「ほっ」と。キャンペーン

ウクレレ漫談 牧伸二 自殺

c0144828_183643.jpg


あ〜んあんあ、やんなっちゃった」のウクレレ漫談で知られる

牧伸二が2013年4月29日午前0時15分ごろ、

東京都大田区田園調布本町の橋の上から多摩川に

飛び降り自殺した。

病院に運ばれたが死亡が確認された



c0144828_1851145.jpg
男性が1人で飛び降りたのを目撃した人が

近くの交番に届け出た。

警視庁田園調布署は自殺を図ったとみて

調べている。

牧さんは大田区内に自宅があり、

同区と川崎市の間に架かる丸子橋の

上から川に転落。

通報で駆け付けた署員が救出したが、

既に意識不明の状態だった。

遺書などは見つかっていないという。

事務所のホームページなどによると、

牧さんはウクレレを弾きながら社会を風刺する「やんなっちゃった節」で人気を集め、

2003年に文化庁長官賞を受賞。

近年は高齢者向けの公演に力を入れていたという。

牧さんが会長を務める東京演芸協会の副会長はたのぼるさんによると、

牧さんは28日に東京・浅草で同じ舞台に立つ予定だったが、

「少しお茶を飲んでくる」と言って席を外したまま戻ってこなかった。


はたさんは「普段は非常に芸に真面目な人が、出番になっても戻ってこない。

c0144828_9373159.jpg周りが劇場の中を捜したが見つからなかった。

心配していたんですが…。

後で聞くと、午後3時ごろに喫茶店を出たらしい」

と話した。

仲間のベテラン芸人の突然の悲報を聞いたはたは

ぼうぜんとした様子。「長い付き合いだったが、

いろいろ悩んでいた時期もあったようだ。

それでも舞台にきちんと立って、5月に入ってからも(舞台の)予定はあったのに。

どうしてなのか、まだふに落ちない感じですよ
」と声を落としていた。
 


自殺の原因は、使途不明金の責任

牧は1999年、東京・浅草を中心に活躍する芸人たちの

任意団体「東京演芸協会」(62年創立会員数約110人)の会長に就任。

c0144828_18593327.jpg会員たちの信望も厚かったが、

歴代の会長から受け継いで牧さんが管理していた

500万円以上の協会の資金が昨年から不明に。

このため、会員の間から牧さんの責任を追及する声

が高まっていた。

複数の関係者によると、

責任を感じた牧さんは昨年暮れ、

理事たちに「5月30日の総会までに現金か通帳で500万円用意する。

会長を辞めて空気を変えたい
」と約束。

それを受けて28日の理事会で牧は追及される予定だった

無断欠席し行方不明となり29日に多摩川で自殺した

近い関係者からは牧さんの死後、協会に対し

資金は用意するので、不明金の件は不問にしてほしい

という申し出があったという。

こうした事態を受け、緊急理事会が30日夜、都内で開かれた。

c0144828_1715495.jpgものまねタレントの原一平副会長(74)は閉会後、

会員の間で会長が協会の資金を使い込んだという

噂はあったが事実ではないと信じている


と話すにとどまった。

昭和の日本で多くの人に愛された茶の間のスターが、

くしくも「昭和の日」の29日に帰らぬ人となって事態は思わぬ方向に。


今年2月6日には歌手、岡田旬子とのデュエット曲「ひとめ惚れ」を出し、

「新曲を出せてうれしい」と周囲に話していたばかりだったが…。

通夜は1日、葬儀・告別式は2日で調整中。近親者のみの密葬で行われるという。



c0144828_1725533.jpg2013年2月6日発売!!
牧伸二・岡田旬子
ひとめ惚れ

元祖ウクレレ漫談の帝王・昭和のお笑いマイスター 牧伸二!
自ら会長を務める、東京演芸協会の歌姫・岡田旬子と真面目にデュエット


喪主は妻、良子(よしこ)さん。

7月上旬、協会主催のしのぶ会が東京・浅草ビューホテルで行われる。


c0144828_18101988.jpg1957年 牧野周一に入門、牧伸二の芸名を貰う。'60年、文化放送「ウクレレ週刊誌」のレギュラー司会者となり「やんなっちゃった節」が爆発的な人気を呼ぶ。'63年、レギュラー司会者をつとめたテレビ朝日「大正テレビ寄席」が大好評、15年間続く長寿番組となる。'65年、第2回日本放送作家協会賞「大衆芸能賞」を受賞。その後、テレビドラマ出演、夏のレゲエライブの開催、テレビCM、CD、絵画と多方面で活躍する。'96年より毎年、絵画(アクリル画)の個展も開催。'99年、東京演芸協会会長に就任(5月)'03年12月3日文化庁長官賞を受賞した。'03年には、初めての演歌にも挑戦。'04年3月浅草演芸ホールにて、文化庁長官賞受賞記念(古希70才)特別公演を行う。

emoticon-0149-no.gif牧伸二ホームページhttp://www.jap.co.jp/makishin/



[PR]

by a19750601 | 2013-04-29 11:48

田中みな実 「女子アナ失格」の烙印

田中みな実 鬼のマナー講師から

「女子アナ失格」の烙印


c0144828_20284191.jpg



本業以外に、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの

藤森慎吾との熱愛が報じられるなど、

何かとお騒がせのTBS・田中みな実アナだが、

発売中の「週刊文春」(文芸春秋)で“鬼のマナー講師”として知られる

「エレガント・マナースクール」代表の平林都さんが

田中アナを一刀両断している。



c0144828_2032238.jpg平林さんは番組で共演した際のことを、「こんなだらしのない子は初めて! 番組でご一緒したとき、私は思わず田中さんを一喝しました」と振り返った。
平林さんによると、田中アナは目の前に年上の平林さんがいるにもかかわらず、ソファに深くもたれて足を組んだり、仕事中にもかかわらず緩みきった態度で、敬語も目茶苦茶。挨拶の仕方を教えた時、無駄な動きが多いことを指導したら泣き出してしまったという



 
c0144828_20392363.jpg
ディレクターが別室で「かわいい顔が台無しだよ」など

となだめるも、田中アナは「怖いんです」、

「もう帰りたい」とグズり始め、

結局、同じようなことが何回も繰り返されたそうで、

平林さんは「状況はまるで子育て」、

「蹴りのひとつでも入れたいところ」と怒りを露わに


田中アナをなだめるのに多くの時間が割かれたため、

収録には8時間もかかったうえ、後日、平林さんと会った際、

田中アナから無視されたというのだ。。



c0144828_20465650.jpg田中アナの年収は900万円ほどのようで、

同年代のOLに比べればはるかに高給取りだが、

フジやテレ朝の女子アナに比べれば低いようで、

モチベーションが上がらないようだ。

周囲からはフリーへの転身をすすめる声も上がっているようだが、

平林さんが暴露したような態度だと、

そのうち、愛想を尽かされて仕事も入らなくなり、

フリーになった意味がなくなってしまうだろう


周囲にもてはやされているうちは、局アナのままの方が良さそうだ。

2月下旬の金曜日の夕方、破局も囁かれた有名人カップルが仲睦まじいデートに出かけていた。TBSの田中みな実アナ(26)とお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾(30)である。

c0144828_20483966.jpg

[PR]

by a19750601 | 2013-04-26 15:20

ボクシング世界王者、徳山昌守 逮捕

ボクシング元世界王者、徳山昌守容疑者を逮捕

車の運転めぐり2人殴る


c0144828_12403534.jpg


兵庫県警三田署は23日

路上で会社員2人を殴ってけがを負わせたとして、

傷害の疑いで、ボクシングの元世界スーパーフライ級王者の

飲食店経営、徳山昌守=本名・洪昌守、大阪市西区=を

逮捕した。


逮捕容疑は22日午後6時15~25分ごろ、

兵庫県三田市の路上で男性会社員2人の顔面を手で殴り、

軽傷を負わせたとしている。

三田署によると、容疑を認めている。


c0144828_1243452.jpg


徳山容疑者は家族を乗せて乗用車を運転中、

別の車が急に車線を変えて前方に入ってきたことに立腹。

車を止めて「どこ見とんや」などと言い、

運転手の男性(24)のあごを殴った上、

男性の車を移動しようとしたガソリンスタンドの男性店員(53)の顔を殴った。

徳山容疑者は平成6年9月にプロボクサーとしてデビュー。

12年8月にWBCスーパーフライ級王者になり、

8度の防衛に成功した。

[PR]

by a19750601 | 2013-04-23 12:03

訃報 三國連太郎 「釣りバカ日誌」

三國連太郎さん死去

c0144828_13202868.jpg


「飢餓海峡」や「釣りバカ日誌」シリーズなど

数々の映画で活躍した

日本を代表する演技派俳優の三國連太郎さんが

2013年4月14日に亡くなりました。90歳でした



c0144828_13214212.jpg三國さんは大正12年、群馬県で生まれ、中学校を卒業後、徴兵されて中国へ出征しました。

終戦後、さまざまな職業を経験したあと映画プロデューサーにスカウトされ、昭和26年に、木下惠介監督の「善魔」で俳優としてデビューしました。

役柄への深い理解と表現力の高さで、「ビルマの竪琴」「飢餓海峡」など名作の映画に数多く主演し、「利休」でブルーリボン賞を受賞したほか、これまでに日本アカデミー賞の主演男優賞を3度受賞するなど高い評価を受けました。


一方、喜劇にも才能を発揮し、昭和63年から始まった映画「釣りバカ日誌」のシリーズでは、釣り好きの社長、スーさん役を、平成21年の最終作まで愛きょうたっぷりに演じました。


c0144828_1323453.jpgまた、NHKで平成3年に放送されたドラマ「冬の旅~ベルリン物語~」や、平成21年の紅白歌合戦にゲストで出演するなど、数多くのテレビ番組でも活躍しました。


さらに、みずかららもメガホンを持ち、監督を務めた映画「親鸞・白い道」は、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞しました。

こうした功績が認められ、昭和59年には紫綬褒章、平成5年には勲四等旭日小綬章を受章しています。

また、俳優の佐藤浩市さんの父親としても知られています。

三國さんは、体調を崩してここ最近は芸能活動を休んでいましたが、14日に亡くなったということです。


c0144828_1333890.jpg
映画「飢餓海峡」や「釣りバカ日誌」シリーズなどで活躍、日本を代表する個性派俳優の三國連太郎(みくに・れんたろう、本名・佐藤政雄=さとう・まさお)さんが14日午前9時18分、急性心不全のため東京都稲城市の病院で死去した。90歳だった。群馬県出身。

c0144828_1334439.jpg関係者によると、昨年2月から入院していたが、次の映画出演を目指して歩行訓練などリハビリを続けていた。14日朝、容体が急変したという。

1951年、木下恵介監督「善魔」で映画デビュー。以降「ビルマの竪琴」(56年)、「飢餓海峡」(65年)などの社会派作品をはじめ、「戒厳令」(73年)、「復讐するは我にあり」(79年)、「利休」(89年)などで、映画史に残る圧倒的存在感を見せた。数々のテレビドラマや舞台にも出演した。

近年は「釣りバカ日誌」シリーズ(88―2009年)で、西田敏行さん演じる主人公の会社の社長で釣り仲間の「スーさん」をコミカルに演じ、人気を博した。

 87年には「親鸞 白い道」を製作・監督し、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。「美味しんぼ」(96年)で、一時絶縁関係にあった息子で俳優の佐藤浩市さんと共演し、話題となった。昨年公開の「わが母の記」がスクリーンでの最後の姿となった。 

c0144828_13361794.jpg




c0144828_14141950.jpg
息子の俳優佐藤浩市の話 

死に目には会えなかった。三国も90歳ですし、覚悟はしていた。

妙な言い方ですが、おやじの死に顔を見て、悲しいという思いはなかった。

ここ数年で、一番りんとして、威厳がある顔だった。



[PR]

by a19750601 | 2013-04-15 11:25 |

オセロ・中島 解雇 松竹芸能

オセロ・中島 解雇 

松竹芸能 「これ以上看過できない」


c0144828_2037792.jpg


洗脳騒動で芸能活動を休止中のお笑いコンビ

「オセロ」の中島について、

所属事務所の松竹芸能は6日、解雇したと発表した。

マスコミあてのファクスで、「断腸の思い」と表現しながらも、

「弊社の意向を無視した行動をこれ以上看過できない」として、

専属解除を同日付で解除したことを報告した。


松竹芸能はファクスで「弊社に無断で、新聞やテレビの取材を受け、

出演したことは、極めて遺憾」と事務所に無断で

ワイドショーのインタビュー取材を受けた上、

相方の松嶋尚美や、松竹芸能について不満を述べた中島を強い口調で“糾弾”。

「弊社の意向を無視した行動をこれ以上看過することはできず、

マネジメント契約を継続することは不可能との結論に至った」と

解雇を決断した理由を説明した。

さらに「中島知子氏との契約関係が存在したままでは、

弊社の事業を継続していく上での社会的責任を果たすことができず、

関係者の方々にご迷惑をおかけするおそれもあると判断し、

断腸の思いではありますが、このような結論に至りました」と続けた。


c0144828_21175533.jpg


松竹芸能の養成所時代から、約20年にわたりマネジメントを行い、

苦楽を共にしてきた中島との契約解除について、

「断腸の思い」「極めて残念」と複雑な思いも示しながらも、

テレビ出演の映像を見た限り、「健康状態万全でないのは疑うの余地がない」と断言。

現時点でマスコミの取材を受けたり、

芸能活動を再開することは、「決してプラスにならない」と

時期尚早であることを“警告”した。

3月27日にリハビリ生活を送っていた療養施設を退院した中島は

28日、松竹芸能に退社の意向を申し入れ。

松竹芸能は29日、中島から専属契約解除の申し入れを受けたことを認めた上で、

「精神状態と健康状態が万全でなく、弊社による継続的なサポートが必要」と

判断し、もう一度考え直すように中島に伝えたことを明かしていた。


c0144828_21194172.jpg


中島は28日、松竹芸能に無断で

テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」のインタビュー取材を事務所に無断で受け、

松嶋の独立や松竹芸能との確執で悩んだなどと発言。

この模様が29日に放送され、波紋を呼んでいた。

[PR]

by a19750601 | 2013-04-06 16:20

長谷川豊元アナ フジ痛烈批判

c0144828_7591833.jpg


元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が5日、自身のブログで、

伝えられてきた「不正流用」疑惑に「やってない」と反論した。

同氏は同局を1日付で退社している。

長谷川氏は昨年6月、ニューヨーク支局に勤務当時、

業務規定違反を理由に降職(降格)処分に。

フジ側は「ニューヨーク滞在費用の不正使用があった」と説明した。

処分により、編成制作局編成情報センター著作権契約部に配属されたが、

今月1日に一身上の都合で退社した。


c0144828_7111770.jpg
長谷川氏は、5日に更新したブログで、

「僕は『伝える』ために

フジテレビを辞めたのです。

『やっていないこと』を『やってない』

ただ言うためだけに」とフジ側の主張に反論。

「僕を『横領犯だ』と見る人は少なくなることはなく、子供たちもこれからつらい思いをすることもあるでしょう」と

覚悟の上での“告発”を宣言した


ブログでは、2010年夏にニューヨーク支局勤務になった経緯について説明。

ニューヨーク駐在だった佐野瑞樹アナの新番組が同年10月から決まったことで、ある後輩アナが

後任として浮上。家庭の事情で転勤は難しいことを知っていた長谷川氏が、

この後輩アナの代わりにニューヨークに転勤したという。

長谷川氏はまた、後輩アナが上司から

お前はアナとしての才能がないんだからニューヨーク

行きというチャンスを与えてやってるんだ!


断れば、会社の中での今後の立場もどうなるか

分かったもんじゃないぞ、

それを理解しとけよ!


などと命じられたことも“暴露”。

痛烈なフジ批判の言葉とともに“裏側”を明かしている。

ブログは“次回に続く”形で、説明の途中で終わっている


emoticon-0149-no.gif長谷川豊のフログ

c0144828_739691.jpg


フジテレビ「とくダネ!」に出演していたことなどで知られ、アメリカのニューヨーク支局勤務期間中に費用の不正使用が発覚して降格処分を受け、今年4月1日付でフジテレビを「一身上の都合で」退社した元アナウンサーの長谷川豊が、「長谷川豊の American Journey 最終章 ~僕に起きたことのすべて~」と題したブログを開設、事実と異なるという報道内容などについて言及している。

問題となっていたのは

週刊誌などで長谷川アナが「使い込み疑惑」を起こしている、

女性アナウンサーを「外人」と差別発言をした、

セクハラ発言をしたなどと報道され、

それに伴ってか「降格処分」

「ニューヨーク勤務」という社内人事が発生していたことによる。

おまけに37歳で年収2400万円という報道も飛び出し、

一時期ネットでも「もらいすぎだ」と話題になっていた。


c0144828_893469.jpg
これに長谷川元アナはブログで

「年収知らない。僕は自分の正義を貫くために

ここで、今、話をするだけで、これは単に僕の

戦いです。

フジテレビが嫌がらせにくだらないこと言って

きたら、すぐにそれも公表しますね♪」
 

とフジテレビへの宣戦布告ともとれるブログ内容を公表した。

5日現在では費用流用疑惑について、

ペット可の住居にするために高い住居費をもらっていたが

ペットはいなかったというのに対し、

「ペット、飼っとったわい」という以外の具体的な反論は行っていないが、

「僕は『伝える』ためにフジテレビを辞めたのです。

皆さんに、僕を信じてくれてたすべての人に、

『やっていないこと』を『やってない』と、ただ言うためだけに」と

綴っていることから、今後費用流用疑惑に関して語っていくものと思われる。

どんな衝撃発言が飛び出すのか、今後が注目される。



emoticon-0149-no.gif2012.6.13 当時の掲載内容 へ

c0144828_1061379.jpg

[PR]

by a19750601 | 2013-04-05 13:44

キャンディーズ、デビュー40周年書籍

c0144828_7511537.jpg

グループ「キャンディーズ」の芸能活動5年を記録した

書籍 「キャンディーズ『アン・ドゥ・トロワ』」 が

発売されることが発表された。


デビュー40周年を記念したもので、

約3年前から企画、準備がスタート。

キャンディーズ、デビュー40周年書籍

元メンバーの女優・伊藤蘭と藤村美樹も

「ぜひ、進めてほしい」と趣旨に賛同したという。

c0144828_7435040.jpg


ボックス入りの3冊セットで、

第1巻はレコード・ジャケットやポスターなどのために

写真家・篠山紀信氏らが撮影した写真から未発表のものを

約500枚集めた写真集。

退色や発色の補正を行って当時の色を再現した。


第2巻は芸能活動年表と、

1973年9月1日のデビューから現在までにリリースされた全作品を紹介する

完全ソフトカタログ。

年表はスタッフが国会図書館に4か月通い、

当時のテレビ欄などを細かく調べた。

第3巻は貴重資料集。

解散コンサートの台本や、解散を発表したコンサートで藤村さんが

客席に投げ込んだ金のブレスレットなど、

当時の関係者やファンから1000点以上集めた。


c0144828_754567.jpgさらに特典として、

発行部数が少なく幻の写真集と言われる

「美樹・蘭・好子 Candies Photographs」

の復刻版が封入される。

11年4月に乳がんのため亡くなった

女優・田中好子さん(享年55歳)が

レオタード姿で実弟に“足4の字固め”を

かけられているものなど超レアな写真が満載。


完全限定予約発売(2万9800円)で、

8月27日以降発送で、

デビューからちょうど40年にあたる9月1日までに届けられる。


詳細はスペシャルサイトemoticon-0149-no.gifhttp://www.candies40th.com)。
.
c0144828_7595074.jpg

[PR]

by a19750601 | 2013-04-03 18:46

堀 潤 NHK辞めた理由

堀 潤にインタビュー:NHK辞めた理由、


政界進出 すべてを語った


c0144828_3165350.jpgNHKキャスターとしてツイッターを活用して
福島第1原発の問題を積極的に発信し続け、
3月31日に退職したアナウンサーの堀潤。NHK時代、堀のツイッターは10万人以上のフォロワーがおり、

福島第1原発事故の報道について、「国民の生命財産を守る公共放送の役割を果たさなかった」などの報道批判も投稿。マスメディア不信を抱いたネット利用者から人気を博した。

その一方で、堀が米国留学中の昨年に製作した原発ドキュメンタリー映画の上映をNHKが許可しなかったなど、組織内でのあつれきも伝えられた。

堀は現在、ニュースサイト「8bitnews」の活動に力を入れている。

思いのすべてを語った。


−−NHKを辞めた理由は

1年半以上前から局と話を続けてきた。もともと、NHKに入った理由の一つに、テレビメディアが視聴者との双方向の関係を築けていないということがあった。テレビは一方通行の情報しか流していない。就職活動のころには、デジタル放送になれば双方向のやりとりができるようになる双方向時代の幕開けだといわれていた。ところが10年以上たっても、テレビに双方向性が求められていても、本当にやりとりしなければならないことはリスクがあるから制限をかけて見せましょうねとアリバイ的な使い方だけ。ツイッターも画面の飾りみたいなアリバイ的な使い方しかなしえていない。

なぜ、双方向のやり取りが必要かというと、今、メディア不信が起きているのは、国民がちゃんと知りたいとか、疑問に思っていることとか、不安に思っていることに対して、メディアが答えていないから。メディアからするとネットに出ている情報って玉石混交で信頼性に欠ける、信用ならないもの。一方、ネットは、マスメディアは自分たちの都合のいいことしか言わないんじゃないか、という不信感があり、対立がずっと続いてきた。

東日本大震災、福島第1原発事故があって、マスメディアが出す情報と、インターネットで1次情報を持つ人が直接発信して、専門家的な高度な情報も出回るようになり、乖離(かいり)が非常に進んでいった。その乖離が進むほど疑心暗鬼が進む。我々ジャーナリストは疑心暗鬼を生むような社会を改善しないとならない。そのためには、インターネット上の市民の発信というものをもっと的確に捉えて、それを自分たちの中に取り込んで、直接的に疑問を解決するとか、裏を取り直すとか、そういうことをやりながら、市民といっしょにニュースを作っていけば、一つのギャップが縮まるんじゃないかと思っている。

ところが、自分が組織の中でインターネットの発信の重要性を上司に説明したり、それを体現するために積極的にツイッターをしたのだけど、そういう活動というのは、既存のマスコミのなかではコンプライアンス違反に近いものになっていく。自分が目指すべきものが体現できないのではということを強く感じていった。特に原発の報道というのはメディア側にとってみても、扱いがセンシティブだった。

−−NHKは、震災を契機に堀さんのツイッターなど、ネットとの関係は進んだようにみえるが。

メディア側がブログやっているとか、動画ニュース配信が進んできているとか、番組でツイッターとの融合を図るとかあるが、インターネットコミュニケーションの本質を捉えきれていない。メディア側が持っている情報にもっとたくさん皆がアクセスできるようにならないといけないと思う。今はブログも、ツイッターも一方的な発信。NHKでニュースの完成形を作ってそれを視聴者に投げるやり方。僕はそれだと足りないと思う。全部作る前の段階からもっと市民が参画すればいい。

−−欧米メディアはネットの活用が進んでいるが、日本では進んでいない。それはメディアの方に問題があるのか、情報を発信しようという市民がの動きがないのか。
c0144828_3161321.jpg双方に改善の余地がある。まずマスメディア側の話で言うと、イギリスの新聞ガーディアンは「オープンジャーナリズムを実現します」と高らかに宣言して、編集長が「ジャーナリストは世界で唯一の専門家でない」と明言している。これだけ多様で複雑な世の中を迅速に報道するにはあらゆる人々の専門的な知見をニュースルームに結集させる必要があり、ジャーナリストだけでなく科学者、弁護士、1次情報をもった市民など、いろんな人が一つのニュースに参画して検証しあうような報道をめざそうとやっている。たぶんこれはインターネット後の社会ではもっとも理想に近い形のジャーナリズムのあり方だと思う。

たしかに福島第1原発事故でも、ジャーナリスト一人がすべての状況を検証したりは難しい。それよりスピード感をもってやるにはニュースの製作段階から科学者や専門家と一緒に情報を検証しあうことがスムーズにできればいい。CNNも、一般視聴者からの映像やニュースを一回サイトに集めて、CNN側でこれはすごいと思ったものをどんどん放送にとりいれている。普通の記者のあとに、一般の人が現場から中継したりする、そういう試みを非常に重要だと思う。

ただ、日本は情報を発信したい市民は多くなかった。最近やっとツイッターとかフェイスブック、ユーチューブを使った発信が広まったが、そのきっかけになったのは震災と、スマートフォンの普及。だから、まだここ数年の出来事で、まだまだ私たちが自分で情報発信するときに、あやうい伝聞情報を本当のようにツイッターに流したり、デマ情報をどんどんリツイートする。そういう環境の底上げが絶対に必要なので、僕は8bitnewsで教育啓蒙(けいもう)的活動を軸に据えて、市民の情報発信力の強化をやっていきたい。

マスメディア側の開放は僕がいわなくても時代とともに必然的に行われていくと思う。しかし市民の発信力強化はだれかが積極的にやっていかないと、うまくいかない。今まで市民メディアがなかなか成功しなかったのは全部自前主義にこだわっていたからで、インターネットで集めた情報をインターネットで出すことだけを考えていた。そのため、扱う情報が限られたり、参加者が特定の人に偏ってしまった。そうでなくマスメディアの人間は情報の選定をする技術や取材力、情報の発信インフラを持っている。マスメディアと市民が協業することで、発信力をどんどん強化していく。

−−8bitnewsでその受け皿を考えているのか。

市民記者やフリージャーナリストをサポートするために、取材費と取材技能の伝授を積極的にやっていく。取材費はクラウドファンディングを検討しており、ある取材をしたい人に賛同した人がお金を投げ銭のように出す。それに対して取材者は取材過程をオープンにしたりとか、もっとこういう取材をしてほしいといった提言を受け入れながら、ニュースを作る、という仕組み。新聞社、出版社がこういう企画を考え、こういう展開をしたいから皆で一緒に作らないかと、呼びかけをするのもいい。出し口でマスメディアと協力して、みんなが一生懸命取材したことを、世の中に出していく。

ビジネスとしては難しいが、そういう場があることが大事だと思う。アライアンスを広げて、インフラ、技能をつなぎあわせて一つのものを作ることをやってきたい。例えば自前でシステム開発するとコストがかかる。でも、動画はユーチューブが使えるじゃないか。じゃあユーチューブと一緒にやろうとか。日本のネットもマスメディアも、これまで自前主義にこだわり、NHKはNHKのものだけという状況だった。いろんな協業みたいなものをやっていけば可能性が広がる。日本のマスコミ全体が前進するきっかけになるという期待がある。

c0144828_314236.jpg−−8bitnewsを動画メインにしたのは。

動画は一般の人でも事実を伝えやすい発信力がある。文字にするのは精度が求められるが、映像は加工しない限り、写っているものは事実そのもの。最近スマートフォンや精度の良いコンパクトデジカメが普及しているので、メディアに参入しやすいと思った。市民にいきなり記事を書いてくださいといっても相当な労力だが、自分が見てニュースだと思ったものはどんな形でもいいから撮って、短くてもいいからアップロードしてください、きっと反応があるからというメッセージは、自分が情報受信者だけでなく発信者でもある意識のちょっとした底上げにつながると期待がある。

既に成果もあり、昨年、会社を辞めて原発作業員として入った人がいる。彼から「テレビ、新聞を見ていても福島第1原発の中の状況がよくわからないから、自分で見に行く」と相談を受けた。「どうやっていいかわからなかったら僕らがアドバイスする」というと「カメラを持ち込んで福島第1原発に行った。すると、雇用した企業が偽造した履歴書が出来上がっていて、その通りに履歴を書けといわれて、あたかも技能がある作業員のようにして元請けに派遣された。資料も映像もある」と連絡があった。僕らのチームで編集をして、動画をアップロードした。そのことが広まり、新聞社が取材にきたりとか、3月にテレビ番組で取り上げられたりした。僕らが最初に描いていた通りの成功例。

また、昨年6月、会社員の女性が首相官邸前の反原発デモの動画をアップした。その時はまだどこのメディアも取材していなかった。その女性がおっかなびっくり、コンパクトデジカメの動画で撮影をしたものが、一気に拡散され、15万回以上も再生された。場があってきっかけ作り、手伝いがあれば市民の発信力が強化されるということがわかった。

−−8bitとはどういう意味か。

今は再び集合の時代だと思う。8bitというとファミリーコンピュータ。ファミコンのスーパーマリオブラザーズが誕生したのは1985年。この年はバブル経済がはじまるきっかけとなったプラザ合意があり、テレビでいうと、「8時だョ!全員集合」が終わった年。家族が一つの部屋に集まってご飯食べてテレビを見る、そういうことがこの年に終わる。分散の時代、個の時代がスタートした。

.あれから30年たって、今インターネット上にすごく小さなコミュニティーの集合がはじまっている。オンライン上でいろんなところでつながりあう。再び集合を求める欲求が高まっている。発信者を育てるというのも個人の力で何かを完成させるのでなく、皆で発信を作っていこうという願いをこめて8bitnewsにした。情報の断片がbitだけど一人一人のかけらみたいなものが、これからまたどんどん集合していけばいいよねと。そして、8bitから16bit、32bit、どんどん増えていくような発信になればいい。

今フェイスブックでフォローしていいねを押している人は3500人ぐらいいて、実際に投稿している人が70人ぐらいなので、まだまだこれからだけど、9カ月でアップロードされた動画の数は1100本あるので、それを本格的に広げていきたい。

−−参院選出馬の報道もあったが、議員になると8bitの理念は達成しづらいのでは。

ジャーナリストとしての活動が制限されることは論外。ただ、メディアを変えるには放送法なり電波法なりどこかで法律、日本の仕組みにコミットしなければならない。そのときにはきちっと政治に参画していく必要があるというスタンス。今はどんどんアライアンスを広げて、草の根的な運動を育てていくのが優先課題。ただ、将来的にはそういうこともありうるでしょう。新しいリベラル勢力が生まれることが大事で、民主党はそれを目指したがうまくいかなかった。もっと生活実感のある実行力のある政治家を求めている。それが必要になったときは、僕とか僕たちの仲間がそういう形で政治に参加していけばいい。選挙をどう勝つかに明け暮れるのでない姿をみせてあげたい。それを徹底するには情報公開につきる。永田町をダダ漏れにしたいとつぶやいたが、そうすることで、みんなに社会を信じる心みたいなものを取り戻せたらいいと思う。

emoticon-0149-no.gif NHK堀潤アナウンサー、原発問題発言して左遷へジャンフ
[PR]

by a19750601 | 2013-04-02 09:55