訃報 米倉斉加年



内面をにじませた深みのある


演技で存在感を示した俳優、演出家で画家としても


知られた米倉斉加年(よねくら・まさかね)さんが


26日、福岡市内で亡くなった。80歳。



c0144828_933387.jpg


福岡県出身。1957年に劇団民芸の演劇研究所に入り、

一時退団したが2000年まで同劇団で活躍した。


名優・宇野重吉に師事し、舞台「桜の園」「ゴドーを待ちながら」などに出演。

芸術座公演「ラブ」ほかの演技で1966年の紀伊国屋演劇賞を受賞した。

森光子主演の「放浪記」「おもろい女」など商業演劇でも活躍。

2007年に劇団「海流座」を結成、出演と演出の両面で力を発揮した。

一方でテレビ、映画にも進出。

NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」「花神」「勝海舟」、

NHK連続テレビ小説「藍より青く」、映画「真田風雲録」「動乱」「遥かなる走路」や

「男はつらいよ」シリーズなど多数に出演。

面長の個性的な顔だち、知的な演技で親しまれた。

1970年ごろから絵日記や挿絵を発表し、

76、77年にはイタリア・ボローニャ国際児童図書展で

グラフィック大賞を連続受賞。

83年に出版した絵本「おとなになれなかった弟たちに…」は、

中学の国語教科書にも採用された。



最後の放送収録作品は

2015年3月16日放送予定の

月曜ゴールデン「新・法廷荒らし 猪狩文助 ~終の棲家~」

だった。

[PR]

by a19750601 | 2014-08-27 07:40 |

タイで代理出産させた日本人 重田光時(シゲタ・ミツトキ 24才)の素性

タイで代理出産させた日本人 


重田光時(シゲタ・ミツトキ 24才)の


素性を公開


c0144828_954697.jpg



正体は 「光通信」会長の息子

c0144828_102348.jpg


香港に在住してタイと行き来して重田は、

複数の女性を代理母にして子供を産ませ、

乳幼児9人以外にも6人の子供がいて、すでに日本に帰国している


マンション内には日本人女性1人を含む

10人のタイ人女性がベビーシッターも兼ねて存在。


また市内の病院で重田氏が父親となっている

子供4人も新たに発見され、これまで計15人の

子供が発見されている。


重田のパスポートは現地メディアで公開された。

c0144828_9545817.jpg


この名前と年齢がある著名人の子息と一致するとの情報

それは ↓「光通信」の代表取締役会長 兼 大株主でもある重田康光(49才)の息。


c0144828_9591335.jpg


重田康光は

1999年に世界5位の大富豪と報じられ、

2014年度にはアメリカ・フォーブス誌で国内11位の大富豪。



「人身売買」ではないかとも疑われているが、

タイで重田氏の代理人をつとめる弁護士は

「彼はとても裕福で、事業の後継者を得るためにたくさんの子供が必要だ」

「赤ん坊は全員、男性の子どもで大家族を持ちたかった」

「男性は債券や保険、貯金を全員の子ども名義にしている。人身取引ならあり得ない措置だ」

「乳幼児の養育費に毎月約63万円かけていた」

と語っている。



光通信の広報部ではこの件に対し、

「本事業とは関係がないのでお答えできません」

としている。



光通信

本社:東京都豊島区西池袋1-4-10 光ウエストゲートビル
営業事務所:全国396拠点
コールセンター:57拠点
SHOP事業店舗:1,701店舗
保険SHOP:19店舗

現在、携帯電話販売事業は東京23区内などでは「OBM it's」などの名前で、複数キャリアを併売している店舗があるが、多くの地域ではau、ソフトバンクの専売店に転換している。

2010年2月に、光通信に勤務していた当時33歳の男性が突然死した。この男性は2006年から営業課長職に、2009年にはクレーム対応部署に異動したが、虚血性心疾患で死亡。男性の両親と弁護士が、タイムカード打刻記録以外での時間外労働を算出したところ、死亡前3年間で100時間超の時間外労働を行っていた月が17回(最高153時間)存在したほか、携帯電話の販売で過酷なノルマが課されたりしていた。両親は2014年6月24日に同社に対し「会社は安全配慮義務を怠り長時間労働を放置した」などとして、神戸地方裁判所に約1億6,450万円の支払いを求める訴訟を起こした

[PR]

by a19750601 | 2014-08-12 23:36

理研 笹井芳樹 (小保方晴子ユニットリーダー元上司) 自殺

理研:笹井芳樹副センター長が研究棟で自殺 現場に遺書

c0144828_1449551.jpg

STAP細胞論文の責任著者の一人である

理化学研究所発生・再生科学総合

研究センター(CDB、神戸市中央区)の

笹井芳樹副センター長が

2014年8月5日午前8時40分ごろ、

CDBと隣接する先端医療センター内で首をつった状態で見つかり、

午前11時3分、搬送先の病院で死亡が確認された。

兵庫県警が自殺とみて調べている


c0144828_201048.jpgカバンに3通の遺書、1通は小保方氏宛て
県警によると、笹井氏はCDBと通路でつながった先端医療センターの研究棟の4階と5階の間にある踊り場で、手すりにくくりつけたひも状のもので首をつっていた。半袖シャツにスラックス姿で、踊り場には革靴とカバンが置かれていた。

関係者によると、3通の遺書がこのカバンに入っており、1通はSTAP論文筆頭著者の小保方晴子・研究ユニットリーダー宛て。他に笹井氏の研究室にある秘書の机上にも遺書のようなものがあった。


笹井副センター長は1986年に京都大医学部を卒業。36歳の若さで京大教授に就任した。2000年に理研に入り、グループディレクターを経て13年から現職。胚性幹細胞(ES細胞)研究の第一人者として世界的に有名だった。

STAP細胞論文では、責任著者の一人として小保方氏を指導し、今年1月の記者会見に同席。理研調査委員会の最終報告(4月1日)は、笹井氏の不正行為は認めなかったが、指導者としての「責任は重大」と指摘していた。

論文が不正と認定された後の4月には東京都内で会見し、指導の不備を謝罪したが、STAP細胞の存在そのものには自信を見せていた。理研が進めている検証実験には小保方氏も参加。理研は新たに指摘された論文疑惑について調査を開始し、小保方氏や笹井氏らの処分を凍結している。

理研の野依良治理事長は「驚がくしている。世界の科学界にとって、かけがえのない科学者を失ったことは痛惜の念に堪えない」とのコメントを発表した。


c0144828_2155414.jpg5日朝、飛び込んできた理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長が自殺したとの一報。理研や研究者仲間らの間には大きな衝撃が走った。STAP細胞論文を巡っては、小保方晴子研究ユニットリーダーの共著者として指導する立場だった笹井氏。理研によるSTAP細胞の検証実験について近々中間報告がされることになっていた中での出来事だけに、関係者らの間に動揺が広がった。

再生科学の第一人者の突然の死亡に、親交のあった研究者は驚きを隠せない様子だった。理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)時代に笹井氏の同僚だった斎藤通紀・京都大教授は「信じられない」と絶句した。

2月半ば、STAP論文中の画像に疑義が出ていることを指摘するメールを笹井氏に送ったところ、「たいした問題ではない。落ち着いたらゆっくり議論しましょう」という返信があったという。「笹井先生の研究能力の高さは万人が認めるところ。だからこそ、今回の問題に皆が驚いてた。こんなことになるなら、何かもっとできなかったかと思う。残念です」と言葉を絞り出した。

c0144828_2173910.jpg小保方晴子の代理人を務める三木秀夫弁護士は「驚いている。私自身もショックだ。心からお悔やみ申し上げたい。詳しいことがわからないのでこれ以上は控えさせてほしい」とぼうぜんとした表情で話した。小保方氏の精神状態については「一番心配で、対応に努力していきたい」と話した。

疑惑発覚後の4月に記者会見した笹井氏について、小保方氏は「尊敬する笹井先生が私の過ちのために厳しい質問にお答えされている姿を見て、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました」とのコメントを三木弁護士を通じて公表していた。

笹井氏を指導したことがある京都大名誉教授で大阪バイオサイエンス研究所の中西重忠所長(72)は数日前、笹井氏に電子メールを送り、「がんばりなさい」との言葉も添えたが、返信がなかったという。中西氏は5日午前に記者の取材で笹井氏が自殺を図ったことを知り、「忙しいのかなと思っていたが、まさかこんなことになるとは」とショックを隠し切れない様子で語った。

c0144828_21121990.jpg理研発生・再生科学総合研究センターの30代の研究室リーダーは「とても驚いている。1カ月くらい前にセンター内で見かけた時は、だいぶ落ち込んでいる様子だった。

笹井さんほどの能力のある研究者なら、必ず再起すると思っていたのに」と言葉を詰まらせた。

一方で「笹井さんは副センター長を辞めるつもりだったのに、理研の意向でやめられなかったと聞いている。責任をとることもできず、苦しんでいたのではないか。笹井さんは頼まれて論文の執筆に関わった身なのに、理研はあまりに笹井さんに責任を押しつけすぎたのではないか」と話した。

笹井氏と共にSTAP細胞論文の責任著者を務めた山梨大の若山照彦教授(47)の研究室前には、大勢の報道陣が集まった。若山教授は姿を見せず、大学を通じて「この件に関してコメントはない」との談話を公表した。


c0144828_21175722.jpg理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)の小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダー(30)は2日、出勤した。STAP細胞の存在の有無を検証する実験に参加する。

CDBによると、4月に検証実験が始まってから、小保方氏が出勤するのは初めてという。

小保方氏は2日午前10時50分すぎ、タクシーから降りてCDBに現れた。報道陣約50人や職員数人が集まる中、無言で振り返ることもなく、建物内に足早に入っていった。

ネイチャー誌に掲載されたSTAP細胞の論文は近く撤回される見通しとなっている。

小保方氏の代理人、三木秀夫弁護士によると、小保方氏から2日朝、「今日は頑張って行ってきます。しっかりやってきます」としっかりした口調で電話があったという。三木弁護士は「本人も私も(STAP細胞を)証明できるだろうと確信している」と話した。

理研に入る小保方晴子

c0144828_21241123.jpg


遺書が勝手に開封され、マスコミにリークされた問題が波紋
[PR]

by a19750601 | 2014-08-05 12:20 |

歌手 桂銀淑 詐欺 逮捕

歌手 桂銀淑、詐欺 で起訴

c0144828_1024144.jpg


韓国のソウル中央地検は2014年8月3日、

高級車のリース料金を支払わなかったとして、


日本でも活躍した歌手の桂銀淑(53)と


知人を詐欺罪で在宅起訴したと明らかにした。



c0144828_10261096.jpg


桂は4月、出演料として2億ウォン(約2000万円)を

受け取ることになっていると説明し、

ドイツ高級スポーツ車メーカー、ポルシェの「パナメーラ」を

月数百万ウォンでリースする契約を業者と結んだ。

しかし、借りた車をすぐに担保に入れ、

消費者金融から借金


リース料を全く払わなかったとして

告訴された。 
.


2007年11月26日、覚せい剤取締法違反(所持)で関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。桂は「自分が使うつもりだった、すみませんでした」と容疑を認め謝罪。12月21日、東京地裁の即決裁判で覚せい剤取締法違反(所持)で有罪となり懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)と言い渡された。

2008年5月12日、上記の罪により、日本当局からビザの延長ができないという通知を受け、韓国へ国外退去処分にさせられると報じられるが、東京の入国管理局が追加の審査を受け入れたことから国外退去処分が延期となるものの、最終的に日本当局がビザの発給を拒否したことで、8月2日に帰国。

2010年3月26日、韓国ソウル市キャピタルホテルにてディナーコンサートを開催。同年3月29日、テレビ朝日系『スーパーモーニング』のインタビューに韓国で応じ、逮捕以来初めてテレビカメラの前に立った。心境を語った後、「すずめの涙」を歌唱。2011年5月3日にはフジテレビ系『芸能界の告白』に出演。ソウルの自宅で執行猶予明けの瞬間を公開した。「日本に帰ってファンや関係者に謝罪したい」「(日本に行くことは)何年かかってもあきらめない」と発言したものの、未だ再入国が出来ない状況にある。

[PR]

by a19750601 | 2014-08-04 08:20