人気ブログランキング |

★元モーニング娘。の保田圭  衝撃告白

c0144828_18261632.jpg


元モーニング娘。の保田圭が扁桃炎を患っていたことを明かし、

朝日新聞紙上で3月2日から告白手記を連載している。

保田は"圭ちゃん"、"ケメ子"の愛称で知られ、

彼女が卒業した2003年5月のさいたまスーパーアリーナでのコンサートは、

モー娘。歴代最大動員となる2万8,000人を集めたほど、

ファンに親しまれていた。だが、彼女のモー娘。としての5年間は、

デビュー当初から病との熾烈な戦いだったという。保田は手記で次のように明かす。


「『サマーナイトタウン』の販売促進イベントに向かっていた。のどが腫れ、40度近い熱があった。仕事を休むように勧める医師に『どうしても行かなきゃいけないんです』と訴え、抗生物質と熱を下げる座薬を処方してもらっていた。車両のトイレで座薬を入れ、汗にぬれた服を着替えた。露出の多い衣装での野外イベントはまだ肌寒く、高熱の体にこたえた。スタッフやメンバーには隠し通した。『体調の管理もできない人間』。そう思われたくなかった」


c0144828_18265872.jpg98年、保田の加入後初となるシングル「サマーナイトタウン」の発売時から保田は扁桃腺に異変を感じ、病魔に蝕まれてきた。ルックスではほかのメンバーに敵わない分、パワフルなダンスと巧みなボーカルワークでファンを魅了してきた保田。プロ意識で周囲に悟られまいとするが、ついにダウン。医師からは「なぜこんなになるまで放っておいたのか。もう少し腫れがひどかったら、切開しないといけなかった」と叱られたという。さらに保田は次のように続ける。

「のどに異変を感じるとすぐに抗生物質を飲み、なるべく早く受診した。数日後には高熱が出ることかわかっていたからだ。抗生物質がかばんに入っていないと、不安でしょうがなかった。ひどい時は月に2、3回も炎症を起こし、気づけば1カ月間ほぼ毎日、抗生物質を飲み続けたこともあった。『だんだん腫れがひきにくくなっているな』。そう感じた」
c0144828_18274512.jpg


その後、保田は扁桃を摘出し、手術は無事に成功したという。当時からのファンだという雑誌編集者は「そんなそぶりは、まったく見せていなかった」と話すが、保田のプロ意識の高さが伺われるエピソードだ。現在は、舞台を中心に女優として活動を続けている保田。今年、三十路に突入するが、今後、彼女がどのような生き方を見せてくれるのか楽しみだ。


保田圭公式ブログ

by a19750601 | 2010-03-09 17:34 |