「ほっ」と。キャンペーン

訃報 松方弘樹

c0144828_1840030.jpg




昨年2月から入院していた

俳優の松方弘樹

21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。東京都出身。

昨年2月に体調不良を訴えて入院していた。

東映の時代劇ややくざ映画を中心に活躍したスター俳優だった。


c0144828_18402360.jpg松方さんは昨年3月に悪性の脳リンパ腫を公表し、長期療養に入っていた。

脳リンパ腫は、中枢神経系にできる悪性のリンパ腫で、

血液細胞の1つのリンパ球が腫瘍化したもの。

悪性リンパ腫の中でも発症率が低く、

10万人に1人のまれな病気とされる。

発症は60歳前後の高齢者がもっとも多いという。

松方さんは手術を受けず、投薬治療の方針を明かしていた。

東映の時代劇映画などで活躍し、

テレビでもNHK大河ドラマ「勝海舟」や「遠山の金さん」に主演した。

マグロ釣りが趣味で、バラエティー番組に出演。

笑い上戸の明るいキャラクターで愛されていた。




脳リンパ腫とはどんな病気?予防や早期発見の方法 
脳リンパ腫は正式には中枢神経原発悪性リンパ腫といい、

血中のリンパ球が脳で異常に増えてしまい悪性リンパ球となってしまう脳腫瘍の一種。

血中のリンパ球が異常に増え、ガン化してしまい、リンパ腫という腫瘍を作ります。

このリンパ種の形状や性質は大きく分けて

2種類(・ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)に分類されます。

日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫の方で全体の90%を占める。

中高年に発症することが多い病気ですが、

免疫力が低下している若い人へも発症するケースがある。

脳リンパ腫の予防策はない。

そもそも様々な要因が重なって起こる病気なので

生活習慣を正す他効果的な予防策はない。

早期発見の為には病院に行って検査を受けること。


c0144828_1841265.jpg




目黒祐樹「自分の心には正直な人」兄松方さん悼む

21日に脳リンパ腫のため亡くなった、俳優松方弘樹さん(享年74)の実弟で、

俳優の目黒祐樹(69)が23日夜、都内の自宅前で報道陣の取材に応じた。



c0144828_8404164.jpg目黒は冒頭「兄が2日前の午前11時26分に旅立ちました。

長い芸能生活の中、皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。

とても穏やかな、安らかな顔で旅立ったのがせめてもの救いだと思っています


とあいさつした。

松方さん本人の生前の意向で、この日密葬が行われたという。

松方さんの最後は、20年来のパートナーとされる女性と、

事務所関係者ら3人に看取られたといい「苦しみもせずに、

穏やかに眠るように逝ったということです。(死後2時間半後に病院に駆けつけ)体はやせていたけど、

顔は安らかでいい表情をしていました
」と明かした。

目黒が松方さんと最後に会ったのは、昨年12月10日。

見舞いに行ったときで、目黒が声を掛けると「おお」「そうか」などと反応していたという。

昨年2月から入院していたが「何万人、10万人に1人くらいの難しい病気。

放射線治療や投薬をしていて、手術は難しい病気でした。ずっと入院していましたが、

常に前向きな人なので仕事に復帰したいという気持ちは強く思っていたと思います


と話した。

兄として、俳優として尊敬していた。「数え切れないくらい思い出はありますが、

背中が見えないくらい、常に僕のはるか前を行っていた。

小さい頃からけんかをしたりいろいろあったけど、まだ実感は…。

徐々に寂しさが湧いてくるのかなと思います
」。

また、とにかく明るい人だったといい「思い浮かぶのは底抜けの笑顔。

自分の心には正直な人だったので周りに迷惑をお掛けしたこともあったけど、

多くの人が憎めない人と言ってくれていた。それが弟としては、うれしくもあり、

ちょっと悔しくもあり、かなわないと思いました。変な話ですけど、向こうでも元気でいてほしい


と目を赤くした。

c0144828_8441240.jpg

[PR]

# by a19750601 | 2017-01-22 16:22