タグ:訃報 ( 98 ) タグの人気記事

アイドルグループ・エビ中 松野莉奈 急死

c0144828_9421937.jpg


アイドルグループ・私立恵比寿中学(エビ中)の

メンバーである松野莉奈さんが、

2017年2月8日に急死しました。

この訃報はエビ中ファンでなくと

「18歳アイドルの突然死」として大きく報道されました。

松野さんは「りななん」というニックネームでファンから親しまれています。

アイドル好きの筆者も、エビ中ではりななんを推していました。

僕にとっては、人生で初めて経験する「推しの死」です。

松野莉奈というひとりの素晴らしいアイドルがいたという

記録を残したくて、そして僕が抱いた強烈な後悔を他の

アイドルファンには経験してほしくなくて、

追悼の意味も込め、この記事を書くことにしました。
.

c0144828_9425678.jpg


エビ中との出会いはラゾーナ川崎「仮契約調印式」

ここからはあえて愛称の「りななん」を使いたいと思います。

りななんは「見た目は大人、中身は子供。出席番号9番、松野莉奈です」という定番の自己紹介にもあるように、身長169.5cmとメンバー1の高身長。整った端正な顔立ちと透明感も相まって『LARME』『装苑』などのファッション誌でモデルもつとめてきました。

僕がエビ中を初めて生で観たのは、2012年3月4日、ラゾーナ川崎での「メジャー仮契約調印式」というイベントでした。当時、僕はももいろクローバーZが好きだったのですが、その妹分ということで「試しに観てみるか…!」と軽い気持ちで足を運びました。

自称「King of 学芸会」のコンセプトで展開される、MCはゆるいくせにパフォーマンスは熱いという「いい塩梅」な世界観と、ヒャダイン(前山田健一)さんが手がけたユニークな楽曲で、一気に心を鷲掴みされたことを覚えています。

このイベントで、僕は初めてアイドルとの握手を体験しました。その時点で推したいメンバーは決まっていませんでしたが、気づけばデビューシングル『仮契約のシンデレラ』のリリースイベントには、行ける限り通いつめていました。
.

僕が松野莉奈を推すと決めた日

自ら公言していたとおり、歌うことに苦手意識があったりななんは、当時、少し自信なさげにステージに立っていたのを覚えています。ステージでMC中、言葉につまり涙を見せる場面もありました。

あれはたしか、ららぽーと豊洲で行われたイベントだったと思います。僕の主観に過ぎませんが、ステージから今にも吹き飛んでしまいそうな儚さ、「もしかしたらすぐに辞めてしまうんじゃないか?」とさえ感じさせる彼女を応援したい気持ちにかられ、ビビッときた瞬間があって、「この子を推す!」と決めました。それから、ペンライトはりななんのイメージカラーである青を振り続けました。

中学生にしてはクールビューティーなビジュアル、それに反して中身は天真爛漫で等身大な子供っぽさがある。とても魅力的な女の子でした。

それからは、ライブやイベントのたびに、その勇姿を見守りに行きました。エビ中現場で知り合った人の中には、今でも交流のある友人もいます。居心地も良く、本当の意味で多幸感にあふれる現場でした。

ほぼ毎日のようにあったイベントに通いたい一心で、付き合っていた恋人にウソをついてまで現場に向かいました。そのせいで、不満が爆発した恋人にグッズを破壊されたことも強烈に記憶に残っています。

歌が苦手だったりななんが、3rdシングル『梅』で少し低音な声質を活かし、ラップパートを任されたときには、自分のことのようにうれしく思ったりしました。

c0144828_947952.jpg
体調不良が死因と関係している?



8日未明、松野莉奈の容体が急変し、両親が119番通報。そのまま救急車で病院に搬送された。しかし、状態は悪化する一方で、そのまま亡くなるという悲しすぎる結末を迎えてしまう。

新聞社やテレビ局などマスメディアは、松野莉奈の死因は病死と報じている。

松野莉奈は7日、私立恵比寿中学の公式ツイッターで同日に開催される「港カヲル人間生活46周年コンサート大阪オリックス劇場」を体調不良のため出演を見合わせると投稿している。

正常な健康状態の場合はインフルエンザウイルスが体内に侵入しても、多少の免疫があるため、発症するとしても徐々に熱が上がったり、寒気を催したりするのが一般的。

しかし、急激に体内のウイルスが増殖し、過剰に免疫が反応し、痙攣や40度以上の高熱などの症状に見舞われるケースもある。この突発的な症状に体が耐えることが出来ず、脳炎や脳症に発展してしまうというメカニズム。

急激なウイルスの増殖により、体の抵抗力と免疫機能が低下してしまう場合、命の危険性も十分にあるほどインフルエンザは恐ろしい。

松野莉奈のように普段は学生をやりながら、芸能活動をするなど多忙を極めている人の場合、疲労や不規則な生活が原因で抵抗力や免疫力が低下している可能性が高く、インフルエンザや他の感染症にかかった場合、症状が重くなる傾向にある。

言うまでもなく、冬の寒くて乾燥している時期は、体が丈夫な人でも風邪や感染症に罹りやすい。今の時期、疲れや体の異変を感じている人は無理をせず、休養を取って自分の体のメンテナンスをするべきである。



死因は致死性不整脈

アイドルグループ「私立恵比寿中学」の所属事務所は急死したメンバー・松野莉奈さんの死因について「致死性不整脈の疑い」だったことを発表した。

一方、松野さんを送る会を25日にパシフィコ横浜国立大ホールで開催することも発表した。公式サイトでは、25日に開催予定だったファンクラブ会員限定イベントを中止し「どなたでもご参列できる松野莉奈を送る会」として開催すると伝えた。

また、18日に台湾で開催予定だった「祝!私立恵比寿中学初台湾ワンマンライブ!~冷静と情熱と恵比寿と台湾の間~」と、3月4日の「越生梅林梅まつり×私立恵比寿中学梅まつり応援大使就任記念トークショーイベント」を中止するという。


c0144828_9451660.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-02-08 19:33

訃報 松方弘樹

c0144828_1840030.jpg




昨年2月から入院していた

俳優の松方弘樹

21日、脳リンパ腫のため死去した。74歳だった。東京都出身。

昨年2月に体調不良を訴えて入院していた。

東映の時代劇ややくざ映画を中心に活躍したスター俳優だった。


c0144828_18402360.jpg松方さんは昨年3月に悪性の脳リンパ腫を公表し、長期療養に入っていた。

脳リンパ腫は、中枢神経系にできる悪性のリンパ腫で、

血液細胞の1つのリンパ球が腫瘍化したもの。

悪性リンパ腫の中でも発症率が低く、

10万人に1人のまれな病気とされる。

発症は60歳前後の高齢者がもっとも多いという。

松方さんは手術を受けず、投薬治療の方針を明かしていた。

東映の時代劇映画などで活躍し、

テレビでもNHK大河ドラマ「勝海舟」や「遠山の金さん」に主演した。

マグロ釣りが趣味で、バラエティー番組に出演。

笑い上戸の明るいキャラクターで愛されていた。




脳リンパ腫とはどんな病気?予防や早期発見の方法 
脳リンパ腫は正式には中枢神経原発悪性リンパ腫といい、

血中のリンパ球が脳で異常に増えてしまい悪性リンパ球となってしまう脳腫瘍の一種。

血中のリンパ球が異常に増え、ガン化してしまい、リンパ腫という腫瘍を作ります。

このリンパ種の形状や性質は大きく分けて

2種類(・ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)に分類されます。

日本人に多いのは非ホジキンリンパ腫の方で全体の90%を占める。

中高年に発症することが多い病気ですが、

免疫力が低下している若い人へも発症するケースがある。

脳リンパ腫の予防策はない。

そもそも様々な要因が重なって起こる病気なので

生活習慣を正す他効果的な予防策はない。

早期発見の為には病院に行って検査を受けること。


c0144828_1841265.jpg




目黒祐樹「自分の心には正直な人」兄松方さん悼む

21日に脳リンパ腫のため亡くなった、俳優松方弘樹さん(享年74)の実弟で、

俳優の目黒祐樹(69)が23日夜、都内の自宅前で報道陣の取材に応じた。



c0144828_8404164.jpg目黒は冒頭「兄が2日前の午前11時26分に旅立ちました。

長い芸能生活の中、皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。

とても穏やかな、安らかな顔で旅立ったのがせめてもの救いだと思っています


とあいさつした。

松方さん本人の生前の意向で、この日密葬が行われたという。

松方さんの最後は、20年来のパートナーとされる女性と、

事務所関係者ら3人に看取られたといい「苦しみもせずに、

穏やかに眠るように逝ったということです。(死後2時間半後に病院に駆けつけ)体はやせていたけど、

顔は安らかでいい表情をしていました
」と明かした。

目黒が松方さんと最後に会ったのは、昨年12月10日。

見舞いに行ったときで、目黒が声を掛けると「おお」「そうか」などと反応していたという。

昨年2月から入院していたが「何万人、10万人に1人くらいの難しい病気。

放射線治療や投薬をしていて、手術は難しい病気でした。ずっと入院していましたが、

常に前向きな人なので仕事に復帰したいという気持ちは強く思っていたと思います


と話した。

兄として、俳優として尊敬していた。「数え切れないくらい思い出はありますが、

背中が見えないくらい、常に僕のはるか前を行っていた。

小さい頃からけんかをしたりいろいろあったけど、まだ実感は…。

徐々に寂しさが湧いてくるのかなと思います
」。

また、とにかく明るい人だったといい「思い浮かぶのは底抜けの笑顔。

自分の心には正直な人だったので周りに迷惑をお掛けしたこともあったけど、

多くの人が憎めない人と言ってくれていた。それが弟としては、うれしくもあり、

ちょっと悔しくもあり、かなわないと思いました。変な話ですけど、向こうでも元気でいてほしい


と目を赤くした。

c0144828_8441240.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-22 16:22

訃報 俳優の神山繁

c0144828_7514681.jpg



俳優の神山繁(こうやま・しげる)さんが、

3日に死去した。87歳だった。

神山さんは1929年1月16日生まれ、東京出身。

1952年に文学座に入り、演出助手を経て俳優になった神山さんは、

63年に現代演劇協会設立に参加。

65年にスタートしたドラマ『ザ・ガードマン』で人気を集め、

映画『ブラック・レイン』(89年、リドリー・スコット監督)、

『踊る大捜査線 The Movie 2レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年、本広克行監督)、

『沈まぬ太陽』(09年、若松節郎監督)、

『アウトレイジ ビヨンド』(2012年、北野武監督)などに出演した。

事務所のサイトには「俳優・神山繁は、1月16日に米寿の祝を迎えるはずでございましたが、

2017年1月3日穏やかに安らかに旅立ちました。享年87歳」と報告。

「『葬式無用、戒名不用』という生前の本人の意志を尊重致しまして、

近親者のみで静かに見送ることができました。

皆々様の生前のご厚誼に深く感謝申し上げます。ありがとうございました」と

感謝のメッセージが掲載された。





c0144828_8251910.jpg

[PR]

by a19750601 | 2017-01-04 10:46

訃報 根津甚八

c0144828_8233445.jpg


2010年に俳優を引退した

根津甚八=本名・根津透=さんが29日、

亡くなったことがわかった。69歳だった。

所属事務所が発表した。事務所への取材では、

この日昼過ぎに亡くなったと連絡が入ったという。

1978年、大河ドラマ「黄金の日日」で脚光を浴び、

82年の映画「さらば愛しき大地」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。

ほかに「吉原炎上」などでも存在感が光った。

黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」などにも出演。

演技同様に寡黙な人柄だった。

2010年9月に俳優業を引退している。

根津さんは1993年に撮影で落馬し腰椎(ようつい)を損傷。

2001年ごろ右目下直筋肥大という目の病気を発症。

物が二重に見える「複視」に苦しみ、

右目下まぶたが垂れ下がってきたことから、

俳優の“顔”を取り戻すため、何度も整形手術を繰り返した。

04年7月に人身事故を起こし、被害者が亡くなってからは、

公の場に出ることがなくなっていた。

01年秋ごろからうつ病も患っており、

持病の椎間板ヘルニアも悪化したことなどで、

10年に俳優を引退した。

[PR]

by a19750601 | 2016-12-29 20:20

訃報 アーノルド・パーマー

1950年代後半から70年代にかけてスーパースターとして男子ゴルフ界に君臨した米国のアーノルド・パーマーさんが25日、米ペンシルベニア州ピッツバーグで死去した。87歳だった。米国ゴルフ協会(USGA)が明らかにした。


 AP通信などによると、死因は心臓疾患による合併症で、22日から病院に入院して治療を受けていたという。今年4月のマスターズ・トーナメントでは高齢を理由に、ジャック・ニクラス(米国)、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)の両氏とともに例年務めていた、大会の開幕を告げる「名誉スターター」の役を辞退していた。


c0144828_8541450.jpg


同州出身で、ゴルフ場のレッスンプロをしていた父親の手ほどきで3歳からクラブを握った。54年、24歳で全米アマを制した後にプロ転向し、攻めのゴルフで観客を魅了し、プロゴルフの大衆化に貢献した。同年代に活躍したニクラス、プレーヤーと「ビッグ・スリー」と称された。

 米ツアー通算勝利数は歴代5位の62勝(他にシニアツアー10勝)。58、60、62、63年に賞金王になった。メジャータイトルは7回(マスターズ4、全米オープン1、全英オープン2)にのぼり、マスターズには55年から50年連続出場し、最多出場回数記録(当時)を作った。

 97年に前立腺がんを告白し、一時ツアーを離れたが、復帰後の2001年に、自分の年齢以下のスコアで回る「エージ・シュート」を記録した。06年10月のシニアツアーの試合で途中棄権し、77歳で引退を表明した。

 
c0144828_8553561.png


現役時代から事業家としても活躍。その名を冠し傘をトレードマークにした衣類は日本独自のブランドで、ワンポイントブームの先駆けとなった。

 USGAは「パーマー氏が亡くなり、深く悲しんでいる」などと声明を出し、タイガー・ウッズはツイッターで「あなたが与えてくれた友情や助言、そして多くの笑いに感謝している」とつぶやいた。

 AP通信によると、パーマー氏と同時代に活躍したジャック・ニクラス氏は「私にとって最良の友を失った。彼は偉大なゴルファー以上の存在。ゴルフ界の象徴であり、伝説だった」と悼んだ。

c0144828_8561011.jpg

[PR]

by a19750601 | 2016-09-25 21:52

訃報 大橋巨泉

c0144828_8433949.png




広い教養と豪快なキャラクターでテレビ番組の司会者としても親しまれた

タレントの大橋巨泉さんが、12日、千葉県の入院先の病院で

急性呼吸不全のため亡くなりました。82歳でした。

大橋巨泉さんは東京都出身で、

早稲田大学に在学中からジャズの評論を始め、

大学を中退後、放送作家としてテレビの世界に入りました。

ことし4月には体調が悪化して一時的に意識を失い入院し、

病院で治療を続けていました。

6月には22年にわたって連載してきた雑誌のコラムを終了し、

最終回には「これ以上の体力も気力もありません。

書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが許してください」

と記していました。

[PR]

by a19750601 | 2016-07-12 20:40

訃報 俳優の阿藤快


c0144828_13233357.jpg



テレビドラマでの個性的な脇役のほか、

旅番組のリポーターとしても親しまれた

俳優の阿藤快(あとう・かい、本名阿藤公一〈あとう・こういち〉)が

亡くなっていたことが16日、分かった。

自宅で死亡しているのを親族が15日見つけた。

14日が69歳の誕生日だった。

病死とみられる。葬儀は近親者で営む予定。





c0144828_1324667.png数多くの映画やテレビのドラマに出演し、バラエティー番組などでも活躍した俳優の阿藤快さんが、東京都内の自宅で大動脈瘤破裂のため亡くなりました。69歳でした。阿藤さんは神奈川県小田原市出身で大学を卒業後、昭和45年に俳優座に裏方として入りましたが、俳優の中村敦夫さんや原田芳雄さんと出会ったことをきっかけに本格的に役者の道を進みました。

俳優座を退団したあとは、数多くの映画やテレビのドラマに出演し、昭和55年には黒澤明監督の「影武者」に出演したのを始め、鈴木清順監督や市川崑監督など数多くの名監督の作品で脇役として個性的な演技を見せました。悪役をはじめ、さまざまな役柄を演じることのできる名脇役として知られ、NHKでは連続テレビ小説「ええにょぼ」や「私の青空」などに出演したほか、大河ドラマにも出演しています。

また、最近は旅番組やグルメ番組などでも活躍し、気さくで飾らない性格でお茶の間の人気を博しました。
所属事務所などによりますと、阿藤さんは数日前まで仕事をしていましたが、14日から連絡が取れなくなったため、事務所の関係者などが自宅を訪ねたところ、亡くなっているのが見つかったということです。死因は大動脈瘤破裂で、69歳でした。


c0144828_13272773.png阿藤快
46年、神奈川県生まれ。当時の東京都立大卒業後、俳優座に入る。72年、「木枯し紋次郎」でテレビデビュー。「裸の街」「教師びんびん物語」などのドラマや、映画「影武者」などに出演。悪役からコミカルな役まで幅の広い演技をみせた。「ぶらり途中下車の旅」などの旅番組、情報番組のリポーターとして全国を巡り、人気を集めた。現在、TBSで放映中のドラマ「下町ロケット」に弁護士役で出演していた。01年11月に阿藤海から阿藤快に改名した。



c0144828_13275494.jpg


c0144828_1328971.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-11-16 10:20

訃報 俳優の阿藤快


c0144828_13233357.jpg



テレビドラマでの個性的な脇役のほか、

旅番組のリポーターとしても親しまれた

俳優の阿藤快(あとう・かい、本名阿藤公一〈あとう・こういち〉)が

亡くなっていたことが16日、分かった。

自宅で死亡しているのを親族が15日見つけた。

14日が69歳の誕生日だった。

病死とみられる。葬儀は近親者で営む予定。





c0144828_1324667.png数多くの映画やテレビのドラマに出演し、バラエティー番組などでも活躍した俳優の阿藤快さんが、東京都内の自宅で大動脈瘤破裂のため亡くなりました。69歳でした。阿藤さんは神奈川県小田原市出身で大学を卒業後、昭和45年に俳優座に裏方として入りましたが、俳優の中村敦夫さんや原田芳雄さんと出会ったことをきっかけに本格的に役者の道を進みました。

俳優座を退団したあとは、数多くの映画やテレビのドラマに出演し、昭和55年には黒澤明監督の「影武者」に出演したのを始め、鈴木清順監督や市川崑監督など数多くの名監督の作品で脇役として個性的な演技を見せました。悪役をはじめ、さまざまな役柄を演じることのできる名脇役として知られ、NHKでは連続テレビ小説「ええにょぼ」や「私の青空」などに出演したほか、大河ドラマにも出演しています。

また、最近は旅番組やグルメ番組などでも活躍し、気さくで飾らない性格でお茶の間の人気を博しました。
所属事務所などによりますと、阿藤さんは数日前まで仕事をしていましたが、14日から連絡が取れなくなったため、事務所の関係者などが自宅を訪ねたところ、亡くなっているのが見つかったということです。死因は大動脈瘤破裂で、69歳でした。


c0144828_13272773.png阿藤快
46年、神奈川県生まれ。当時の東京都立大卒業後、俳優座に入る。72年、「木枯し紋次郎」でテレビデビュー。「裸の街」「教師びんびん物語」などのドラマや、映画「影武者」などに出演。悪役からコミカルな役まで幅の広い演技をみせた。「ぶらり途中下車の旅」などの旅番組、情報番組のリポーターとして全国を巡り、人気を集めた。現在、TBSで放映中のドラマ「下町ロケット」に弁護士役で出演していた。01年11月に阿藤海から阿藤快に改名した。



c0144828_13275494.jpg


c0144828_1328971.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-11-16 10:20

訃報 岸朝子さん

c0144828_2210673.png


長く料理の世界を見つめてきた岸朝子さんの死去に、料理人らから惜しむ声があがった。

 「中華の鉄人」として「料理の鉄人」に出演した陳建一さんは、

出演依頼された当初は断った。

だが岸さんから「他のジャンルの人と付き合うよい機会。

チャレンジしなくてはだめじゃない」と言われ、引き受けたという。

「和洋中ジャンルを問わず、家庭料理も含め料理を

グローバルな視点で理解し、広い人脈を持つ方でした」

岸さんと初めて会ったのは50年以上前という「和の鉄人」の

道場六三郎さんは、岸さんが道場さんを鉄人に推挙したことに触れ

「本当に姉のような存在でございました」とのコメントを出した。
c0144828_2292327.jpg

3カ月前には、岸さんが道場さんの店の試食会に

訪れて料理を3品ほど食べたといい、

「訃報を聞き、がくぜんと致しております。

心より、ご冥福をお祈り申し上げます」としのんだ。

 「フレンチの鉄人」の坂井宏行さんは「緊張感みなぎる

スタジオで試食し、その場で批評するのは大変なことなのに、

きついコメントをしたことがなく、いつも穏やかな言葉で、

ホッとさせてくれました。懐が深く温和な人柄でした」と振り返る。

料理研究家・堀江ひろ子さんは、母で料理研究家の

堀江泰子さんと岸さんが同じ年の生まれ。家族ぐるみの付き合いで、

親しかったという。「面倒見がよく、人と人を結びつけるのが

上手な方でした。とても残念です」と惜しんだ


c0144828_228405.jpg

[PR]

by a19750601 | 2015-09-28 19:28

訃報 川島なお美

川島なお美さん、抗がん剤治療拒否 

最後まで女優としての人生全う



c0144828_755584.jpg



女優の川島なお美さんが2015年9月24日午後7時55分、

胆管がんのため聖路加国際病院(東京都中央区明石町9-1)で死去した。

c0144828_7555751.jpg昨年1月に腹腔(ふくくう)鏡手術を受け、仕事復帰もしていたが、

今月7日のイベントでは痩せ細った姿が見られた。

抗がん剤治療を拒否し、

女優として再び舞台に立つことはかなわなかった。

女優と恋とワインに生きた人生だった。

1年9カ月にわたった闘病生活は、抗がん剤治療ではなく、

民間療法を選択。免疫力を向上させる食事療法などを取り入れた。

その理由を 「抗がん剤の副作用でステージに立てなくなる可能性があるなら、

私は最後まで女優として舞台に立ち続けたい
」 と

周囲に明かしていた。

c0144828_757260.png
発表会での凄絶(せいぜつ)な姿も、

女優として人生を全うする覚悟の表れだった。

 「私の血はワインでできている」との名言通り、

ワインを愛したことでも知られた。

手術の後は、ほとんど口にしなかった。

代表作のドラマ 「失楽園」 をきっかけに

作家・故渡辺淳一さんとの関係が取り沙汰されるなど恋多き女性としても知られた。

また、昨年11月、鎧塚さんと一緒に眠るためのお墓を探して

東京・麻布の寺院を訪れている姿も目撃されていた。

遺書も用意し、鎧塚さんに「一緒にお墓に入りたいからできれば再婚しないでね

とのメッセージを記していた。



最後の舞台となった松本に到着したときの元気だったときの画像
この10日後の死亡だった。
c0144828_872745.jpg


2015年9月14日の最後の舞台 パルレ
c0144828_862673.jpg

c0144828_853285.jpg

c0144828_2156419.jpg



c0144828_7584963.jpg川島なお美
1960年11月10日名古屋市守山区出身。フランスの四大ワイン産地から騎士号を授与されている唯一のアーティスト。青山学院大学在学中の79年に「シャンペンNo.5」で歌手デビュー。

文化放送の深夜番組「ミスDJリクエスト」で人気を博し、
82年に日本テレビ系「お笑いマンガ道場」で
アイドル的存在となった。

女優としてキャリアを積み、
94年に映画「新極道の妻たち 惚れたら地獄」、
96年にテレビ朝日系ドラマ「イグアナの娘」に出演。

97年に日本テレビ系ドラマ「失楽園」で
濃厚なラブシーンが話題となった。


デビューシングル(左)と大ヒットアルバム
c0144828_9151030.jpgc0144828_9152418.jpg



050.gif本人最後のブログ 2015年9月19日

c0144828_815325.jpg
◆書籍「私の死生観」
発売中(角川ONEテーマ21)


川島なおみ オフィシャルブログ

川島の愛犬日記


c0144828_22303424.jpg1997年に読売テレビ(日本テレビ系列)で放送され、平均視聴率20.7%、最高視聴率27.3%を記録した連続ドラマ版「失楽園」が、17年の時を超え初のDVDになった。
c0144828_13343359.jpg


川島さんは肝内胆管がんを患い昨年1月に12時間に及ぶ手術を行った。

肝内胆管がんは肝臓内にある胆管にがんができる病気で、早期発見で手術すれば助かる可能性が高いが、川島さんは5年生存率が50%であることを公表。

しかし、仕事の意欲が衰えることはなく、今夏もイベント出演など仕事をこなし、この秋もミュージカルやソロライブなど予定がぎっしり。年内のスケジュールはぱんぱんだった。

体調が急変したのは16日のことで、23日には降板したミュージカル「クリスマス・キャロル」(11~12月)の代役発表会見に「いまは早く復帰したい一心ですが、完璧に元気になって女優に復帰できるよう当面は治療に専念させていただくことになりました」というメッセージを寄せていたがかなわず。夫の鎧塚俊彦さん(49)に看取られ息を引き取った。

1960年、名古屋市生まれ。青学大在学中にラジオの深夜番組「ミスDJリクエスト」で女子大生DJとして話題になり、「お笑いマンガ道場」(日テレ系)のアシスタントで人気が急上昇。その後、低迷期があったものの93年にヘアヌード写真集を発表して清純派を脱皮。恋多き女としても知られ、仕事ではヌードをいとわず、映画「新極道の妻たち」「鍵」「メトレス・愛人」では妖艶な濡れ場を披露。ドラマ版「失楽園」では古谷一行との濃厚なラブシーンが話題となった。

並の女優は40代を過ぎると体のラインもたるんでくるし、張りも艶もなくなるのでヌードを嫌がりますが、川島さんは52歳の時に岩井志麻子原作の映画『チャイ・コイ』で異国タイで出会った韓国人青年と激しい恋に落ちるヒロイン役を演じきった。脱ぐ以上は体にも自信があったのでしょうが、根っからの女優魂の持ち主なのです。当時はもう鎧塚さんと結婚していましたが、仕事と家庭は別物という考えでした

■心酔していた占い師の存在

そんな川島さんが夫以外で唯一、信頼していたのがある有名占い師だったという。

川島さんは風水に凝っていて、事務所の移籍や時期までその占い師のアドバイス通りに実行していました。鎧塚さんとの結婚もそうです。新しい仕事をする時は必ずアドバイスを受けていたので、がんになった時も治療方針などを含めて相談したのは間違いないはずです」 (川島さんと親しい関係者)

占い師のアドバイスかどうかは不明ですが、抗がん剤には頼らずに食事療法を中心に免疫力を高めるためビタミンCの濃縮点滴を打つなどしていました。肝内胆管がんは抗がん剤が効きにくいという一面もあるそうですが、あえて拒否したのは、入院してベッドの上で生き永らえるよりも、願わくば女優として舞台の上で死にたいという気持ちが勝ったからでしょう。女優はすべてをさらけ出してナンボという考え方の持ち主だけに、痩せこけた姿をあえて公衆の面前でさらしたのも彼女なりの美学であり哲学だったはずです」 (前出の関係者)

「私の血はワインでできている」と語るほど好きだったワインも最近ではグラスに注ぎ、匂いを嗅ぐだけだったという。最後まで女優であることにこだわり、貫いた人生だった。

胆管癌(たんかんがん)
胆管に発生する悪性腫瘍である。

胆管とは肝臓でつくられた胆汁を十二指腸へ流す導管である。

胆管は肝臓内の細い枝に始まり、次第に合流して2本の太い管(左肝管・右肝管)になり、
肝門部で1本に合流し(総肝管・総胆管)、その後膵臓を貫いて十二指腸乳頭部に開口する。

いずれの部位にも胆管癌は生じうるが、発生部位により性質や治療法が異なるため、
以下のように細分類されている。

内胆管癌(肝臓内の胆管に生じた癌)

肝外胆管癌(肝管および総胆管に生じた癌。狭義の胆管癌。本項で解説)

乳頭部癌(乳頭部胆管に生じた癌)

なお、胆嚢管(胆嚢と総胆管をつなぐ短い管)に生ずる胆嚢管癌は、胆嚢癌に含めて取り扱われる。



2015.9.25 AM8時 追記

川島なお美さん 余命1年宣告されていた…最期はワイン色のドレス

タレントの山田邦子は川島さんの夫・鎧塚俊彦さん、山田の夫、歌手・大黒摩季の夫、

3人の仲が良く、食事会を開く間柄。親交は深かった。

山田は訃報を受け、24日午後10時ごろ、病院に駆け付け遺体と対面。

耳元で「起きろと呼び掛けたがダメでした。

大黒摩季ときれいにしてあげなきゃいけない、お化粧しに行ってあげようと。

(川島さんは)小さくなっていましたが素晴らしいメークさんが付いているので、

本当にきれいになっていました。

朝も意識はないんですが、みんなでシャンプーをしてあげたんですって。

(髪の毛も)サラサラで。Tシャツだったらしいのですが、

赤いワイン色のドレスに着替えさせてあげていました。きれいでした


と声を詰まらせ、涙ながらに振り返った。



通夜 : 10月1日(木)18時~19時
葬儀告別式 : 10月2日(金)11時~13時
場所 : 青山葬儀所
東京都港区南青山2-33-20
電話 : 03-3401-3653
[PR]

by a19750601 | 2015-09-25 01:23