人気ブログランキング |

安全地帯 コンサートは途中で中止

安全地帯 玉置浩二、客に暴言連発 コンサートは途中で中止
c0144828_199415.jpg


玉置浩二は、いったいどうしたのか。ボーカルを務めるバンド、安全地帯の福岡公演が12日行われたが、体調不良と客への相次ぐ暴言などで、コンサートは途中で中止。チケット代が払い戻しとなるハプニングがあった。会場の福岡サンパレスはヤジと声援が交錯した。公演の終了直後から、ファンの怒りがブログやツイッターを通じて拡大した。

関係者によると、玉置は冒頭からロレツが回らない状態で、曲をやり直したり、ロックから突然、アコースティックに切り替えるなど“本番中”に試行錯誤。体調を崩しているのは明らかで、ステロイド注射の副作用で発疹が出てかゆい、とも訴えていたという。客席の一部から「しっかりやれ」などブーイングが上がると、「今日はこういう内容。嫌なら帰って」と玉置。客が「お客さんは神様だろ」と言い返すと、「神様だ? 媚びを売るために音楽をやってるんじゃない」などと開き直る始末だったという。

また玉置が 「ソロが聴きたいか、安全地帯が聴きたいか」、と問いかけ、 「安全地帯!」 とファンが応じると、 「そんなもんあるわけないだろ!」 と悪態をついた。こうなると、いくら、ロックが予定調和を嫌う反体制ソングだからといって、ファン軽視も甚だしい。バンドのメンバーは呆れて、出てこなくなる場面もあったという。

ステージは2時間近くに及び、客席の一部からは、 「玉置さん頑張って」 の声もあがったが、深刻な事態に主催者は7800円のチケット代金の払い戻しを決めた。会場はほぼ満員だった。

玉置は9月7日の大阪公演でもステージ上で寝転ぶなど奇行が目立ち、体調不良を理由にラスト4曲を残して終了。9日の香川公演では問題は起きなかった。

by a19750601 | 2010-09-12 23:41