沢田研二が応援演説


「昔ジュリー…今ジジイ」


c0144828_14541531.jpg


 選挙の応援は初めてです。思うことがいっぱいある。

とにかく選挙に出ている人は国難といっているが、

原発をやめるのが一番大事なこと


午後6時過ぎのJR荻窪駅前。

白いコートにサングラス姿の沢田がマイクを握ると、

「ジュリー」と黄色い歓声が飛んだ。さほど広くない歩道には人が

あふれ、押し合いへし合い。通りがかりの

子どもが巻き込まれ、倒れそうになったほどだった。

沢田は福島第1原発事故後、脱原発活動に参加。

今年3月には脱原発ソング「F・A・P・P」を発表した。

一方の山本は特に中高年層への浸透に苦戦しており、

“同志”のジュリーの応援で一気に追い上げようとの

皮算用だ。

ただ、沢田がマイクを握ったのはわずか5分ほど。


2時間半でもしゃべっていられるが、

聞く方は大変でしょうから


早々に会場から去った。

c0144828_14543944.jpg

[PR]

by a19750601 | 2012-12-16 06:47