人気ブログランキング |

3人の睡眠剤、同一か 鳥取不審死

鳥取県で5人の男性が不審死をしている問題で、今年4月以降に変死した3人の体内から相次いで検出された睡眠導入剤が、同一の薬剤である可能性が高いことが、鳥取県警幹部への取材で分かった。同一であることが確認されれば、3人の不審死の関連性が強まるため、県警は成分の分析を進めているという。

c0144828_1547368.jpg


捜査関係者によると、4月に同県北栄町沖の日本海で遺体が見つかったトラック運転手矢部和実さん(当時47)、10月7日に鳥取市の摩尼川で遺体が見つかった同市吉成の電気工事業円山(まるやま)秀樹さん(当時57)、10月27日に鳥取市の自宅で倒れ、その後死亡が確認された田口和美さん(当時58)の体内から、いずれも睡眠導入剤の成分が検出されたという。

県警が、3人の成分を分析したところ、同一の睡眠導入剤が使われていた可能性が高まったという。 また、円山さんが、遺体発見前日の朝、県警が詐欺容疑で逮捕した元スナック従業員の女(35)らから呼び出され、その後自宅に戻っていなかったことが、円山さんの家族への取材で分かった。

 円山さんの家族によると、円山さんは、女と、女と同居している男(46)=別の詐欺容疑で逮捕=にテレビやDVDレコーダーなど約100万円相当の家電製品を売ったが、女たちが代金を支払わなかったことから、再三にわたって支払いを求めていたという。

 しかし、10月6日早朝、男女から代金を払うという連絡があり、円山さんは朝食もとらずに出かけた。その後、帰宅しないため、家族が携帯電話に連絡しようとしたが、電話がつながらず、翌日になって遺体が見つかった。携帯電話は川の中にあったという。

円山さんと20年近く同居していた女性は「自殺する理由はない」といい、円山さんの遺体を確認した家族は「顔には多数の傷があり、殴られたような跡だった」と話している。

県警は、女たちが円山さんの足取りを知っている可能性があるとみて、今後、事情を聴く方針だ。

捜査関係者によると、県警は日本海で矢部さんが水死した4月以降、女の周辺を捜査していた。矢部さんの体内からは睡眠導入剤に加え、肺から砂が発見された。浅瀬などでもみ合うなどして大量の水をのみ込んだ場合、巻き上がった砂も一緒にのみ込むケースがあるといい、他殺の可能性を疑うきっかけになったという。

 県警は、矢部さんの行動などを捜査する過程で、女の過去の交際相手が列車にひかれて死亡するなどしていたことをつかんだという。

 また、女の知人によると、女は以前働いていた鳥取市内のスナックで、客との間で金の貸し借りをめぐるトラブルが数件あったという。数百万円単位の金を男性客から借り、女が返さないため、男性たちは何度も返済を迫っていたという。店の男性客の一人は「父親が100万円を貸したが、返してもらっていない」と話していた。

by a19750601 | 2009-11-06 12:44 |