人気ブログランキング |

★★野球賭博恐喝解明へ  仲介役は同じ床山=琴光喜関と元力士


c0144828_7412670.jpg


大相撲の大関琴光喜関=佐渡ケ嶽部屋=の野球賭博をめぐる恐喝事件で、

元幕下力士の古市満朝容疑者(38)が 琴光喜関と同様に、

阿武松部屋所属の「床山」を野球賭博の仲介役としていたことが

26日、関係者への取材で分かった。

同容疑者は琴光喜関と面識はなく、床山を通じて脅迫や現金受領をしており、警視庁組織犯

罪対策3課は床山が賭博や恐喝の全容を知っているとみて事情を聴いている。

関係者によると、床山は阿武松部屋付だが、

琴光喜関と同じ二所ノ関一門に属し、琴光喜関のまげを結っていた。

古市容疑者も弟が同部屋に所属しており、床山と面識があったとみられる。

野球賭博では、胴元と呼ばれる仕切り役が、

対戦する両チームの実力などを勘案し、各試合の「ハンデ」を設定。

仲介役は試合の数時間前までに賭博客にハンデを知らせ、賭け金を集める。

床山は数年前から、琴光喜関と胴元の間で情報や金のやりとりを仲介。

古市容疑者も同時期に同じ胴元の下で野球賭博をしており、

仲介役は同じ床山だったという。

同容疑者は、琴光喜関が床山を通じて賭博の 「勝ち金」 約500万円を請求した際、

逆に「口止め料」の恐喝を計画。

「マスコミや警察、親方に知れたら大変なことになる」と脅し、

1月下旬に350万円を支払わせたとして逮捕された。

同容疑者は琴光喜関に直接会わず、金も床山から受け取った。

その後も要求はエスカレートし、最終的には1億数千万円に上ったという。


c0144828_7501617.jpg

c0144828_749643.jpg


日本相撲協会の特別調査委による記者会見の主なやりとりは次の通り。

--緊急理事会と評議員会の開催要請理由は。

伊藤座長 問題が非常に重大で新聞やテレビに連日取り上げられる中、緊急性を要すると判断した。

--28日に力士らへの処分を決めるか。

伊藤座長 処分は7月4日と考えているが、場合によって(28日に)どうなるか分からない。

--28日に琴光喜関の処分について話し合うか。

伊藤座長 当然やるよ。一番にクビだよ。

--調査するまでもないということか。

伊藤座長 そう思っている。あれだけ新聞とテレビに書かれている。…


追加 23:45

大相撲の大関・琴光喜関への恐喝事件で、野球賭博で勝った金が返ってこないと琴光喜関から相談を受けた元大関・千代大海の佐ノ山親方が、逮捕された元力士の弟に「お前の兄貴はどうしようもないやつだ。金を払ってやれ」などと話していたことが新たにわかった。

捜査関係者によると、琴光喜関は野球賭博で勝った金を、同じ胴元に借金があったという元力士・若隆盛の古市満朝容疑者側に請求したことがわかっている。しかし、古市容疑者側がこれに応じなかったため、琴光喜関から相談を受けた佐ノ山親方が、古市容疑者の弟の現役力士に対して「お前の兄貴はどうしようもないやつだ。金を払ってやれ」などと話していたことがわかった。

警視庁は、古市容疑者がこうした発言を伝え聞いて逆上し、恐喝を始めた可能性があるとみて調べている。

by a19750601 | 2010-06-26 07:43 |