人気ブログランキング |

★酒井法子 離婚成立も仕事がないっ

のりピー、離婚成立も仕事がない険しい道が続く


覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受けた元女優・酒井法子が、同じく同罪で有罪判決を受けた夫の高相祐一氏と離婚していたことが30日、わかった。

c0144828_1527765.jpg


元所属事務所・サンミュージックの関係者と、酒井さんの後見人が明かしたもの。

2人は昨年12月に有罪判決を受けた後、弁護士を通じ離婚協議を続けていた。

酒井は公判で「離婚しての更生」を誓っていたが、高相氏は「更生には家族の存在が不可欠」と、双方の主張が対立。協議は長期化していた。



c0144828_15111945.jpg覚せい剤取締法違反の罪で昨年11月に懲役1年6月執行猶予3年の刑が確定した元女優の酒井法子(39)が、ともに有罪判決を受けた夫の高相祐一氏(42)と離婚していたことが30日、明らかになった。


執行猶予が明ける2年後の芸能界復帰を目指しているとされる酒井さんだが、現在仕事のオファーは全くなく、周囲からは「簡単にはいかないだろう」との声も。離婚という区切りを付けたとはいえ、それでも薬物に手を出した代償は今でも大きくのしかかっている。


日本中を驚がくさせたあの覚せい剤事件から1年。酒井さんの離婚がようやく成立した。関係者の話を総合すると、成立したのは今月に入ってからのようで、親権は酒井さんが持ち、慰謝料などはないようだ。昨年12月の夫・高相氏の有罪判決(懲役2年執行猶予4年)が確定後、双方が弁護士を立て、離婚に向けた協議を進めていた。

c0144828_1516415.jpg夫婦そろっての覚せい剤事件は、最初に高相氏が使い、酒井が誘われる形で使用するようになった。

公判では、酒井が「夫と離婚して覚せい剤を断ち切りたい」としたのに対し、高相氏側は「更生には家族が必要」と主張。長男の親権をめぐっても対立し、協議は平行線をたどっていた。

今年3月からは高相氏と音信不通になったこともあり、話し合いは長期化していた。



酒井は現在、事件前に親子3人で暮らしていた港区南青山のマンションから引っ越し、都内の別の場所で長男と暮らしている。当面は子供との生活と、音楽療法士を目指して、今年1月に入学した創造学園大学の遠隔授業を続けていくことになる。



芸能界復帰は、執行猶予期間が終わる2年後ともみられているが、刑が確定した昨年暮れから年明けにかけては、いくつかの仕事の打診が元所属事務所に届いていたが、現在はそれもほぼゼロ。関係者も「仕事のオファーは、今ではまったくない」という。

このまま、芸能界からは離れていくのか、芸能界に復帰するのか、いずれにせよ酒井法子にとってはまだ険しい道が続く。


c0144828_22289.jpg
c0144828_2224471.jpg

by a19750601 | 2010-07-31 08:12 |