訃報 歌舞伎俳優 中村勘三郎

歌舞伎俳優の中村勘三郎さん死去 57歳

c0144828_17335241.jpg


古典から現代物まで幅広い芸域で知られ、

「平成中村座」公演などで歌舞伎の裾野を広げた人気歌舞伎俳優で、

テレビドラマなどでも活躍した中村勘三郎10+ 件(なかむら・かんざぶろう、

本名波野哲明=なみの・のりあき)さんが

5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群のため

東京都文京区の日本医科大付属病院で死去した。57歳。東京都出身。

葬儀・告別式は11日午前11時から東京都文京区の自宅で、

近親者のみの密葬として行う。

喪主は長男勘九郎(かんくろう)、次男七之助(しちのすけ)。

6月に食道がんであることを公表。

手術を受けた後、肺炎を発症した。

c0144828_17352867.jpg


来年春に開場する歌舞伎座への出演を目標に療養していたという。

7月に長野県で「天日坊」に飛び入り出演したのが最後の舞台となった。

17代目中村勘三郎10+ 件の長男として生まれ、

5代目勘九郎として3歳で初舞台。

2005年に18代目勘三郎を襲名した。

立ち役、女形とも演技は巧みで、愛嬌(あいきょう)あふれる華やかな

存在感で観客を魅了、歌舞伎人気をけん引した。

c0144828_1737948.jpg


当たり役に「髪結新三(かみゆいしんざ)」の

新三、「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の団七、

「仮名手本忠臣蔵」の勘平など。舞踊に優れ、1

989年「鏡獅子(かがみじし)」で芸術祭賞。

現代に息づく歌舞伎を目指して、94年には東京・渋谷で

演出家の串田和美さんと「コクーン歌舞伎」を開始、斬新な演出で

古典をアレンジし、新たなファンを開拓した。

江戸時代の芝居小屋の雰囲気を再現した「平成中村座」は

2000年にスタート。東京・浅草や米ニューヨークなど国内外で

歌舞伎を披露するなど、さまざまな挑戦を行った。


99年のNHK大河ドラマ「元禄繚乱(りょうらん)」の

大石内蔵助役などでも親しまれ、紅白歌合戦の司会も務めた。

同年日本芸術院賞、2008年紫綬褒章。

 祖父は6代目尾上菊五郎。妻好江さんの父は故中村芝翫さん。

長男勘九郎、次男七之助も歌舞伎俳優。姉は俳優の波乃久里子。
 


追加 15時05分 親族からのコメント

c0144828_85059.jpg

[PR]

by a19750601 | 2012-12-05 06:26 |