人気ブログランキング |

女子短大生焼殺事件

女子短大生焼殺事件

c0144828_1462858.jpg23日午前2時半ごろ、静岡県三島市川原ケ谷の市道わきの道路工事現場で、火の手が上がり、衣類などが地面に残されているのを付近の住民が目撃、一一〇番通報した。

駆け付けた三島署員が若い女性の焼死体を発見した。

遺体には灯油のようなものがまかれ、現場に落ちていた女性のジャンパーのそで口に粘着テープが巻かれていたことなどから、同県警捜査一課は殺人事件として三島署に捜査本部を設置した。

調べでは、女性は遺族の情報などから被害者は三島市梅名、上智短大1年生山根佐知子さん(19)と判明した。

体の前部は激しく焼けているが、顔や手足は損傷は軽いという。


また頭部に殴られた跡があったことも分かった。

捜査本部は、山根さんが生きたまま着衣に火を付けられ、殺害されたとみている。

県警によると、ジャンパーは後ろでしばってあり、そで口には粘着テープが巻かれていた。さらに、遺体の口元には粘着テープの一部とみられるものが残っていたことから、山根さんは現場まで監禁状態で連れて来られた可能性もあるとみている。

c0144828_1475675.jpg山根さんは22日午後10時50分ごろ、アルバイト先 (右写真)の同市内の居酒屋を出た後、行方不明となった。23日午後、山根さんの両親が同署に「子どもが昨夜から帰宅せず、連絡がとれない」と相談し、その後の調べで、焼死体と佐知子さんの指紋や服装などが一致した。

同本部は山根さんの交友関係などを調べている。上智短大は英語科だけで、一年Aクラスに在籍していた。

by a19750601 | 2002-01-24 06:23