人気ブログランキング |

訃報 演歌歌手、宮史郎

c0144828_1617348.jpg


 「女のみち」の大ヒットで知られる「ぴんからトリオ」で活躍した

演歌歌手、宮史郎さんが19日午後1時5分、多臓器不全で死亡した。

69歳だった。葬儀は近親者で行う。

兵庫県生まれ。並木ひろしさん、兄の宮五郎さん(ともに故人)と

「ぴんからトリオ」を結成した。1972年のデビュー曲「女のみち」は、

オリコン調査史上、シングルでは「およげ!たいやきくん」に次いで

歴代2位の約325万枚の売り上げを記録。

コブシをきかせた歌唱で人気を集め、

続く「女のねがい」「女のゆめ」もヒットさせた。


その後、五郎さんと「ぴんから兄弟」として活動を続け、

83年にはソロ歌手に。2010年に携帯電話会社のCMで

浜崎あゆみさんと流し役で共演したことが話題になった。



c0144828_164594.jpg


関係者によると、宮さんは10月中旬、「熱っぽい」と体調不良を訴え、

なかなか回復しないため今月3日に入院。

多数の臓器に疾患が見られ、薬物による治療を続けていた。

19日に容体が急変し、夫人や娘にみとられながら息を引き取った。

最後の歌唱は10月18日に新宿区内で行われた敬老会のステージ。 

数曲を歌う予定だったが、不調を訴えて「女のみち」のみの1曲に変更。

共演した歌手の合田道人氏は 「体が震えて、足腰もフラついていた」という。


c0144828_16194623.jpg


最後に「来年も元気にこのステージに出ます」と誓うと大きな拍手を受けたが、約束は果たせなかった。

兵庫県姫路市のキャバレーで働きながら、歌手活動を開始。

63年に兄の宮五郎さんらと「ぴんからトリオ」を結成。「ピンからトリをつかみたい」と命名した。

私がささげた、その人に…で始まる自作詞の「女のみち」は

発売当時で約326万枚を売り上げるヒット。

その後も約420万枚まで売り上げを伸ばし、

オリコンシングルチャートでは現在も「およげ!たいやきくん」(75年発売、450万枚)に次ぐ

歴代2位に君臨している。

by a19750601 | 2012-11-20 11:13