歌手 尾崎紀世彦 死去

「また逢う日まで」 歌手の尾崎紀世彦さん死去

 「また逢(あ)う日まで」のヒットで知られる歌手の

尾崎紀世彦さんが、5月31日に亡くなった。

69歳。がんで闘病中だった。葬儀は近親者で済ませた。

c0144828_8334899.jpg



コーラスグループのワンダースを経て、

ソロに転じ、1971年に「また逢う日まで」を発表。

約100万枚を売り上げ、同年の日本レコード大賞に輝いた。

阿久悠さん作詞、筒美京平さん作曲のこの曲は、

カラオケで盛んに歌われ、今も親しまれている。

c0144828_837975.jpg


このほかの代表曲に

「さよならをもう一度」 「愛する人はひとり 」「ゴッドファーザー?愛のテーマ」など。

長いもみあげがトレードマークで、高らかに歌い上げる独特の唱法で人気があった。

俳優としても映画「釣りバカ日誌16」などに出演した。


c0144828_844524.jpg

c0144828_8442813.jpg

c0144828_8452342.jpg


尾崎さんは神奈川県出身で、

1967年にコーラスグループ「ザ・ワンダース」に参加した。

70年にソロデビューし、71年にリリースシングル「また逢う日まで」は

100万枚のミリオンセラーとなり、日本レコード大賞と日本歌謡大賞を受賞。

NHK紅白歌合戦には3回出場した。


クリックジャンプ050.gif2012年4月に失踪、消息不明などと報じられたが

5月には入院生活を送っていることを実兄が明かしていた。
[PR]

by a19750601 | 2012-05-31 22:54