人気ブログランキング |

尾崎豊 の遺言 鮮血で綴った“謎の死”の真相

c0144828_9323858.jpg


鮮血で綴った“謎の死”の真相

伝説のロックシンガー、尾崎豊(享年26)が残した2通の「遺書」が
10日発売の月刊文芸春秋に全文掲載されることが9日分かった。


1992年に民家の軒先で全裸で死亡。その後、他殺、事故死、自殺と諸説流れ、法廷で争われるなど社会問題にも発展した。ジャーナリストの加賀孝英氏が執筆した「尾崎豊の『遺言』」では、謎に満ちた行動と死の直前の心境に迫っている。

92年4月25日、未明の東京・足立区。泥酔した尾崎さんは、面識のない民家の軒先で服を脱ぎ捨て、のたうち回り、傷だらけになって息絶えた。後で致死量の2・64倍もの覚醒剤を摂取していたことが警察の調べで判明する。

人気絶頂のロックシンガーの突然の死に衝撃を受けたマスコミなどは尾崎さんを悼む一方で他殺、自殺でっ二つになった。だが、同誌では〈尾崎が死の間際まで肌身離さず持ち歩いていたセカンドバック。この中に、小さく折り畳んだ白い封筒が入っていた。(中略)尾崎が書き遺していた「遺書」だった〉とし、当初から遺書があったことを明かしている。

1つ目の「遺書」はB5サイズのルーズリーフに記され、

縦書きの全17行。〈先立つ不幸(ママ)をお許しください〉で始まり、

〈先日からずっと死にたいと思っていました。

死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか話そうと思ったのですが、

(中略)そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません〉。

最後は〈さようなら 私は夢見ます〉で結ばれている。


2通目の遺書は、

尾崎さんの自宅に飾られていた実母の写真の脇から見つかり、

小さく折りたたんだ便箋に繁美夫人宛なのか、

〈尾崎繁美となりたもうた女神よ〉と自身の鮮血で書いてあったという。

〈繁美、あなたは本当に女神なのですよ〉

〈××、君は間違いなく天使なのですよ〉(××は息子の実名)とあり、

〈私はただあなたを愛する名の神でありつづける〉と、

2人への愛をしたためていた。


c0144828_9354868.jpg


加賀氏が繁美夫人、遺族に徹底取材し、死へと突き進む尾崎さんの心境を綴った衝撃的なリポート。同誌の木俣正剛編集長は「尾崎さんが亡くなってから来年で20年を迎えます。ご遺族に了解を得た上で(遺書の)全文を載せることにしました」。謎の死の真相がいま明かされる。

それは、
妻の繁美さんから「裕哉(ひろや:長男)が物心つくまで
公表はしないでほしい」と頼まれていたため。
平成6年からずっと、尾崎豊が持ち歩いていたセカンドバッグに
遺言を入れて保管していたのだそう。

尾崎豊が残した遺書と遺言の内容とは一部抜粋され公開された内容は、以下のようなもの。

先立つ不幸をお許しください。

先日からずっと死にたいと思っていました。

死ぬ前に誰かに何故死を選んだのか

話そうと思ったのですが、

そんなことが出来るくらいなら死を選んだりしません。

(中略)

さようなら 私は夢見ます。


また、この遺言に加えて 遺書が残っていたこともわかった。
尾崎豊が残した遺書は、彼の母 絹江さんの遺影の脇に置かれており
1か月後になって発見された。
その内容には、妻の繁美さんと
まだ小さかった息子、裕哉さんへのメッセージが綴られていた。
その内容の一部が以下のようなもの。


私はただあなたを愛する名の神でありつづける。

(中略)

皆の言うことをよく聞いて共に幸せになって下さい。


尾崎豊が亡くなったのは1992年4月25日。
足立区の住宅街で全裸で倒れているところを発見され、
病院に運ばれたが、その日の深夜に息を引き取った。
当時、覚せい剤での逮捕歴があったことから
薬物中毒ではないか?という声や、体に傷あとがあったことから
他殺だったのではとも言われていましたが、
過剰飲酒による肺水腫であることが、正式に警察から発表されました。

※肺水腫とは?

( 肺に水分が染み出し、溜まった水分によって呼吸不全に陥る事 )
しかし、これに納得がいかないファンや実兄などから
警察に再調査を求めたことや、他殺説があることなどから
妻の繁美さんと息子の裕哉くんは、自分の身を案じて渡米していた。

2歳だった息子、尾崎裕哉も今年で22歳。
最近ではCMにナレーション出演するなど、注目を浴びていましたが
どんな思いで父の遺言や遺書に目を通したのでしょうか。

c0144828_9362744.jpg

by a19750601 | 2011-11-09 20:58