ザ・ピーナッツ 姉、伊藤エミ 死亡

c0144828_7494995.jpg

「恋のバカンス」 や 「恋のフーガ」 のヒット曲で知られる

双子の歌手 「ザ・ピーナッツ」 の姉、伊藤エミ(いとう・えみさんが

15日に亡くなったことが27日、分かった。(享年71)

関係者によると、最近は病気療養中だったという。

死因は不明。葬儀はすでに近親者のみで執り行ったとしている。

病魔に勝てず そっくりな笑顔で昭和の一時代を彩った、二輪花の、

一輪が静かに散った。関係者によると、かねて病気療養中だったエミさんは

病魔に打ち勝つことはできず、静かに息を引き取ったという。


伊藤さんは昭和16年、愛知県生まれ。ジャズクラブで歌っているところをスカウトされ、

上京。一卵性双生児の妹のユミ(本名・月子)さんと「ザ・ピーナッツ」を結成し、

昭和34年に「可愛い花」でレコードデビューした。

卓越した歌唱力とハーモニーの美しさで注目され、

音楽バラエティー番組「ザ・ヒットパレード」や「シャボン玉ホリデー」に出演。

「恋のバカンス」や「ふりむかないで」など数々のヒット曲を送り出し、

高度成長を背景に、テレビの普及とともにお茶の間の人気者となった。


c0144828_751257.jpg

NHK紅白歌合戦には、34年から49年にかけて16回連続出場。

女優としても活躍し、「クレージー黄金作戦」など20本以上の映画に出演した。

特に、昭和36年の怪獣映画「モスラ」では、

双子の妖精「小美人」を演じて「♪モスラヤ、モスラ…」と歌い、

印象的な歌詞とメロディーで話題を集めた。
c0144828_7521243.jpg

日本の歌謡界のトップを走り続けたが、50年に引退を発表。

以来、マスメディアからは遠ざかった生活を送っていた。


c0144828_7531729.jpg


脚光を浴び続けた16年間の芸能生活では、後輩の園まり(68)や小柳ルミ子(59)にドレスをプレゼントするなど、仕事仲間の面倒見が良かったエミさん。引退後は人前に出ることを極力避けて、“一般人”として暮らしていた。
それでも芸能界でお世話になった恩人が亡くなった際には、告別式とは別に人目につかないタイミングで弔問し、義理を忘れることはなかった。表舞台から姿を消してからは、ファンの前に再び登場することもなく、そのままひっそりと天国へと旅だった。

c0144828_7542634.jpg

1975年沢田研二と結婚時の伊藤エミ
[PR]

by a19750601 | 2012-06-27 22:48 |