「ほっ」と。キャンペーン

訃報 俳優の阿藤快


c0144828_13233357.jpg



テレビドラマでの個性的な脇役のほか、

旅番組のリポーターとしても親しまれた

俳優の阿藤快(あとう・かい、本名阿藤公一〈あとう・こういち〉)が

亡くなっていたことが16日、分かった。

自宅で死亡しているのを親族が15日見つけた。

14日が69歳の誕生日だった。

病死とみられる。葬儀は近親者で営む予定。





c0144828_1324667.png数多くの映画やテレビのドラマに出演し、バラエティー番組などでも活躍した俳優の阿藤快さんが、東京都内の自宅で大動脈瘤破裂のため亡くなりました。69歳でした。阿藤さんは神奈川県小田原市出身で大学を卒業後、昭和45年に俳優座に裏方として入りましたが、俳優の中村敦夫さんや原田芳雄さんと出会ったことをきっかけに本格的に役者の道を進みました。

俳優座を退団したあとは、数多くの映画やテレビのドラマに出演し、昭和55年には黒澤明監督の「影武者」に出演したのを始め、鈴木清順監督や市川崑監督など数多くの名監督の作品で脇役として個性的な演技を見せました。悪役をはじめ、さまざまな役柄を演じることのできる名脇役として知られ、NHKでは連続テレビ小説「ええにょぼ」や「私の青空」などに出演したほか、大河ドラマにも出演しています。

また、最近は旅番組やグルメ番組などでも活躍し、気さくで飾らない性格でお茶の間の人気を博しました。
所属事務所などによりますと、阿藤さんは数日前まで仕事をしていましたが、14日から連絡が取れなくなったため、事務所の関係者などが自宅を訪ねたところ、亡くなっているのが見つかったということです。死因は大動脈瘤破裂で、69歳でした。


c0144828_13272773.png阿藤快
46年、神奈川県生まれ。当時の東京都立大卒業後、俳優座に入る。72年、「木枯し紋次郎」でテレビデビュー。「裸の街」「教師びんびん物語」などのドラマや、映画「影武者」などに出演。悪役からコミカルな役まで幅の広い演技をみせた。「ぶらり途中下車の旅」などの旅番組、情報番組のリポーターとして全国を巡り、人気を集めた。現在、TBSで放映中のドラマ「下町ロケット」に弁護士役で出演していた。01年11月に阿藤海から阿藤快に改名した。



c0144828_13275494.jpg


c0144828_1328971.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-11-16 10:20

訃報 俳優の阿藤快


c0144828_13233357.jpg



テレビドラマでの個性的な脇役のほか、

旅番組のリポーターとしても親しまれた

俳優の阿藤快(あとう・かい、本名阿藤公一〈あとう・こういち〉)が

亡くなっていたことが16日、分かった。

自宅で死亡しているのを親族が15日見つけた。

14日が69歳の誕生日だった。

病死とみられる。葬儀は近親者で営む予定。





c0144828_1324667.png数多くの映画やテレビのドラマに出演し、バラエティー番組などでも活躍した俳優の阿藤快さんが、東京都内の自宅で大動脈瘤破裂のため亡くなりました。69歳でした。阿藤さんは神奈川県小田原市出身で大学を卒業後、昭和45年に俳優座に裏方として入りましたが、俳優の中村敦夫さんや原田芳雄さんと出会ったことをきっかけに本格的に役者の道を進みました。

俳優座を退団したあとは、数多くの映画やテレビのドラマに出演し、昭和55年には黒澤明監督の「影武者」に出演したのを始め、鈴木清順監督や市川崑監督など数多くの名監督の作品で脇役として個性的な演技を見せました。悪役をはじめ、さまざまな役柄を演じることのできる名脇役として知られ、NHKでは連続テレビ小説「ええにょぼ」や「私の青空」などに出演したほか、大河ドラマにも出演しています。

また、最近は旅番組やグルメ番組などでも活躍し、気さくで飾らない性格でお茶の間の人気を博しました。
所属事務所などによりますと、阿藤さんは数日前まで仕事をしていましたが、14日から連絡が取れなくなったため、事務所の関係者などが自宅を訪ねたところ、亡くなっているのが見つかったということです。死因は大動脈瘤破裂で、69歳でした。


c0144828_13272773.png阿藤快
46年、神奈川県生まれ。当時の東京都立大卒業後、俳優座に入る。72年、「木枯し紋次郎」でテレビデビュー。「裸の街」「教師びんびん物語」などのドラマや、映画「影武者」などに出演。悪役からコミカルな役まで幅の広い演技をみせた。「ぶらり途中下車の旅」などの旅番組、情報番組のリポーターとして全国を巡り、人気を集めた。現在、TBSで放映中のドラマ「下町ロケット」に弁護士役で出演していた。01年11月に阿藤海から阿藤快に改名した。



c0144828_13275494.jpg


c0144828_1328971.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-11-16 10:20

田畑智子 自殺未遂

c0144828_10585456.jpg


女優・田畑智子(34)が5日朝、都内の自宅で自殺未遂を図った-と報じた。

田畑の母親は5日夜、デイリースポーツの取材に応じ、

報道を完全否定。「心外」と怒りをあらわにした。

フジテレビのニュースでは、“田畑が自宅で睡眠薬を飲んで手首を切った、と

警察に通報があり、警察官が駆けつけたが命に別状はない”と伝えられた。



c0144828_10594349.jpgしかし、午後7時半すぎ、電話取材に応じた田畑の母親は「さきほども娘と電話で話をしました。本人はピンピンしています。何にもないです。(その報道に)驚いています」と報道を完全否定。

 「昨日も今日も娘と電話でしゃべってるのに、娘は機嫌ようやってるのに、なんでこんな報道があるんですか。心外です。迷惑です。驚いてます」と怒りを隠せない様子で話した。母親によると、田畑自身は、ニュースについては「知らなかった」という。

田畑は10月28日、主演映画「鉄の子」(16年2月13日公開)が「第28回東京国際映画際」で上映され、新宿で行われた舞台あいさつに出席。「親子、兄弟、夫婦がごくごく普通に描かれているだけに、(家族の)みんなが持っている心の内をどう表現したらいいかと悩んだ」と話していた。

同作は親の再婚で同学年のきょうだいとなる男の子、女の子、それを取り巻く大人たちの物語。田畑は1人で子育てに奮闘する母親を演じた。



同棲先マンションで…病院に搬送も軽傷
c0144828_223376.jpg田畑は2011年に俳優の岡田義徳(38)との交際が報じられた。結婚間近とも言われたが、2人をよく知る関係者は「3年ほど前に破局したと聞きました」と説明。一方、別の関係者は「復縁して住ん一緒にでいたそうです」と話している。

このマンションは岡田の自宅だといい、同棲先とみられる。マンションを使用している男性は「午前7時40分ごろ、女性が興奮状態で泣きながら毛布にくるまれて出てきた」と証言。「半年前には田畑さんがマンションの階段に座っていた。1~2週間前には女性の叫び声が聞こえてきた」としている。関係者によると、岡田はこの日、仕事で自宅にはいなかった。

 この日夜、田畑の自宅と思われるマンション前には取材陣が集まったが、インターホンを押しても応答はなかった。田畑と一緒に仕事をしたことがある知人は「仕事には熱いタイプ。男性に対してものめり込むところがある。凄く女優らしい女優さん」と説明した。

田畑 智子(たばた・ともこ)
1980年(昭55)12月26日、京都府生まれの34歳。92年映画「お引越し」に主演女優としてデビュー。同作で毎日映画コンクールのスポニチグランプリ新人賞受賞。00年にNHK連続テレビ小説「私の青空」でヒロイン、04年NHK大河ドラマ「新選組!」では近藤勇(香取慎吾)の妻つね役を演じた。龍谷大文学部中退。


c0144828_114089.jpg


田畑は

12歳の時に相米慎二監督の映画「お引っ越し」(92年公開)に主演し、女優デビュー。

映画各賞を総なめにした。

中学、高校は普通に学校に通い、00年にはNHK連続テレビ小説「私の青空」でヒロインに抜擢され、朝ドラヒロインを務めた。

その後も確かな演技力で映画、ドラマ、舞台にと活躍している。



c0144828_1193383.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-11-05 06:50