人気ブログランキング |

2008年NHK紅白メンバー

2008年紅白出場メンバー

c0144828_1417413.jpg
大みそか恒例の第59回NHK紅白歌合戦(12月31日午後7時20分)の出場歌手が25日、発表された。紅組26組、白組27組で26対戦。歌を聴かせるねらいで過去10年で最少組数。初出場はジェロ(27)、東方神起、青山テルマ(21)ら計14組と多い。“おバカ”でブレーク中の男性3人組の羞恥心と女性3人組のPaboはともに初出場で合体して白組で出場する。

モーニング娘。中川翔子らアイドル系が姿を消し、アキバ系に照準を合わせた昨年から一転、水谷豊、秋元順子、サラリーマン歌手の木山裕策らオトナ紅白の様相だ。


◆SPEED、藤あや子、森山直太朗ら復活

復活組はSPEED、藤あや子、森山直太朗、Aqua Timezの4組。00年の解散から今年8年ぶりに復活したSPEEDは、99年以来、通算4回目出場。

また、今回はサザンオールスターズ、B’z、竹内まりや、宇多田ヒカル、安室奈美恵らの出場も注目されていたが、「ご相談はしましたが…」(石原真チーフ・プロデューサー)と、オファーを出したものの、いずれも実現に至らなかったことを明らかにした。

今年いっぱいで活動を休止するサザンについては「この前の8月のコンサートで、気分的にもサザンとしての区切りがついたのでは」と感想をもらした。

モー娘。もアキバ系も一斉に消えた


昨年は、モーニング娘。、℃-ute、Berryz工房らハロー!プロジェクトの混合チームと、中川翔子、リア・ディゾン(22)、AKB48による“アキバ系”チームによるアイドル対決が大きな話題となったが、今年は双方とも出場者リストからこぞって名前が消えた。特にモー娘。は、98年のデビュー以来、昨年まで10年連続出場していたが、ついに記録が途絶えた。

NHKの近藤保博エンターテインメント番組部長は「今年は歌力をテーマにして、きちんと歌を歌うことを目指す紅白なのでラインに届かなかった。相対的な評価で枠外になってしまった」と説明。石原真チーフ・プロデューサーも「アイドルというのは、良いときもあればそうでないときもある」と、大ヒット曲がなかったことを挙げ、「アイドルは大御所とは違うので大変だとは思うが、ハロプロも若返りを図っているようなので、また期待しています」。

 今年のモー娘。は、5月から上海・台北・ソウルのアジアツアーを行い、上海公演では四川大地震の被災者への義援金を寄贈し、歌の力で被災者に勇気を与えた。また、2枚のシングル「リゾナントブルー」「ペッパー警部」ともに、オリコン初登場3位と好結果だっただけに、関係者は「結構ヒットしてたのに…」と肩を落としていた。

by a19750601 | 2008-11-26 14:02