NHK現役女子アナが高級愛人クラブに登録していた

NHKの地方局(室蘭放送局)の現役女子アナウンサーが、
高級愛人クラブに登録していたことが
週刊文春と新潮で報じられ話題となっています。

週刊文春で、地方局採用の契約キャスター・高田陽子アナ(仮名・20代)と

報じられている人物は山崎友里江

c0144828_05751100.jpg


週刊新潮では、もう一歩踏み込んで、NHK室蘭放送局に勤める女子アナウンサー(25)と

詳しく報じているため、顔画像や年齢などのプロフィールから

山崎友里江アナウンサーではと特定が進んでいます。

リンク050.gif先日、NHK女子アナウンサーとキャスターの不倫現場がフライデーされた
NHKで(フライデーNHK不倫アナウンサーは誰?
斉藤孝信と早川美奈が「まるごと山梨」を降板しHPから名前を削除されていた)、
今度は、週刊文春と週刊新潮が同時にスクープを放ちました。


NHKの現役アナウンサーがデートクラブに登録していて、
本人も登録していることを認めているというのです。
c0144828_059755.jpg


この人物について、7月13日発売の週刊文春では、
NHKの某地方局に勤める20代の現役女性アナウンサーで、
契約キャスターの高田陽子アナという仮名で報じていますが、
同日発売の週刊新潮では、某地方局がNHK室蘭放送局であること、
20代としている年齢が25歳であること、
そして、外見は清楚なロングヘアが印象的な女子アナであることが報じられました。

山崎友里江アナとはどんな人物なのでしょうか。

週刊文春と週刊新潮では、デートクラブに登録した
女子アナについて以下の特徴を挙げています。

25歳
NHK室蘭放送局契約キャスター
清楚なロングヘアが印象的
1991年12月23日生まれで、現在、25歳です。
東京都三鷹市出身で、東海大学を卒業後、23歳の時に、
ウェザーニュースのキャスターオーディションを受けていて、
その時のプロフィールには、高校から華道を嗜み、
学生時代は花屋でバイトをしていたことと、
将来はアナウンサー志望であることが書かれていました。

c0144828_1323758.png


2015年にNHK室蘭放送局に契約キャスターとして入局して、
北海道の夕方の情報番組「ほっとニュース北海道」
などの番組を担当していました。

現在、NHK室蘭放送局には1人の男性アナウンサーと、
4人の女性キャスターがいます。
c0144828_056586.jpg


男性のアナウンサーは山田貴幸で、4人の女性キャスターは
森寛子、上沼亜弓、松本麻郁、山﨑友里江です。

先日のNHKアナウンサーの不倫がフライデーされた時は、NHKのHPからNHK甲府放送局の斎藤孝信アナと早川美奈女子アナのプロフィールが消される事態となりましたが、今回も、スクープを受けての対応の影響か、NHKのHPからNHK室蘭放送局の4人の女性キャスターのプロフィールが見れない状況になってしまっていました。

c0144828_185446.jpg

今回のスクープについてNHK広報局は、
「スタッフのプライベートなことは承知しておらず、お答えできません」
とのことで、事実なり、処遇については、
先日のNHK不倫報道の時と同じように公表しない方針のようです。

山崎友里江アナは、週刊新潮の直撃質問に対し、デートクラブについては、
結婚相談所みたいなものであり、愛人クラブであることは
知らなかったと答えていますが、さすがにその2つの違いには
入会手続きの時に気づくはずでしょう。

デートクラブは週刊新潮の記事に掲載されているHP画像から、
会員制高級交際クラブ/デートクラブ 『ユニバース倶楽部』
あることがわかります。

050.gifユニバース倶楽部』は、最近TVで話題となっている金持ちの男性から
お金を援助してもらう「パパ活」をウリにしており、
女性は登録無料、男性は入会金がスタンダードの
3万円からブラックの30万円まで4段階、
デートのセッティングが各段階2万円~10万円となっており、
デート後に意気投合すれば、交際条件について
話し合い定期的に会うようになるというものです。

c0144828_175882.jpg

山崎友里江アナは、ユニバース倶楽部の札幌支店に
山内玲子の名前で登録をしていました。
プロフィールには身長160cm、体重48kgのEカップで、
現役アナウンサーであるとの説明があったとのこと。
結婚相談所と思っていたのなら、偽名で登録した意味がわかりません。

契約アナウンサーのお給料はそれほど高くないようですし
(山崎さんの場合は手取りで20万円いっていないとのこと)、
ついつい軽い気持ちでクラブに登録したのかもしれません。

スクープされて始めてその重大さに気づいているところでしょう。

山崎友里江アナは、NHK室蘭での活躍をきっかけに、
実は東京での仕事が決まっていて、
NHK室蘭は辞める予定だったそうです。

NHK室蘭では今年の4月と異例時期に
契約アナウンサーを募集していましたが、
山崎友里江アナの代わりを探していたのかもしれません。

法的には問題はないと言え、イメージが大切な女子アナウンサーにとって、
今回の報道は、致命的なものだったのではないでしょうか。

自業自得とは言え、やっとつかんだ夢であるアナウンサーの仕事、
そして、東京でのステップアップとなる仕事、
どちらも失うことなるかもしれないことを少しでも
登録前に考えなかったのか、残念でなりません。

c0144828_164199.jpg

[PR]

by a19750601 | 2016-07-12 08:47

NHKアナ2人が不倫降板

NHKの平日夕方情報生番組のキャスターを務める地方局の30代後半男性アナウンサーと、20代半ばの女性アナウンサーが不倫し、何と車内で性行為をする様子を1日発売の写真誌「FRIDAY」が報じた。堅いイメージの同局だが、この2人は野獣のようだ。

c0144828_19342974.jpg



同誌は6月下旬、番組終了1時間後の午後8時ごろ、市街地から車で15分の距離の郊外の路上で2人が車内で性行為に及んでいるとみられる様子を激写した。  「女性が男性の上にまたがる」「上下に動いた」などと描写し、足や2人が抱き合っている写真を掲載した。

男性アナはお笑い番組の司会もこなした実力派で、女性アナは和風美人の契約アナ。男性アナは既婚者で、2人は不倫関係だった。同誌に直撃された男性アナは関係を否定していた。

2人は報道前日の6月30日放送回から同番組には出演しておらず、ホームページからもプロフィルやブログが削除された。関係者は「昨日(30日)から一身上の都合で降板しています」としている。

2016年6月下旬、フライデーによって激写されたNHKアナウンサー二人の不倫画像。

c0144828_1927352.jpg


c0144828_19291389.png


何とも艶めかしく映し出される早川美奈の両脚。これほどバッチリと不倫現場をスクープされてしまうだけあって、早川美奈と斉藤孝信は自分達の不倫は周りにはバレていないと思っていたようです。

c0144828_19301091.jpg


それを裏付けるかのような早川美奈と斉藤孝信の行動はあまりにも堂々としたもので、早川美奈と斉藤孝信の不倫行為は週に数回、多い時では間を空けずに三日間連続で行われることもあり、不倫行為が終了した後、斉藤孝信は早川美奈に自宅近くのコンビニまで送ってもらうという姿も何度か目撃されています。

c0144828_19304458.jpg


ちなみに車で密会することが多かったという斉藤孝信と早川美奈。その理由はホテルや飲食店を利用すると不倫していることがバレてしまうというものだったそうですが、どこか脇が甘い警戒心だったようです。
c0144828_19311762.jpg


片側一車線である狭い国道を登って来て停車帯に車体を寄せた黒のワンボックスカーの中では、助手席でそそくさとスカートを下ろす女性と、辺りをうかがうような様子を見せた運転席の男性がおり、その後二人は激しく行為に及んだことがフライデーにより生々しく綴られています。

c0144828_21443593.jpg

c0144828_21451438.png

まるで野獣の様だと称された不倫に励むNHKアナウンサーの二人は、最初は加賀隆一と山田優花という仮名で報じられていましたが、”お堅いテレビ局で地方のニュース番組を担当している現役アナウンサーである”とフライデーは掲載。

c0144828_19351482.jpg


早川美奈と斉藤孝信。両アナウンサーの不倫はフライデーによりスクープされて明らかになりましたが、実は2016年の1月頃からネットでは早川美奈と斉藤孝信の二人が連れだって飲みに来る姿が目撃されており、その頃から二人は不倫関係にあったのではないかという情報もあります。
更にフライデーに早川美奈と斉藤孝信の不倫の情報を持ち込んだのは、NHK内部からのタレコミだという情報もあり、NHK局内では早川美奈と斉藤孝信の不倫関係はバレバレだった模様です。

c0144828_19355713.png


c0144828_21374199.jpg

[PR]

by a19750601 | 2016-07-02 22:23

武井咲の抱える重大な問題

恋愛スキャンダルだけではなかった!

武井咲の抱える重大な問題


c0144828_18312721.jpg



4月27日発売の写真誌「FLASH」に女優・武井咲と

EXILEのTAKAHIROとの交際が報じられ、

各方面に波紋を呼んでいる。

二人は去年、放送されたドラマ『戦力外捜査官』(日本テレビ系)で共演しましたが、

その時は特に噂にもなりませんでした。

ところが、今年の3月に放送されたスペシャルの海外ロケでマカオに行き、急接近。

その後も都内の飲食店での食事を何度も目撃され、

今回は、TAKAHIROのマンションに入るところを撮られましたから、

言い訳は難しいですね。

小栗旬と石原さとみをはじめ、

海外ロケがきっかけで交際に発展するパターンが本当に多いですね
」(女性誌記者)

これが武井にとっては、初めてのスキャンダル。

しかも、相手のTAKAHIROは板野友美との交際を否定したばかりとあって、

様々な憶測を呼んでいる。

事務所サイドは、母親もいる中で鍋パーティをしていただけだと、

恋愛関係を否定していますが、

武井サイドの事務所にはもうひとつ頭の痛い問題があるんです
」(前出・女性誌記者)

 その理由について、ある番組スタッフはこう語る。

「実は、事務所サイドが本当に頭を痛めているのは、

武井の激太りにあるんです。もともと武井は見かけによらず大食いのようで、

撮影中のロケ弁当も自分の分だけでなく、

マネージャーの分まで手を伸ばす食いしん坊。

そのうえ、TAKAHIROとの恋愛騒動からくるストレスから過食に走り、

上半身はまだしも下半身がパンバンで、

事務所サイドから下半身撮影禁止が出るという噂も流れています」

国民的美少女を襲った突然の恋愛スキャンダル。

展開しだいでは、武井咲の今後の芸能生活に影響を及ぼしかねない。

[PR]

by a19750601 | 2015-05-16 08:25

オセロ中島 井上陽水との不倫

オセロ中島 井上陽水との不倫愛

相談するうちに霊能者に傾倒


c0144828_101917.jpg

都内の高級住宅街に建つ超高級マンション。その一室にお笑いコンビ・オセロの中島知子(39)と“彼女”はふたりで同居していた。現在、中島は入院中だというから、“彼女”はそこにひとりで暮らしているのだろうか――


4月25日に突然の休養宣言を発表し、中島はいまやテレビから完全に姿を消してしまった。彼女をこんなふうに“壊した”原因について、『週刊文春』(7月14日号)は、歌手・井上陽水(62)との不倫と報じている。

NHK大河にも出演し、映画では主演女優も務めた売れっ子芸人だった中島だが、そもそも彼女に異変が表れたのは2年前のこと。以下は、芸能関係者の談。

c0144828_1025271.jpg


ちょうどそのころ、中島さんは六本木のホテルで暮らしていたんです。“ホテルのご飯がおいしすぎる”なんてよくいって、好んで食べていたのがすき焼き。朝から食べることもあって、1か月のうち20回のことも。あっという間に太り始めたんです

彼女が激太りするようになった原因こそが、井上との不倫だった

c0144828_1054651.jpg


「陽水さんとは、新幹線に乗り合わせて話をするようになり、やがて交際に発展したそうです。当時から奥さんの石川セリさん(58)と別居していたんですが、陽水さんの家の近くのレンタルビデオ店でも中島さんの姿がよく見かけられていたんです。中島さんは結婚を望んだそうですが、結局、陽水さんのほうが離婚できなかったみたいですね」(前出・芸能関係者)

c0144828_1081773.jpg結果、井上とは、2009年ごろに破局。その過程で中島の悩み相談に乗っていたのが、40代の女性霊能者・A子さんだった。

「そもそもA子さんは、芸能人の間では霊能者として有名な人です。中島さんがA子さんと知り合いになったのは6年ほど前のこと。知人の紹介ということですが、当時はまだちょっとした悩み事を相談する程度でした。それが、不倫愛の相談を重ねるうちに、次第に何かとA子さんに助言を求めるようになっていったんです」(前出・芸能関係者)

相方の松嶋尚美(39)が結婚した際には、中島が挙式の日取りや場所を変えたほうがいいと松嶋に進言したが、それもA子さんのアドバイスによるものだった。

[PR]

by a19750601 | 2011-07-05 12:40

大桃美代子が会見 ツイッターは「感情抑えられなかった」

c0144828_18432439.jpg


騒動の発端は すでに削除された 大桃美代子本人のツイッター

c0144828_18404652.jpg


c0144828_575313.jpg元夫のAPF通信社・山路徹代表(49)とタレント・麻木久仁子(48)との不倫を自身のツイッターで暴露したタレントの大桃美代子(45)が24日、都内で会見を開いた。騒動以降、2回ほどツイッターを更新しては削除していた大桃だが、この日は自らの口で「感情を抑えることができず、多くの方にご迷惑をおかけした。自分の至らなさがあった」と謝罪。交際を知り「ショックだった」と騒動について釈明した。

大桃が19日深夜に自身のツイッターで「ショックだったのは、元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかったこと。先輩として尊敬していたのに、ショック」とつぶやいたことから、今回の騒動に発展。

大桃側に動きが見られないまま、麻木は22日に会見を開き、お互いに離婚成立前から交際していた事実を認めたものの、既に山路氏の夫婦関係が破綻していたと主張して不倫関係を否定。その山路氏とも「私の精神的、体調的、金銭面的に疲れてしまうことがあり」約1ヶ月前に破局していたことを明かした。


この日の 不倫の麻木の記者会見は


c0144828_18495582.jpg



タレントの麻木久仁子(48)が22日、東京・赤坂のTBSで緊急会見し、タレント、大桃美代子(45)の元夫
c0144828_18533525.jpgでAPF通信社代表の山路徹氏(49)と2006年から交際していたことを認めた。大桃がツイッターで暴露した「不倫」関係は事実だった。しかも、交際開始時は麻木と山路氏は既婚者同士でW不倫状態。さらに、麻木は山路氏に対し公私にわたり金銭的援助を続けた末、1カ月前に破局したことを明かした。

水曜コメンテーターを務めるTBS系「ひるおび!」の生放送後、麻木は約50人の報道陣が待つ会見場に姿を見せた。

不倫騒動は、19日、大桃がツイッターに「元夫が麻木久仁子さんと不倫をしていた事がわかった」とつぶやいたことから勃発。麻木は「山路さんとお付き合いしておりました。ただ、つい先日、別れを迎えることになりました。1カ月たつかたたないか、ごく最近です」と切り出した。

麻木によると、山路氏とは十数年前に仕事を通して知り合い、麻木が元夫の作曲家、松本晃彦氏(47)と離婚した06年3月の直前に交際を開始。山路氏と大桃は09年11月に離婚が発覚したが、麻木は「2006年6月に離婚したと聞いている」と説明。とはいえ、一時はW不倫状態にあり、不倫は約3年にわたっていた。

c0144828_18512458.jpg会見で、麻木は「すでに結婚生活が実態として終了し、あとは離婚届を出すだけの状態だと理解していました。私も別居していて、いつ離婚届を出すかという状況。私の認識では(お互い)離婚状態だった」と釈明。だが、交際当時を振り返り「これって不倫になるのかな?と冗談で話してました」ともらし、不適切な関係という認識があったことをうかがわせた。

麻木にとって、山路氏は「心から尊敬するジャーナリスト」であり、「ともに歩んでいける」特別な男性。「いつ
か分からない将来、2人が続いていたらいいね」と語り合ったこともあり、所属事務所や関係者にも交際を報告していた。


山路氏ツイッターでは


c0144828_20535911.jpg


事実、お互いの離婚成立後は再婚に障害がなくなり、「(16歳の)娘がハタチになるまでは誰とも同居しない」と4年後を見据えていたが、その途中で破局を迎えた。

 「精神的、肉体的、金銭的に疲れてしまった。お互いに大人ですから、ナアナアではすませられなかった」。文字通り、コメンテーターらしくスラスラと発言してきた麻木だったが、別れの理由を問われると、目に涙をため、唇をかみしめた。

麻木は仕事の資金繰りに苦しむ山路氏のため、同氏の住むマンションの家賃、車の購入代金などを支払っていたという。詳細は語らなかったが、金銭問題が要因だったことも明らかになった。

 「不倫」という言葉をさけながらも交際を認め、さらに元夫の金銭問題まで口にした麻木に対し、大桃はこの日深夜、ツイッターを更新し“会見”の開催を予告。女のバトルは新展開を迎えた。








もう このツーショットは見られないかも
c0144828_18564241.jpg


2人の知的美熟女を“翻弄”した山路徹とは、一体どんな人物なのか。山路氏は番組制作会社のディレクターを経て30代前半でAPF通信社を設立。制作会社に在職中は大型報道番組の制作に携わり、いまもAPF通信の会合時などに、当時の体験談を披露している。山路氏を知る関係者は、その人となりについて次のように言う。

 「硬派のジャーナリズム論を熱く語るのが好きな人ですが、口調は穏やかで、議論になっても相手の話をじっくり聞く。それでいて最後には場を仕切る才能の持ち主です。男女を問わずマメに気を使うタイプで、周囲にはさまざまな職業の人が集まっています」

ソフトな物腰の一方で、熱情的な部分も持ち合わせている。趣味はクルマで大型の四駆など2台を所有。カーレースも好きで、A級ライセンスも持っている。ただ、お金については鷹揚なところがあるようで、「質の高い報道をすれば、お金(=経費)は後でまかなえる」と常々語っていたという。

麻木との結婚は、親しい人たちの間では“公然の秘密”だったようだ。しかし、山路氏が私生活を語ることはほとんどないため、話題になることはなかった。先月、山路氏がミャンマーで拘束された際、「本名・松本徹」と報道されたことについても、詳しい事情を知る者は少なかったという。そうした謎めいた経歴も山路氏のカリスマ性を高めていたようだ。

c0144828_553295.jpg


今年、大ブレークした戦場カメラマンの渡部陽一とは古くからの知り合い。意外なところでは、新党大地代表で今月6日に収監された鈴木宗男前衆院議員(62)とも親しい。ちなみに、その鈴木氏を山路氏とともに支援している弘中惇一郎弁護士とは今回、麻木との“金銭問題”をめぐって相対することになりそうだ。

山路氏は24日、代表を務めるAPF通信社社員を通して「大桃さんと話した上で会見をしたい」と意向を示していた。さらにこの日は、麻木が所属事務所のファクスを通じて、山路氏と婚姻関係にあった事実を明らかにし、麻木と結婚し、約1カ月前に離婚したことも発覚した。

2人の知的美女タレントと結婚、離婚をした「モテ男」山路氏の発言が注目される。

[PR]

by a19750601 | 2010-12-24 12:30 |