人気ブログランキング |

明石家さんまの娘・IMALU たった423枚


c0144828_11432535.jpg


音楽のメジャーとインディーズの違いをご存知だろうか?

メジャーというのは、NRCとJARED、という2社の流通会社を通じて流通させるCD、のこと。いっぽう、それ以外は全部インディーズ、である。


両者の違いはその流通の問題だけ、かくも明解なのだ。あとは、晴れてメジャーになれば、楽曲の複製頒布を管理してもらう代わりに、大々的に宣伝をしてもらえる。そうするとたくさん売れる、というわけだ。

ところで、明石家さんまの娘・IMALUの2ndシングル「そんな名前欲しくないよ」が、初動423枚しか売れなかった、と話題になった。これってインディーズなの?と思った方も多いかもしれない。


実際には、IMALUが所属するユニバーサルシグマは、大手レコード会社・ユニバーサルミュージックの傘下のレーベルで、れっきとしたメジャーレーベルである。


ちょっと細かいことを言うと、ユニバーサルは、インディーズ流通も手がけていて、そこからメジャーに引き上げる、というメジャーの新ビジネスモデルでも草分け的存在の会社。


それでも、ユニバーサルシグマは、エレファントカシマシの新曲もリリースするなど、れっきとしたメジャーレーベルなのだ。


かつてメジャーのCDは、10万枚単位でプレスするのが常識だった。しかし1998年を境にCDのプレス量は減少の一途。とはいっても、IMALUのCDも当然インディーズのように1000枚しかプレスしないとかいうことはない訳であり、発売枚数は業界では非公表なので特に深くは突っ込まないが、かなり商売的に打撃があってもおかしくない。


テレビでみると、IMALUの曲や歌唱は、意外やなかなかのもの。それでもこの不況下、受難は続くのかもしれない。

by a19750601 | 2010-05-09 11:44