私的なカジノ賭博に使うために借り、返済の見通しもないとみている。

井川前会長は創業者・井川伊勢吉氏(故人)の孫で、07年6月に42歳で社長に就任したが、業績不振の責任を取って今年6月に退任。その後は会長職に退いたが、9月に問題が発覚して会長も退いた。

同社が設置した特別調査委員会が先月28日に公表した報告書は、今回の問題の背景として、井川前会長と、その父親で同社顧問だった高雄氏(74)に「絶対的に服従する企業風土があった」と指摘。高雄氏も前会長への貸し付けの増加を防げなかった責任を問われ、顧問を解任された。

大王製紙は1943年に製紙14社が合併して誕生した国内3位の総合製紙会社。本社と主力の生産拠点は愛媛県四国中央市にあり、「エリエール」のティッシュペーパーなどで知られる。

この問題で大王製紙は、上場廃止のおそれがあると投資家に注意を促す「監理銘柄」に指定された。来月14日までに決算を発表できなければ上場廃止となるため、井川前会長への貸し出し分を決算に反映させる作業が続けられている。

c0144828_13435437.jpg


会社法違反(特別背任)容疑で東京地検特捜部に22日に逮捕された大王製紙前会長の井川意高容疑者は同日、弁護士を通じ、「お詫び」と題したコメントを発表した。


 その全文は以下の通り。


 お詫び

 大王製紙株式会社

 前代表取締役会長

      井川 意高


この度は、私と大王製紙株式会社(以下、大王製紙)の関連会社との借入問題に関しまして、世間の皆様を大変お騒がせいたしておりますこと、心からお詫び申し上げます。

大王製紙の会長、また同社関連会社の会長等役職にあったものとして、このような不祥事を起こしたことにつきまして、大王製紙並びに関連会社の皆様、長年にわたりご信頼頂きお取引させて頂いておりました皆様、そして同社の商品をご愛用いただいている皆様など全ての関係者の方々に対して申し訳なく、深くお詫びを申し上げるより外ございません。

私が大王製紙の関連会社から、のべ100億円余りの融資を受け、これを全て私の個人的用途に使ったことは事実でございます。また、これらの借入金の殆どをカジノでのギャンブルに使ったことも事実です。

きっかけは、私が株式の先物取引、FX取引で多大な損失を出した後に偶々訪れたカジノで儲け、当初、大きな利益を得ることもあったことによりその深みにはまったものですが、全ては私の不徳の致すところであり深く反省しております。

本件の借入れは全て私が一人で行ったことであり、融資をしてくれた大王製紙の関連会社等の担当役員らは単に私の要請に応じてくれたに過ぎず、私一人に責任があるものと考えております。結果的にこれら関係者の方々にも多大な迷惑をかけることとなり、誠に申し訳なく思っております。

今回の関連会社からの借入金の残金につきましては、私が保有する関連会社の株式及び現金により返済する旨を関連会社に対して既に通知しておりますが、種々の問題により具体的返済に至っていないのが実情です。

なお、本年10月28日、大王製紙は特別調査委員会が提出した同月27日付調査報告書を受けて、「特別調査委員会からの報告を踏まえた当社の対応について」を公表しました。特別調査委員会は、私井川意高、父である井川高雄大王製紙元顧問及び弟である井川高博同社元関連事業部担当取締役を一体として「井川父子」と捉え、その支配力の強さが今回の貸借問題の原因であったという報告書を公表し、同社は、この報告を受けて父を顧問から解嘱し、弟を無任所取締役に降格しました。

本件は、本年3月に私の借入について父から叱責を受けたにもかかわらず、その後も借入を続けた私自身の問題であって、同年4月以降の借入については9月まで父も弟も知らなかったものであり、その責任は全て私にあります。本件が、「井川父子」、或いは、創業家の支配力の問題等とされてしまうことにより、大王製紙が、今後、コンプライアンス及びコーポレートガバナンスを立て直してゆくための道筋を誤ることがないことを心から希望しております。もとより、かような事態の原因を作った者として深くお詫び申し上げるところですが、何卒、大王製紙が信頼を回復できるよう、関係者のみなさまに衷心よりお願いする次第です。

 この度の私の不祥事について皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けし、お騒がせいたしましたことを重ねてお詫び申し上げます


          以上
[PR]

by a19750601 | 2011-11-23 18:32 |

ザック日本、5万人の殺気

d0022648_13192285.jpg


ザック日本、5万人の殺気に17戦目初黒星


15日、金日成スタジアムで行われた


W杯アジア3次予選の北朝鮮―日本戦でザック・ジャパンの


不敗神話が完全アウェーの地で途切れた。


すでに最終予選進出を決めている日本は


後半5分に先制されると、


その後は反撃の糸口を見つけられず0―1と敗戦。


アルベルト・ザッケローニ(58)監督就任以来の



連続無敗記録は16でストップした。


会場の金日成スタジアムは5万人の観客が


総立ちになり人文字も出る異様な光景。


c0144828_13352873.jpg


これで敵地での北朝鮮戦は通算2分け2敗となった。

[PR]

by a19750601 | 2011-11-16 06:25

尾崎豊 の遺言 鮮血で綴った“謎の死”の真相

c0144828_9323858.jpg


鮮血で綴った“謎の死”の真相

伝説のロックシンガー、尾崎豊(享年26)が残した2通の「遺書」が
10日発売の月刊文芸春秋に全文掲載されることが9日分かった。


1992年に民家の軒先で全裸で死亡。その後、他殺、事故死、自殺と諸説流れ、法廷で争われるなど社会問題にも発展した。ジャーナリストの加賀孝英氏が執筆した「尾崎豊の『遺言』」では、謎に満ちた行動と死の直前の心境に迫っている。

92年4月25日、未明の東京・足立区。泥酔した尾崎さんは、面識のない民家の軒先で服を脱ぎ捨て、のたうち回り、傷だらけになって息絶えた。後で致死量の2・64倍もの覚醒剤を摂取していたことが警察の調べで判明する。

人気絶頂のロックシンガーの突然の死に衝撃を受けたマスコミなどは尾崎さんを悼む一方で他殺、自殺でっ二つになった。だが、同誌では〈尾崎が死の間際まで肌身離さず持ち歩いていたセカンドバック。この中に、小さく折り畳んだ白い封筒が入っていた。(中略)尾崎が書き遺していた「遺書」だった〉とし、当初から遺書があったことを明かしている。

1つ目の「遺書」はB5サイズのルーズリーフに記され、

縦書きの全17行。〈先立つ不幸(ママ)をお許しください〉で始まり、

〈先日からずっと死にたいと思っていました。

死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、

(中略)そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません〉。

最後は〈さようなら 私は夢見ます〉で結ばれている。


2通目の遺書は、

尾崎さんの自宅に飾られていた実母の写真の脇から見つかり、

小さく折りたたんだ便箋に繁美夫人宛なのか、

〈尾崎繁美となりたもうた女神よ〉と自身の鮮血で書いてあったという。

〈繁美、あなたは本当に女神なのですよ〉

〈××、君は間違いなく天使なのですよ〉(××は息子の実名)とあり、

〈私はただあなたを愛する名の神でありつづける〉と、

2人への愛をしたためていた。


c0144828_9354868.jpg


加賀氏が繁美夫人、遺族に徹底取材し、死へと突き進む尾崎さんの心境を綴った衝撃的なリポート。同誌の木俣正剛編集長は「尾崎さんが亡くなってから来年で20年を迎えます。ご遺族に了解を得た上で(遺書の)全文を載せることにしました」。謎の死の真相がいま明かされる。

それは、
妻の繁美さんから「裕哉(ひろや:長男)が物心つくまで
公表はしないでほしい」と頼まれていたため。
平成6年からずっと、尾崎豊が持ち歩いていたセカンドバッグに
遺言を入れて保管していたのだそう。

尾崎豊が残した遺書と遺言の内容とは一部抜粋され公開された内容は、以下のようなもの。

先立つ不幸をお許しください。

先日からずっと死にたいと思っていました。

死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか

話そうと思ったのですが、

そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません。

(中略)

さようなら 私は夢見ます。


また、この遺言に加えて 遺書が残っていたこともわかった。
尾崎豊が残した遺書は、彼の母 絹江さんの遺影の脇に置かれており
1か月後になって発見された。
その内容には、妻の繁美さんと
まだ小さかった息子、裕哉さんへのメッセージが綴られていた。
その内容の一部が以下のようなもの。


私はただあなたを愛する名の神でありつづける。

(中略)

皆の言うことをよく聞いて共に幸せになって下さい。


尾崎豊が亡くなったのは1992年4月25日。
足立区の住宅街で全裸で倒れているところを発見され、
病院に運ばれたが、その日の深夜に息を引き取った。
当時、覚せい剤での逮捕歴があったことから
薬物中毒ではないか?という声や、体に傷あとがあったことから
他殺だったのではとも言われていましたが、
過剰飲酒による肺水腫であることが、正式に警察から発表されました。

※肺水腫とは?

( 肺に水分が染み出し、溜まった水分によって呼吸不全に陥る事 )
しかし、これに納得がいかないファンや実兄などから
警察に再調査を求めたことや、他殺説があることなどから
妻の繁美さんと息子の裕哉くんは、自分の身を案じて渡米していた。

2歳だった息子、尾崎裕哉も今年で22歳。
最近ではCMにナレーション出演するなど、注目を浴びていましたが
どんな思いで父の遺言や遺書に目を通したのでしょうか。

c0144828_9362744.jpg

[PR]

by a19750601 | 2011-11-09 20:58

横綱・隆の里の鳴戸親方 急死

c0144828_2343855.jpg


大相撲の第59代横綱・隆の里の鳴戸親方が



7日午前9時51分、福岡市東区の病院で



急性呼吸不全のため急死した。59歳だった。



6日夕方に体調を崩し入院、



その後容体が急変した。



弟子の関脇・稀勢の里(25)が大関取りへ挑む



大相撲九州場所の初日(13日、福岡国際センター)を



6日後に控えた突然の悲報。



8日には日本相撲協会が、



週刊新潮が報じた弟子に対する暴行疑惑への処分の



可否を決める臨時理事会開催が決まっていた。



あまりにも予期せぬ急死に角界に衝撃が走った。

[PR]

by a19750601 | 2011-11-08 06:23