「ほっ」と。キャンペーン

高田万由子、暴力



女優・タレントの高田万由子が、

6歳になる息子からの暴力に悩んでいると打ち明ける。

高田は東京大学文学部在学中から「高学歴タレント」のパイオニアとして活躍、

1999年にはバイオリニストの葉加瀬太郎氏と結婚し、

現在は13歳の娘、6歳の息子の教育と芸能活動を両立している。

理想的な母親といったイメージの高田だが、

芸能人の悩みを相談員が解決するという同番組で

「息子が暴れん坊すぎ。言うことを聞かない。ワル!悪いの!」と話し、

息子の素行に悩んでいることを明かしている



c0144828_19444750.jpg


高田が「ダメって言ったことをやるのが好き」という息子は、

注意しても全く話を聞かず、すぐに暴力を振るうという。

また、空手を習っているため力が強く、

「叩かないで欲しい。力があるから叩くと痛いんですよね」と、

その暴力が深刻であると訴えた。

一方で、13歳の娘については

「天使ちゃんなので全然大丈夫。」「右を向けと言えば右を向く。

空気もよめるし、勉強もちゃんとしてくれるし、

性格もいいし、問題がない子なので」と語り、ベタ褒め状態だった。


番組が、2人以上の子どもを持つ母親100人に調査を行ったところ、

その30%が高田同様に、「兄弟の違いに悩む」と

いう悩みを抱えていたという。

心理学者の諸富祥彦氏は「子どもの心を一番ねじまげる言葉は

『兄ちゃんは良いけどお前はダメだな 姉ちゃんは

頑張っているけどお前は頑張れないな』」と話し、

子どもたちを比較していることが素行の悪さにつながっていると主張したが、

高田は「本人たちの前では比べてない」と納得行かない様子。

恋愛カウンセラーの羽林由鶴氏が、やんちゃな男の子を育てた経験から

「叩かれたら本気で泣いてみたらいい」という意見を出しても

「泣いてもまた殴ってきそう」と話し、

息子との問題を解決することが容易ではないことをうかがわせた。

また、高田が不安になっているのは、息子の暴力を振るう姿だけではないという。

発言についても

「ちょっと嫌な事があると『これは殺す』とか『これは刺す』とか、

わりと危険なことを言うんです」と語っており、危険な言葉が息子の本質で、

将来DVのような犯罪を犯すのではないか、と恐ろしい気持ちになるというのだ。


c0144828_19593855.jpg


こういった恐怖心を持つ高田に対し、

心理カウンセラー・心屋仁之助氏は「子どもを信じてあげて欲しい。(犯罪者に)なったら

子どもの事嫌いになる?」と問いかけた。高田は「いや...多分ならないと思います」と

即座に否定したものの、「4つぐらいの時かな、本当に言う事をきかなくて、

本当に嫌いになりかけたんですよ、息子を。気持ちがいかなくなった」と、

過去には嫌いになりかけたことを明かしている。

当時、それがよくない状態だと思った高田は「まず、

この子を怒るのをやめてみようと思ったんです。

一切怒らないで、全部我慢してみよう」と、

自分なりに対処したのだとか。

その後、どこへ行くにも息子を連れて行き、

一緒にいる時間を増やしたところ、「かわいい」と

思えるようになったのだという。

並み居る相談員のアドバイスにも、

なかなか不安をぬぐいきれない様子の高田だったが、

心屋氏の「『やめて』と言うとやるなら『やっていいよ』と言えばいい、

やるなと言われ続けると人はやりたくなる」

「暴力や力の強さもその子の一部。その一部が全部になると思って、

全否定している」という言葉には、

しばらく納得した様子を見せた。

「東大ママ・高田万由子の家族がもっと幸せになる24のヒント」なる

本を高田が出版したのは、まだ娘しか生んでいない2005年。

その翌年生んだ元気すぎる息子にここまで悩まされるとは、

当時の彼女は思いもよらなかっただろう。

今回の番組で、息子との問題を解決するヒントをつかむことができただろうか。

[PR]

by a19750601 | 2013-05-30 22:23

山陽放送部長を逮捕

山陽放送部長を逮捕

c0144828_9321499.jpg


スーパーで泡盛などを万引きしたとして、

岡山県警倉敷署は2013年5月26日に、窃盗で

山陽放送ラジオセンター営業担当部長の小柴慎次(51)を緊急逮捕した。

車の中に置いておくと傷むので店内に持って入った

と否認しているというが泡盛などを万引きしたとして、

岡山県警倉敷署は山陽放送ラジオセンター部長、小柴慎次(51)

を緊急逮捕した。

c0144828_9325494.jpg


同署によると、小柴慎次

25日午後5時頃、同県倉敷市内のスーパーで、

泡盛1本と乳酸飲料1パックの計2点(計4000円)を、

持参した手提げ袋に入れ、盗んだ疑い。

c0144828_9551917.jpgc0144828_9561041.jpg


女性保安員が目撃し、店外に出たところで声をかけたが、

小柴容疑者が逃走したため110番。

署員が近くの路上で取り押さえた。


山陽放送は

「捜査の進展を待って厳正な処分を検討する」

としている。


c0144828_9341692.jpg


岡山市北区丸の内二丁目1-3

ラジオセンター TEL:086-225-5931

[PR]

by a19750601 | 2013-05-27 06:10

訃報 俳優 夏八木勲

俳優の夏八木勲さん死去

c0144828_10344390.jpg


舞台や映画、テレビドラマなどに数多く出演し、

豪快で男らしい演技で知られた

俳優の夏八木勲さんが

2013年5月11日、亡くなりました。73歳。


夏八木さんは東京・足立区の出身で、

大学を中退後、昭和38年に劇団俳優座の養成所に入り、

同期の原田芳雄さんや村井国夫さんらとともに

「花の15期生」と呼ばれました。

卒業後、昭和41年に映画「骨までしゃぶる」でデビューし、

その後も「白昼の死角」や「野性の証明」など数多くの映画で活躍しました。

中でも、昭和54年に公開され、

自衛隊が戦国時代の日本にタイムスリップする映画「戦国自衛隊」では、

戦国武将の長尾景虎役を演じ、男らしい豪快な演技で人気を集めました。

テレビドラマでも活躍し、昭和49年に出演した

NHKの連続テレビ小説「鳩子の海」で演じた脱走兵の役が話題となるなど

高い演技力で知られました。

c0144828_10364020.jpg


最近では、平成22年に放送されたNHKの大河ドラマ「龍馬伝」に出演したほか、

映画では去年公開された園子温監督の「希望の国」で、

原発事故で家族を引き裂かれる主人公の酪農家の男性を熱演して高い評価を受けていました。

夏八木さんはこうした功績が認められ、

ことし3月、芸術の分野で優れた業績をあげた人に贈られる文化庁の

「芸術選奨文部科学大臣賞」に選ばれました。

関係者によりますと、夏八木さんは去年、すい臓がんが見つかり、

仕事をしながら治療を受けていましたが11日、亡くなったということです。

[PR]

by a19750601 | 2013-05-12 09:05