人気ブログランキング |

石井聖子、11年ぶり新曲

偉大な母のDNAを受け継ぐ女性シンガーが、

11年ぶりの新曲を世に送り出す。


c0144828_16215668.jpg


石井は1996年にシンガー・ソングライター、

岡本真夜(37)のプロデュースでデビュー。

“ラテンの女王”と呼ばれ、女優として

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作「楢山節考」の

怪演で知られる母、坂本はパンチの効いた声の持ち主だったが、

一人娘は澄んだ歌声で魅了した。


c0144828_1628727.jpgその後、石井は皮膚科医の父の仕事を手伝い、

2000年の「DOOR」を最後にシングル曲の発売がストップ。

03年からは化粧品の開発、販売が本業となり、

たまにライブハウスのステージに立つ程度だった。

が、胸の内に秘めたシンガー魂は再び、

沸々とわき上がる。昨年の冬、本格的な歌手活動再開へ向け、

八代亜紀のヒット曲「舟唄」などを手掛けた浜氏と話し合ったところ、

巡り合ったのが「この…駅で」だった。

歌謡曲調のメロディーに乗せ、駅の改札口で愛する人を

待つ女心を歌った同曲。

97年4月に直腸がんで亡くなった大津さんが病床で綴った詞に、

見舞いに訪れていた浜氏が曲をつけ、

同年9月に浜氏自らが歌って発売したアルバム「10$の純情」に収録された。

c0144828_1633568.jpg高橋真梨子の「for you…」、徳永英明の「輝きながら…」などを

ヒットさせた大津氏の、まさに“遺作”。

これまで浜氏以外が歌うことはなかったが、

石井の「歌謡曲を歌いたい」という熱意が心を動かし、

初のシングル化が決まった。


石井は「11年ぶりに素晴らしい曲に出会えて、

そしてリリースさせていただける幸運に感謝しています」

と喜びのコメント。

続けて「歌も命と同じく、誕生してたくさんの方々に愛されてこそ、

成熟していくもの。そんな歌を大切に育てていける

シンガーになれるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

隠れた名曲とともに、復活の道のりを歩む。

by a19750601 | 2011-05-07 09:17