「ほっ」と。キャンペーン

訃報 松方弘樹

c0144828_1840030.jpg




昨年2月から入院していた

俳優の松方弘樹

21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。東京都出身。

昨年2月に体調不良を訴えて入院していた。

東映の時代劇ややくざ映画を中心に活躍したスター俳優だった。


c0144828_18402360.jpg松方さんは昨年3月に悪性の脳リンパ腫を公表し、長期療養に入っていた。

脳リンパ腫は、中枢神経系にできる悪性のリンパ腫で、

血液細胞の1つのリンパ球が腫瘍化したもの。

悪性リンパ腫の中でも発症率が低く、

10万人に1人のまれな病気とされる。

発症は60歳前後の高齢者がもっとも多いという。

松方さんは手術を受けず、投薬治療の方針を明かしていた。

東映の時代劇映画などで活躍し、

テレビでもNHK大河ドラマ「勝海舟」や「遠山の金さん」に主演した。

マグロ釣りが趣味で、バラエティー番組に出演。

笑い上戸の明るいキャラクターで愛されていた。




脳リンパ腫とはどんな病気?予防や早期発見の方法 
脳リンパ腫は正式には中枢神経原発悪性リンパ腫といい、

血中のリンパ球が脳で異常に増えてしまい悪性リンパ球となってしまう脳腫瘍の一種。

血中のリンパ球が異常に増え、ガン化してしまい、リンパ腫という腫瘍を作ります。

このリンパ種の形状や性質は大きく分けて

2種類(・ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)に分類されます。

日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫の方で全体の90%を占める。

中高年に発症することが多い病気ですが、

免疫力が低下している若い人へも発症するケースがある。

脳リンパ腫の予防策はない。

そもそも様々な要因が重なって起こる病気なので

生活習慣を正す他効果的な予防策はない。

早期発見の為には病院に行って検査を受けること。


c0144828_1841265.jpg




目黒祐樹「自分の心には正直な人」兄松方さん悼む

21日に脳リンパ腫のため亡くなった、俳優松方弘樹さん(享年74)の実弟で、

俳優の目黒祐樹(69)が23日夜、都内の自宅前で報道陣の取材に応じた。



c0144828_8404164.jpg目黒は冒頭「兄が2日前の午前11時26分に旅立ちました。

長い芸能生活の中、皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。

とても穏やかな、安らかな顔で旅立ったのがせめてもの救いだと思っています


とあいさつした。

松方さん本人の生前の意向で、この日密葬が行われたという。

松方さんの最後は、20年来のパートナーとされる女性と、

事務所関係者ら3人に看取られたといい「苦しみもせずに、

穏やかに眠るように逝ったということです。(死後2時間半後に病院に駆けつけ)体はやせていたけど、

顔は安らかでいい表情をしていました
」と明かした。

目黒が松方さんと最後に会ったのは、昨年12月10日。

見舞いに行ったときで、目黒が声を掛けると「おお」「そうか」などと反応していたという。

昨年2月から入院していたが「何万人、10万人に1人くらいの難しい病気。

放射線治療や投薬をしていて、手術は難しい病気でした。ずっと入院していましたが、

常に前向きな人なので仕事に復帰したいという気持ちは強く思っていたと思います


と話した。

兄として、俳優として尊敬していた。「数え切れないくらい思い出はありますが、

背中が見えないくらい、常に僕のはるか前を行っていた。

小さい頃からけんかをしたりいろいろあったけど、まだ実感は…。

徐々に寂しさが湧いてくるのかなと思います
」。

また、とにかく明るい人だったといい「思い浮かぶのは底抜けの笑顔。

自分の心には正直な人だったので周りに迷惑をお掛けしたこともあったけど、

多くの人が憎めない人と言ってくれていた。それが弟としては、うれしくもあり、

ちょっと悔しくもあり、かなわないと思いました。変な話ですけど、向こうでも元気でいてほしい


と目を赤くした。

c0144828_8441240.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-22 16:22

夏目三久 女優に本格転身 「あさチャン!」降板

c0144828_8445887.jpg


人気フリーアナの夏目三久(32)が、メーンキャスターを務めている

TBS系朝の情報生番組「あさチャン!」を3月いっぱいで“卒業”し、

女優に転身する。

c0144828_9175270.jpgしかも、その理由が実に興味深い。

昨年の芸能界最大のミステリーといわれた夏目と

人気芸人・有吉弘行(42)の

「熱愛報道」が関係しているというのだ。

2大朝刊スポーツ紙が、その真偽を巡って

真っ向バトルを繰り広げた騒動の裏で交わされた“密約”とは――。

元日テレの看板アナの夏目が、3月いっぱいで「あさチャン!」を降り、

4月以降はアナウンサー業にいったん、ピリオドを打つといわれている。

c0144828_9281846.jpgとりあえず、全ての退路を断つという話になっているから、夏目本人も本気のようです。TBS系の『あさチャン!』だけでなく、日本テレビ系日曜夕方の『真相報道バンキシャ!』にも同様に降板を申し出ているが、日テレサイドからは猛烈に慰留されているそうですけどね」(関係者)

夏目が自ら崖っ縁に立って

「本気で挑もう」としているのはズバリ女優業だ。

とはいえ、地道に下積みを続ける女優が星の数ほどいるなか、

元人気アナというだけで、簡単に転身できるかは未知数だ。


c0144828_8464998.jpgだが、夏目の女優転身志望を知ったテレビ局関係者からは

夏目なら、ひょっとするとポスト野際陽子になれるかも…」という声も出ている。確かに、野際といえば元NHKアナウンサーの経歴を忘れるほど、誰もが知る名女優となった。ドラマ関係者がその野際に例えるほど期待するのには、それなりの理由がある。それは夏目が女優転身を決意した裏事情にあった。

「夏目は昨年、一部スポーツ紙で有吉との熱愛やそれを否定する報道、その後は週刊誌などに破局まで報じられ、精神的にかなりのショックを受けたようなんです
」(キー局関係者)

いきなり某スポーツ紙が1面で「熱愛」を報じたかと思えば、直後に別のスポーツ紙が「否定」と打ち消し、読者は「いったいどうなっているんだ!?」と大混乱した。おまけに、テレビのワイドショーが“芸能界の大人の事情”で突っ込んだ内容には触れられず、結局、真相は分からずじまいだった。まれにみるミステリーだったが、ここへきてその真相も見えてきた。

c0144828_96840.png熱愛を報じたスポーツ紙には、ある大物芸能プロ幹部が後ろ盾になったんです。だから本人や関係者から徹底否定されても書き続けたんです。実際に夏目は有吉と結婚し、一時は芸能界引退をしてもいいと真剣に考えていた。そんな夏目を説得し、有吉と別れるよう迫ったのが事務所の社長だった。逆に熱愛否定を報じたスポーツ紙は、この事務所社長筋が後ろ盾になったんです」(同)

その社長が今回、夏目の「あさチャン!」卒業を渋々認めて、女優への転身をバックアップすることにしたのは「有吉と別れた夏目に対する“ごほうびの密約”だったようです」と同関係者は明かす。

夏目にとって女優本格始動のノロシといわれているのが、まずは事務所の先輩、堺雅人(43)とのCM共演だ。さらには「今秋以降に放送されるフジの“月9”ドラマが内定した」との情報まで急浮上している。しかも「ヒロイン、もしくはそれに準ずる重要な役」というのだから驚く。

c0144828_8491331.jpgいまや低視聴率ソフトに成り下がったフジの“月9”は中堅以上の女優は誰も出たがらない。そんな間隙を縫うように名前が浮上したのが女優転身で話題性がある夏目。フジはいまさら誰をキャスティングしても数字が取れないことは百も承知。夏目を起用することで、堺主演の人気ドラマ『リーガルハイ』の続編など、なんとか人気の堺とのパイプを強めたいという意向なのです」(前出の芸能プロ関係者)

視聴率低迷が続くフジテレビにとって「リーガルハイ」は数字が見込める数少ない人気ドラマ。これまでシリーズ2期に加え、スペシャルドラマを放送し、いずれも話題となった。「しかも堺の相手役があの新垣結衣ですからね。『逃げ恥』で乗りに乗っているガッキーだけに、“シーズン3”となればかなりの数字が見込めますから、フジはどんな条件だってのむでしょう」(同)

安定したキャスターの座を捨てて挑む女優業が実現すれば話題になること必至だが、果たして…。


c0144828_8583323.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-16 07:32

殺人で 「モーニング」 講談社編集次長逮捕


c0144828_9583520.jpg



講談社の編集次長を逮捕 妻殺害

出版大手の講談社で、

人気漫画雑誌の編集次長を務める社員が、

去年8月に東京・文京区の自宅で38歳の妻の首を圧迫して殺害したとして、

殺人の疑いで逮捕されました。

警視庁によりますと、調べに対して容疑を否認しているということです。


逮捕されたのは、出版大手の講談社で、

人気漫画雑誌「モーニング」で編集次長を務め、

東京・文京区に住む韓国籍の朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)。

警視庁の調べによりますと、

朴容疑者は、去年8月に自宅で妻の※佳ナ子さん(38)の

首を圧迫して殺害したとして、殺人の疑いが持たれています。

警視庁によりますと、妻が自宅で倒れているのが見つかった際、

朴容疑者が自宅にいて、付近の防犯カメラの映像でほかの

人物が部屋に侵入した形跡がなかったことなどから、逮捕したということです。

警視庁は、夫婦の間に何らかのトラブルがあったと見て

詳しい経緯を調べることにしています。

警視庁の調べに対し、朴容疑者は「間違っています。

妻に手をかけるようなことはしていません」と容疑を否認しているということです。

※「ナ」は「菜」の草冠の下が「爪」でその下に「木」※


講談社コメント

講談社は「このような事態になり、大変遺憾です。本人は無実を主張しており、捜査の推移を見守りつつ、社として慎重に対処してまいります」とコメントしています。



c0144828_100074.jpg


朴容疑者とは

複数の出版関係者によりますと、朴容疑者は出版大手の講談社に平成11年に入社後、人気漫画雑誌の編集を担当してきました。これまでに、週刊の漫画雑誌「少年マガジン」の副編集長や、新たに立ち上げた雑誌「別冊少年マガジン」の初代の編集責任者を務めたほか、現在は週刊の漫画雑誌「モーニング」の編集次長を務めているということです。

このうち、

「別冊少年マガジン」では、巨人と人間の戦いを描いた

作品「進撃の巨人」がヒットしてアニメ化もされるなどして、

社内では優秀な編集者として知られていたということです。


新聞にコラム執筆も

講談社によりますと、朴容疑者は、

平成11年からおよそ18年間勤務し、

現在は、週刊漫画雑誌「モーニング」の編集部で

編集次長を務めているということです。

朝日新聞でコラムを月に1度程度掲載していた時期もあり、

その中では「漫画や小説には多くの人物の生き様や価値観が描かれています。

たくさんの子どもがたくさんの本を読んで大きくなっていけるように、

魅力的な作品作りをこれからも心がけます」などと、

仕事にかける思いを伝えていました。

また、コラムでは、初代の編集責任者として創刊に携わった「別冊少年マガジン」で連載を始め、その後アニメ化されるなど大ヒットした漫画「進撃の巨人」についても触れていて、「『死』がこの作品のテーマの1つと言えるでしょう。死が多く描かれていますが、『命』を軽んじているわけではありません。死があまり登場しない、ほかのヒット作品と同様に、命を大切に扱った傑作と言えるでしょう」などと記していました。

また、本人のものと見られるツイッターには、「ほんと、漫画が好きです」との書き込みほか、漫画家志望の人などに質問を呼びかけてやり取りをしていましたが、最後に更新されたのは妻が死亡するおよそ1週間前の去年8月1日でした。

c0144828_1005995.jpg



氏名  朴鐘顕(ぱくちょんひん)
年齢  41歳
学歴  京都大学卒業
住所  東京都文京区
職業  講談社編集次長
国籍  韓国


朴鐘顕(ぱくちょんひん)は2009年に講談社の編集長として「別冊少年マガジン」立ち上げ。創刊と同時に「進撃の巨人」「七つの大罪」など連載をスタートさせたカリスマ編集者として有名。

2015年6月からはモーニング編集部に異動し、現在は編集次長を務めている。

朴鐘顕の住まいと家族構成

朴鐘顕は東京都文京区千駄木に2階建ての一軒家を所有し、家族構成は38歳の妻と間に、子どもが4人もいる大家族。上の写真は朴鐘顕と奥さんが写ったもの。

韓国籍の朴鐘顕が文京区に一軒家を所有するということは、奥様が良いところのお嬢様なのか、カリスマ編集者の朴鐘顕が講談社から相当なお給料を貰っているものと予想されます。



c0144828_1013423.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-10 15:52

訃報 俳優の神山繁

c0144828_7514681.jpg



俳優の神山繁(こうやま・しげる)さんが、

3日に死去した。87歳だった。

神山さんは1929年1月16日生まれ、東京出身。

1952年に文学座に入り、演出助手を経て俳優になった神山さんは、

63年に現代演劇協会設立に参加。

65年にスタートしたドラマ『ザ・ガードマン』で人気を集め、

映画『ブラック・レイン』(89年、リドリー・スコット監督)、

『踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年、本広克行監督)、

『沈まぬ太陽』(09年、若松節郎監督)、

『アウトレイジ ビヨンド』(2012年、北野武監督)などに出演した。

事務所のサイトには「俳優・神山繁は、1月16日に米寿の祝を迎えるはずでございましたが、

2017年1月3日穏やかに安らかに旅立ちました。享年87歳」と報告。

「『葬式無用、戒名不用』という生前の本人の意志を尊重致しまして、

近親者のみで静かに見送ることができました。

皆々様の生前のご厚誼に深く感謝申し上げます。ありがとうございました」と

感謝のメッセージが掲載された。





c0144828_8251910.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-04 10:46