ニッポン放送 塚越孝 自殺

c0144828_14153825.jpg


「つかちゃん」の愛称で親しまれた

ニッポン放送の元アナウンサー・塚越孝さん(57)が、

現在の勤務先のフジテレビ本社(東京都港区台場)内のトイレで

自殺していた。

同局によると、塚越さんは26日午後2時から、

パソコン向け動画配信サイトで流す番組を収録する予定だったが、

現場に姿を見せなかった。

このため関係者が行方を捜し、

同日夕にトイレの個室内で塚越さんを発見。警察が死亡を確認した。

フジテレビ広報部は「突然のことで大変驚き、言葉もありません。

非常に残念です。ご冥福をお祈り致しております」とコメント。

塚越さんは昨年体調を崩し、健康面に気を使っていたといい、

21日に収録した動画配信サイトの居酒屋放浪番組

「つかちゃんの酔いの口ワイド」が最後の出演になったという。


塚越さんは1977年にニッポン放送に入社し、

「オールナイトニッポン」「朝からたいへん!つかちゃんです」などで

パーソナリティーを務めるなど、

人気アナとして活躍。2006年にフジテレビに移籍していた。


c0144828_14161482.jpg
(塚越孝アナは)日大芸術学部卒業後、1977年にニッポン放送に入社。
「オールナイトニッポン」や「朝からたいへん!つかちゃんです」といった人気番組のパーソナリティーとして活躍していたが、06年4月、フジのアナウンス室に転籍する。昨年6月からはクリエイティブ事業営業部プロデューサーを務めていた。

「02年、横浜市長に転出した中田宏の後継として神奈川8区から出馬すると報じられ、ミソがついた。政治色がつくと仕事にマイナスですからね。その後、ホリエモンのニッポン放送買収騒動に伴うグループ再編で、仕事のできないお荷物社員と50代以上の高給取り社員がフジテレビ送りとなった。これだけ大規模なリストラは後にも先にも一度きり。塚越さんも放出組のひとりでした」  (ニッポン放送社員)

古巣を追い出されたアナウンサーたちは、新たな職場で肩身の狭い思いをしていたという。

「『年だけど、新入社員の塚越です』なんて自虐的に挨拶していましたね。当時のアナウンス室は飽和状態だったし、いくら経験が豊富とはいえ、ラジオとテレビは別物。慣れない環境で仕事にも恵まれない。塚越さんも地上波での出番はほとんどありませんでした。心の病を患った男性アナもいましたね。現在、LF出身のアナウンサーで活躍しているのは、『Mr.サンデー』のナレーションを担当する松元真一郎アナぐらいです」
(フジ社員)

昨年、同事業部に異動となったが、「アナウンサーを辞めたくない」と上層部に掛け合っていたという。

「LFに残ったままなら、今ごろは管理職。“現役引退”の諦めもついたでしょう。まさかの人事で苦しい日々を過ごした上に、現場を離れることに抵抗があったのではないでしょうか。



追加
2012.07.06



小倉智昭がフジテレビ批判!中野美奈子の送別会で塚越孝さんの自殺について触れる


6月末で『とくダネ!』を辞めた中野美奈子さんの送別会で、小倉智昭さんが自殺した塚越孝アナの処遇に関し、“フジ批判”ともとれる発言を行なって周囲を驚かせたといいます。



c0144828_14242854.jpg小倉さんが塚越孝さんの死について触れたのは、200人もの関係者が出席した中野美奈子さんの送別会の締めの挨拶だったそうです。


<以下引用>

「小倉さんは、『僕の、ニッポン放送時代からの盟友“つかちゃん”がとくダネのスタジオの横で亡くなった。それがとても悔しくて』とつらそうな表情で話していました」(現場にいたフジテレビ関係者)
<週刊文春>

塚越孝さんの自殺に関する経緯はこちら。
 【芸能】フジのトイレで首つり、ホリエモンが狂わせた「つかちゃん」の人生

塚越さんはフジテレビのアナウンス室へ転籍後、アナウンス室専任部長になっていました。これは栄転かと思いきや、実質的にはあまり仕事がなかったようです。そして昨年6月からはフジテレビクリエイティブ事業局事業営業部の部長職に就いていました。

アナウンサーからは離れたとはいえ部長職だし優遇されていたのでは、と思いましたが、やはりそういう問題ではなかったようです。


<以下引用>

小倉氏は挨拶の中で、その死因をこう推測したという。

「彼はクリエイティブ事業局に飛ばされてから居場所がなかったと思う。この間、フジの幹部に『ニッポン放送組に対して厳しすぎませんか?』って直接聞いたんだ。でも『俺が決めたことじゃない』と返されたよ」

別のフジ関係者が語る。

「実際、ニッポン放送からフジへ移ったアナは冷遇されている。他のアナウンサーも別部署へ異動した人が多い。塚越さんもクリエイティブ事業部でいろいろな仕事をさせられて、常々『ラジオへ戻りたい』と周囲にこぼしていました。しかも彼が自殺したのは異動が発表された数日後でした」<週刊文春>

昨年6月にクリエイティブ事業局事業営業部に異動していますが、さらに今年、異動が発表されたということでしょうか。

やっと慣れた職場をまた異動するとしたら、それはまた辛かったでしょうね。

ちなみにクリエイティブ事業営業部とは、ホームページのバナー広告の営業や、無料動画サイト「見参楽(みさんが!)」の運営などを行なっているようです。『お台場寄席DOUGA』は月間250万ビューも記録した人気番組だったようですが、塚越さん、落語が好きだったんですよね…。

c0144828_14185320.jpg

[PR]

by a19750601 | 2012-06-26 08:06 |