人気ブログランキング |

●元はっぴいえんど・鈴木茂、大麻逮捕

元はっぴいえんど・鈴木茂、大麻逮捕

c0144828_5562618.jpg


わずか3年間の活動で「ロック=英語」という既成観念を覆した“日本語ロック”の元祖バンド「はっぴいえんど」。華麗な演奏でその名声を支えたギタリストが、大麻に手を染めていた。

同署の調べによると、17日午後2時ごろ、パトロール中の警視庁地域課の警官が、同署やフジテレビ湾岸スタジオに近い江東区青海2丁目の路上で、駐車禁止の路肩に停止中の不審車両を発見。運転席にいた鈴木容疑者に職務質問をした。

c0144828_5593280.jpg現場は、巨大倉庫が立ち並ぶ片側2車線の道路で、トラックなどの大型車の通行が目立つ。終始、うつむき加減の鈴木容疑者を不審に思った警官が車内を調べると、運転席脇の小物入れから、タッパーに入った乾燥大麻約1グラムを発見。

c0144828_6251565.jpg

警官から「これは何ですか」と訪ねられた同容疑者は、抵抗することなく「大麻です」。その場で現行犯逮捕された。取り調べでは「音楽の収録で近くまで来ていました。大麻は自分のもので吸うために持っていました」と供述している。

鈴木容疑者は「はっぴいえんど」当時から、スライドギターの名手として鳴らした。解散後の74年には、細野や松任谷正隆(57)らによる音楽ユニット「ティン・パン・アレー」に参加。80年代からは主にアレンジャーとして活躍し、真心ブラザーズなどをプロデュース。歌手の沢田研二や水谷豊、吉田拓郎、井上陽水などのバックギタリストも務めた。

ほかのメンバーが表舞台で華々しく活躍する中、“裏方”として音楽活動を続けてきた鈴木容疑者。同署によると、大麻1グラムは「4~6回吸えるほどの量」。過去に大麻での逮捕歴はないが、同容疑者の自宅を家宅捜索するなどして、使用状況などを慎重に調べる。

2009年5月発売のベストアルバムは発売中止も決定した


c0144828_6242848.jpg

by a19750601 | 2009-02-19 06:02 |