「ほっ」と。キャンペーン

酷な話かもしれませんが……がんです 突然そう告げられたら、あなたはどうする?

酷な話かもしれませんが……がんです」 突然そう告げられたら、あなたはどうする?


c0144828_13477.jpg



黒木奈々さん31歳、フリーアナウンサー。2014年4月に「国際報道2014」(NHK BS1)のメインキャスターに抜擢されて4カ月。毎日22時からの生放送出演にやっと慣れてきたところだった。

「『キャスター』は私の人生そのものなのに。努力してやっとつかんだチャンスなのに――(略)
 なんで、なんで、なんで……。急に涙があふれ出てきた」
 黒木さんは新刊『未来のことは未来の私にまかせよう』に、そう綴っている。
 その後、彼女は自ら胃がんであることを公表し、手術、抗がん剤治療と真正面から病気と闘ってきた。働く女性が、がんに倒れたとき、何を考え、悩み、選択していくのだろうか――。

――突然の告知だったそうですが、それまでに自覚症状などはあったのですか?

 いいえ、いたって健康だと自分では思っていました。本にも書いたのですが、フランス留学時代の友人たちと久しぶりに会い、お店でお酒を口にしたとたん激痛に襲われたのです。救急車で運ばれ、胃潰瘍による穿孔と診断されました。7月末に1週間ほど入院した後、鹿児島の実家に帰り、しばらく休養していました。その後、番組に復帰した矢先のことでした。

――医師から直接、病名が告げられたのですか?

 8月27日のオンエアの後、母から携帯に実家に連絡するようにとのメールがあり、電話をしたところ、父から告げられました。胃潰瘍のときに取った細胞を調べたところ、悪性だとわかったのです。とても信じられませんでした。一緒に出演しているNHKの有馬キャスターが声をかけてくれたのですが、「私、がんだって」と言ったとたんに涙がとまらなくなってしまいました……。

――すぐに思い浮かんだことは何ですか?

仕事のことです。月曜から金曜まで毎日オンエアがあり、その日は水曜日でした。せめて週の終りの金曜日まで出演したかったのですが、「こんな事実を知ってできるのか」と父に言われ、泣く泣く翌日から休みを取ることにしました。

 小さい頃からずっと「ニュースキャスターになりたい」というのが夢だったので、やっとそれがかなったばかりの時に、なぜ私だけ?と、あまりの理不尽さに納得がいきませんでした。仕事のことばかり考えている私に、4歳上の兄が「奈々には悪いけど、仕事のことなんて俺にとってはどうでもいい。奈々が生きていてくれれば何でもいい。生きていれば何でもできるんだから」と言ったんです。それで、ハッと目が覚めたというか……。確かにそうです。仕事に執着しすぎて、まずは生きのびなければならないということを忘れていました。

――9月にがんであることを公表されましたね。


 はい。当初、母には「なぜ、そんなことをするのかわからない」と反対されましたが、自分としてはどうしても皆さんにお知らせしたかった。週の半ばで突然、番組からいなくなったので、さまざまな噂がネット上で飛び交っていたようです。デング熱発症か?とか、スキャンダル発覚か?とか(笑)。

 私自身、病気を告知されてから、がんであることを公表していらっしゃる方たちの言葉に大変励まされたので、今度は自分の番、と思ったんです。私が胃がんを公表し、病気と闘って克服できたら、それが誰かの励ましになるかもしれない。そんな気持ちでした。

――セカンドオピニオンを経て、がん研有明病院で手術を受ける決断をされました。

心から信頼できる先生にめぐり会えたと思ったので、手術を受けることにしました。最初は腹腔鏡で大丈夫なはずだったのに、結局は開腹手術をすることに。ショックでした。まだ嫁入り前なのに、お腹に傷あとがついてしまうし。でも、そんなこと言っていられない。手術の前の夜、ひそかな自慢だった傷一つない自分の「お腹」に別れを告げました……。

 幸い手術は無事に終わり、転移もありませんでした。

――でも、それで終わりではなかったんですね。

 そう、がんを完全に克服するために抗がん剤治療を受けることになったんです。それも、飲み薬と点滴の併用を3回に分けて。まだ2回しか終わっていませんが、予想以上の副作用の辛さに、かなりへこたれています(笑)。以前の私は食べることが大好きだったのに、何かを口に入れることが、こんなに辛いとは。同じ病気に悩む方たちの参考になればと、どんなものだったら食べられたのかを本の中では克明に書いています。胃がなくなってしまった今も「食いしんぼ」で「肉食女子」なので、「今日はビビンバを食べられた。快挙」とか「早く焼き肉屋に行けるようになりたい」なんてことばかり日記につけているものですから。「美味しい」という感覚が戻ってきたときは、本当にうれしかったです。

――もう少しで長いトンネルから抜けられそうですか?

絶対にもう一度、番組に戻りたい、あの場所に立ちたい。その思いが私を支えてくれています。

桜の花が咲く頃、皆さんにテレビを通じてお目にかかりたい。それが、私のただ一つの願いです。


c0144828_134574.jpg


未来のことは未来の私にまかせよう
31歳で胃がんになったニュースキャスター


黒木奈々

定価:本体1,200円+税
発売日:2015年03月26日
[PR]

by a19750601 | 2015-03-24 10:29

CM番付に“異変”

c0144828_21231728.png


c0144828_21192550.jpg


CM業界に異変が起きている。

先月発表された「2014年の年間テレビCM出稿動向」(ビデオリサーチ調べ)の

タレント別テレビCM量で、

堺雅人(41)、松岡修造(47)、西島秀俊(43)の40代男性タレントが

トップ5に入る健闘を見せたのだ。

彼らの上には1位の上戸彩(29)しかいない。

40代の男たちがなぜ、こんなに元気なのか?



c0144828_2120339.png


今回のランキングは14年の1年間に、

どれだけのCMが流されたかを調査したもの。

イメージ商売とあってCMの顔は、

やはり女性。実際、13年は1位・剛力彩芽、2位・上戸彩、

3位・井川遥、4位・大島優子、5位・武井咲と女性がベスト5位を占めていた。

ところが、14年のベスト5に名前が残ったのは

この5人のうち、上戸と武井のみだった。


c0144828_21202443.png

そのかわりにランクインしたのが、堺、松岡、西島だったのだ。

 「3人とも前年から大幅に順位を上げました。

松岡は『今日から君は噴水だ!』と

いった熱い言葉が満載された日めくりカレンダーの

大ヒットと、昨年の錦織圭の大活躍で露出しまくったことが功を奏したようです。

堺と西島はやはりドラマの好調が後押ししています
」と週刊誌記者。

堺は13年のドラマ「半沢直樹」「リーガルハイ」のヒットが、

昨年の広告出稿に追い風に。

西島も13年のNHK大河ドラマ「八重の桜」で細マッチョな肉体を披露したあたりから

いい流れに乗っているのだという。

ランキングをみていると、

そのときのタレント人気の動向が浮かび上がってくる。

 「13年は、関東地区のトップ20に6人もランクインしていたAKBに勢いがないのも、

男性タレント急上昇の原因でしょう。

今回、AKBから20位以内にランクインしたのは

渡辺麻友(11位)と大島優子(19位)のみ。ただし、

大島のランクインは関東地区のみですから
」と広告代理店関係者。

 いまや40代オヤジの時代だ。


c0144828_21211623.png

[PR]

by a19750601 | 2015-03-11 16:14

愛川欽也あす最後のアド街 司会20年80歳で降板


俳優愛川欽也(80)が、

司会を務めるテレビ東京系バラエティー番組

出没! アド街ック天国」(土曜午後9時)を休養し、

そのまま降板する見通しであることが5日、分かった。

1995年(平7)4月の開始時から番組を仕切ってきたが、

7日放送の1000回が最後の出演になりそうだ。



c0144828_840272.jpg


土曜夜のお茶の間から、愛川が姿を消す。

関係者によると、愛川は20年続けた番組の1000回をもって、

出演に区切りをつけることを番組側に伝えていた。

健康面に問題はないが、高齢の80歳。周囲には「これからは

好きなことをやっていきたい」と話しており、

都内に所有する小劇場キンケロ・シアターでの

舞台制作などに力を入れていく意向のようだ。

同局は慰留したが、決意は固かった。

結果、表向きは「休養」となるようだが

事実上の自主降板になる。

現実に1001回(14日放送)の収録は、

レギュラーパネラーの峰竜太(63)が司会を代行している。

関係者によると、峰は4月中旬までの暫定的な司会者で、

以降に新司会者が決まりそうだ。

番組は95年4月スタート。

愛川は「宣伝本部長」の肩書で司会を務めてきた。

第1回から出演しているのは、

愛川と峰だけ。愛川のあいさつ「おまっと(お待ちどお)さんでした!」で

始まるのが、お決まりだった。

20年間、収録を1度も休まなかったが、

1000回目は、風邪を押しての出演だったという。

昨年9月には、情報番組の現役最高齢司会者として、

ギネス世界記録に認定され「普通なら60歳を過ぎたら引退するところ、

その先20年続けていますから。


自分に『お前、よくやったじゃないか』と言いたい」と話していた。

番組収録は隔週に1回。

一方で「時間を取って長い旅行にも行きたい」と漏らすこともあったという。

日本テレビ系「11PM」は74年から約12年、

フジテレビ系「なるほど! 

ザ・ワールド」は81年から約15年…テレビ長寿番組を築いてきた80歳が、

「アド街ック天国」での20年、1000回を区切りに「名司会」の羽を休める

[PR]

by a19750601 | 2015-03-06 11:32