人気ブログランキング |

★指名手配 市橋達也の「整形後」の写真公開 

市橋達也の「整形後」の写真を公開
整形前(左)と整形後(右)


c0144828_2314487.jpg


千葉県市川市のマンションで平成19年3月、
英国人の英会話講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=が
他殺体で見つかった事件で、
死体遺棄容疑で全国に指名手配されている市橋達也とみられる男は、
先月24日に名古屋市内の医療機関を訪れ鼻の整形手術を受ける前から、
目元や口に整形手術をしていた可能性があることが
捜査関係者の話で分かった。

c0144828_14324361.jpg

千葉県警行徳署は、市橋容疑者が繰り返し整形手術を行い、自分の顔の特徴を隠して逃亡をしている可能性があるとみて、医療機関に訪れた男の身元の特定を急いでいる。市橋容疑者とみられる男は10月24日、名古屋市内の医療機関に来院して、鼻の整形手術を実施。その後病院関係者が「市橋容疑者に似ている」として通報した。男は偽名を使っていたことが確認されており、その後、再来院することはなかった。

これまで、市橋容疑者に関しての情報提供を呼びかけるポスターでは、市橋容疑者について「一重まぶた」や「下唇が厚いこと」などの特徴を示している。捜査関係者によると、名古屋で確認された男は、身体的特徴が市橋容疑者と似ていたものの、目や口元が微妙に異なっていたという。

c0144828_18305646.jpg


捜査本部の調べでは、市橋容疑者は19年3月下旬、市川市福栄のマンションでのベランダの浴槽にリンゼイさんの遺体を遺棄した疑いが持たれている。同月26日夜、自宅マンションで捜査員に職務質問された際に、はだしのまま逃走し、その後行方不明になっていた




市橋容疑者は福岡県などを行き来しながら複数個所で整形手術を受けたことがわかっており、手術費用などは多額にのぼる。捜査本部は、市橋容疑者の行方を追うとともに、資金捻出(ねんしゅつ)方法の解明も進める。

 「フリーターで、近くのラブホテルに泊まっている」

 身長1メートル80の市橋容疑者は10月23日、黒っぽいリュックサックを背負い、名古屋市内の美容整形外科医院に現れた。鼻の整形手術を希望し、問診票に大阪府内に実在する男性の氏名、住所、電話番号を記入した。

 捜査関係者によると、市橋容疑者は応対した医院関係者に問診を受けながら、ラブホテルに泊まっていることなどを雑談で話した。現金数十万円を用意していることも分かったという。

 この医院で翌24日、鼻を数ミリ高くする整形手術を受けたが、以前に鼻を高くし、小鼻を小さくするなどの整形をしていたことは明らかだった。市橋容疑者は25日に術後の治療を受け、手術費用などを現金で支払っていた。

 捜査本部は医院からの情報提供を受け、名古屋市内のラブホテルや市橋容疑者が立ち寄りそうな漫画喫茶などの捜索を続けている。

 この医院を訪れる10日ほど前の10月13日、市橋容疑者は福岡県内の美容整形外科病院を予約なしで訪れていた。「ヒップホップ系」と呼ばれる若者に人気のあるだぶだぶの服を着て、デニム地のズボンをはいていたという。名古屋の時と同じ、黒っぽいリュックサックも持っていた。

 市橋容疑者は「口の形を変える手術をしてほしい」と切り出した。この時点で、既に厚ぼったい下唇を薄くする手術を受けていたといい、病院側は手術を断ったという。

 日本美容外科学会によると、整形手術は保険が利かない全額自己負担で、鼻を高くする手術には少なくとも十数万円がかかるという。

 市橋容疑者は、鼻のほかにもまぶた、唇、ほくろの除去などの手術を受け、容貌(ようぼう)を変えるため多額の費用を支払っていたとみられる。

by a19750601 | 2009-11-05 09:51 |