人気ブログランキング |

★酒井法子保釈

c0144828_8555754.jpg


 「決して手を出してはならない薬物に、自分の弱さゆえ負けました。自分の罪を悔い改め、二度とこのような事件に手を染めることがないよう、一生の約束として固く心に誓います」

保釈即日に開いた異例の謝罪会見。後悔の念があふれ出たのか、開始わずか2分で、酒井被告は目頭を熱くした。

会見から2時間前の午後4時29分。8月8日の逮捕以来、40日ぶりにシャバの空気を吸った。東京湾岸署の正面玄関に姿を見せると、「のりピー」の声援が飛ぶ。かつてのトップアイドルの“悲しい性”か、その声に反応し、時折笑顔を浮かべて白い歯を見せたが、すぐに神妙な表情で頭を下げた。

 「これまで酒井法子を応援してくれた皆さま、本当に申し訳ありませんでした」。第一声で短く謝罪すると、7秒間にわたって再び頭を下げた。

目には涙をためていたが、唇を噛みしめて必死に抑える。服装は黒の長袖ジャケットに黒のパンツ。左足首のタトゥーは露出しなかったが、夫の高相祐一被告(41)とペアで入れた左手薬指のタトゥーは、チラリとのぞいた。拘置中は3食をしっかり取り、軽い運動も日課となっていた。薄化粧を施されたほおは、幾分かふっくら。逮捕1カ月前にテレビ出演した際、ほおがこけ、青白かった顔とは一変。隈のような目尻のくぼみにだけ、1カ月以上にわたる取り調べの疲れが垣間見えた。

c0144828_8564817.jpg


迎えのワゴン車に乗り込もうとする酒井被告には、報道陣から「何で逃げたんですか」「覚せい剤をやめられるんですか」と矢継ぎ早に攻められる。その瞬間、東京湾からの潮風で揺れた髪の毛に、薬物使用の“爪痕”が浮き彫りになった。

襟足までのショートヘアは根元から中央まで黒色で、その先は赤茶色。これまでの供述で、毛髪鑑定で覚せい剤の使用時期や頻度が判明しないように出頭前に短くカットし、さらに染めていたことが判明。ツートンカラーの髪の毛が、隠蔽工作の証となった。

約24キロ離れた如水会館での謝罪会見では服装を“お色直し”し、濃いめのメークで登場。左手薬指と左足首のタトゥーはファンデーションで消されていた。来月26日には初公判を控える身だけに、質疑応答は受け付けず、自分の言葉だけで語った。

c0144828_8592548.jpg


 「取り返しのつかないことをしてしまった自分の弱さを戒め、反省をし、もう一度生まれ変わった気持ちで心を入れ替え、日々努力していきたく思っております」

会見のコメントは拘置中に自ら考え、3枚綴りの便せんにしたためたものをテーブルに置いて、ほぼ暗記して読んだ。無数のフラッシュを浴び、最後にはたまらずハンカチで涙を拭った。

この日の夜からは、継母が肺がんの治療をしている東京・新宿区内の大学病院に、自身も入院してメンタル面の治療を受ける。離れ離れになっていた長男(10)との対面も可能となり、人間らしい生活を取り戻していく。

c0144828_901362.jpg




◆サンミュージック・プロダクション 相沢正久副社長◆
c0144828_17232674.jpg 「本日はお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございます。元弊社所属タレント、酒井法子が本日、保釈されました。CMスポンサー、商品化権の関係各社様、並びに日本そして海外のファンの方々、ご心配とご迷惑をおかけしたすべての皆様に、酒井法子本人から直接おわびさせていただく場を設け、元所属事務所の責任者として、世間をお騒がせしましたことを改めて深くおわび申し上げます」

 「いろいろとご質問があると思いますが、10月26日に初公判を控えておりますので、誠に申し訳ございませんが、質疑応答は控えさせていただきます。なお、酒井のお子さんへの取材、報道については子供のこれからの将来のため、ご遠慮くださいますようによろしくお願いいたします」


c0144828_2219196.jpg

by a19750601 | 2009-09-17 23:54 |