人気ブログランキング |

大原麗子 整形失敗で映画降板していた

c0144828_1313284.jpg


2009年8月3日に自宅で孤独死した女優大原麗子(享年62)の

ノンフィクション「大原麗子 炎のように」(青志社)が

19日に発売される。


当時の内容はココ049.gif

c0144828_13181323.jpg

生前最後の誕生日の秘蔵カットとともに、

美人女優のイメージと老いのはざまで悩んで

整形手術を受けていたことなど、

これまで知られなかった事実が明かされている。

来月3日の三回忌を前に、大原さんの本が出版される。

実弟の大原政光さんが監修し、

芸能リポーター前田忠明氏が執筆した。

美人女優と呼ばれた華やかな外見の裏で、

波瀾(はらん)万丈の人生を送り、

最後は孤独死したことで、

これまでも数々のエピソードが明らかになった。

だが、今作では、父に受けていたドメスティック・バイオレンス(DV)のほか、

俳優渡瀬恒彦、歌手森進一との結婚、離婚の真相などの、

知られざる秘話が収録されている。


c0144828_13105132.jpg中でも、驚くのは、美容整形をして、

しかも後悔していたことだ。

そして、最後まで渡瀬へ思いを寄せ続けていたことだ。

顔にメスを入れたのは、

NHK大河ドラマ「徳川慶喜」に出演した直後で、

大原さんが53歳のころ  だった。



「もうすぐ2000年がくる。自分も心機一転、何か変わらなければ」と、

一重だった左まぶたを整形した。

ところが、失敗して顔が腫れて、

映画「天城越え」第2弾を降板。

その後、再手術で可能な限りに元に戻したが、

これを機に仕事が減り、自信を喪失。

晩年のギランバレー症候群につながっていったようだ。

また、渡瀬を思い続けて、晩年も渡瀬の自宅へ頻繁に電話したり、

友人に「車で渡瀬さんの家まで行ってほしい。

前を通るだけでいいから」と頼んだりしていたという。

美人女優のプライドと、1人の女性としての

本音に苦しんでいたようだ。

また、文字通り、生前最後の姿として残る

秘蔵写真も掲載されている。

08年11月に、恩人の石井ふく子プロデューサーに

62歳の誕生日を祝ってもらったときの1枚だ。

まだまだ女優を続ける意志を持ちながら逝った、

大原さんの思いが詰まっている。

by a19750601 | 2011-07-16 23:41