中村勘三郎さん、57歳早すぎる死 歌舞伎界の革命児、道半ば

c0144828_136059.jpg


幅広い芸で知られ、歌舞伎の認知度を高めた歌舞伎俳優の

中村勘三郎(なかむら・かんざぶろう、

本名・波野哲明=なみの・のりあき)さんが

5日午前2時33分、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のため、

都内の病院で死去した。57歳だった。

今年の6月中旬に、初期の食道がんが発見されたことを告白。

7月27日に手術を行った。その後は、

舞台復帰に向け療養に努めていたが、

8月中旬にARDSを発症した。

先月下旬から徐々に病状が悪化。そのまま帰らぬ人となった。

[PR]

by a19750601 | 2012-12-06 05:02