人気ブログランキング |

女子柔道代表15人 園田監督の暴力告発

柔道女子ロンドン代表ら15人、園田監督らの暴力告発

前列が女子の(左から)福見友子、中村美里、松本薫、上野順恵、田知本遥、緒方亜香里、杉本美香。
c0144828_13112791.jpg

昨年のロンドン五輪の柔道日本代表 国内女子トップ選手15人 が、

全日本柔道連盟(全柔連)指導陣から暴力やパワーハラスメントを受けてきたとして、

昨年末に日本オリンピック委員会(JOC)に連名で

告発していたことが29日、分かった。

五輪前の強化合宿で女子代表の

園田隆二監やコーチに、平手打ちや竹刀で殴打されるなど

体罰に相当する過剰な指導を受けていたことが判明。

国内トップレベルでも「勝利至上主義」による

理不尽な暴行の実態が浮き彫りになった。


c0144828_1244496.jpg


史上最多となる38個のメダル獲得に沸いたロンドン五輪の陰で、

柔道の女子代表勢らが理不尽な暴力指導を受けていたことが明らかになった。

関係者によると、トップ選手たちが前代未聞といえる集団告発に踏み切ったのは

昨年末。

「女子日本代表チームにおける暴力及びパワハラについて」と

題された文書をJOCに提出した。

練習での平手打ちや竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への

試合出場の強要があったことなどを訴え、

全柔連に指導体制の刷新を求めているという。


ある選手はスポーツ報知の取材に、暴行の実態を赤裸々に告白。「愛のムチとは程遠かった。みんなの前で(コーチらが選手を)ガツガツ殴ったり蹴ったりして、ひどかった。代表選考の実権を握っている人たちに逆らうと『五輪に行けなくなる』『切り捨てられる』と、みんな泣き寝入りしていた」と明かした。

JOC幹部は29日、文書の提出があったことを認め、「アスリートファースト(選手第一)が基本。正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」と述べた。JOCに加盟する全柔連では、すでに倫理委員会で聞き取り調査を行い、園田監督やコーチら当事者も事実関係を大筋で認めていたという。

園田監督は取材に対し「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話すにとどまり、進退には言及しなかった。

c0144828_12463141.jpg


 「最低でも金、最高でも金」 を掲げ、五輪でのメダルを量産してきた柔道界。ロンドンでは男子が史上初の金「0」に終わり、女子7階級では、57キロ級の松本薫(25)=フォーリーフジャパン=が唯一の金メダルを獲得したほかに銀(78キロ超級の杉本美香)と銅(63キロ級の上野順恵)が各1個。08年北京五輪(金2、銀1、銅2)の成績を大きく下回った。

ある実業団の指導者は、選手が「集団告発に踏み切った背景にあるのは、指導陣らの金メダル至上主義」と指摘した。「指導陣の情熱も分かるが、実際に柔道を嫌いになって辞めたいという子も増えている。彼女たちが告発した一番の理由は、次の世代にそういう思いをさせたくないから」と話した。

告発した15人がだれかは明らかになっていない。しかし、陰に隠れていた悲痛の叫びが表面化した今、柔道界はどう対処するのか。

c0144828_1310029.jpg


◆園田 隆二(そのだ・りゅうじ)1973年9月16日、福岡・大牟田市生まれ。39歳。柳川高から明大を経て警視庁に進んだ。93年世界選手権(カナダ・ハミルトン)60キロ級で金メダル。95年全日本選抜体重別同級優勝。04年から全日本女子コーチ、08年から同監督に就任。12年のロンドン五輪は過去最低のメダル3個に終わっていた。

指導者が五輪選手に訴えられた例 トリノ五輪前の06年1月、米国のスケルトン代表チームのティム・ナーディーロ監督が、女子選手から性的な嫌がらせの疑いがあると訴えられ、職務停止処分を受けた。同監督の提訴を受けた仲裁機関は「証拠がない」と判定も、米国オリンピック委員会は独自の調査結果で、「倫理基準及び行動規範に疑いがある」と判断し、同監督の五輪派遣を見送った。

2013.1.31

c0144828_19553883.jpg]]

ロンドン五輪代表を含む柔道女子選手15人らが、女子代表の園田隆二(39)監督=警視庁=らから暴力を受けたなどとして強化指導陣を集団告発した問題で、現場を目撃した複数の関係者が30日、生々しい暴行の実態をスポーツ報知に証言。「死ね」「ブタ」など常軌を逸した暴言を受けるなど、日の丸を背負う選手がショッキングな扱いを受けていたことが判明した。

この日、全日本柔道連盟は、園田監督ら強化スタッフ6人を戒告処分としていたことを公表。園田監督には続投を要請した




2013.2.1

c0144828_19262765.jpg
園田監督だけ辞任!全柔連トップ責任逃れ

ロンドン五輪代表を含む柔道の女子トップ選手15人から暴力行為とパワーハラスメントを告発された園田隆二(39)代表監督が31日、都内で会見し、辞意を表明した。

暴力行為があったことを認めて謝罪。2月5日に出発予定だった欧州遠征にも同行しない。全日本柔道連盟では上村春樹(61)会長が日本オリンピック委員会(JOC)強化本部長職を辞任したが、連盟トップとしての責任は語らなかった。




.

by a19750601 | 2013-01-30 06:17