人気ブログランキング |

AKB劇場で最後の公演 板野友美

板野友美、AKB劇場で最後の公演

AKB48の板野友美(22)が27日、

東京・秋葉原のAKB48劇場で最後の劇場公演を行い、

AKB48を卒業した


c0144828_9461687.jpg


公演にはチームKメンバーのほか、同期である高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみの

1期生を含む選抜メンバーも駆けつけた。

板野は「私が歩んだ道は間違ってなかった。

8年間、いっぱい乗り越えたことが勇気につながっているので、

くじけずに強い私で頑張りたい」とあいさつし、

7年8カ月過ごした劇場に別れを告げた。

2005年12月8日の初ステージから2819日。

メンバーきっての個性派が、AKB48の活動に終止符を打った。

歌唱中はクールな表情を見せていたが、公演終盤に大島優子(24)らから

感謝の言葉を贈られると涙がこぼれた。

たくさんつらい思いをしたから喜びも大きくなったと思うし、

メンバーの絆も深くなった。私が歩んだ道は間違ってなかったと思う。

仲間やスタッフさん、ファンの皆さんと出会えたのは運命で、

心から良かったと思います


AKBの歩みと同様に、板野自身も加入当初は苦しんだ。

「泣いてばかりだった」という草創期から、自分のポジションを模索した。

メンバーで初めて茶髪にし、初めてソロデビューもした。

モデルの仕事も積極的にこなした。

クールな雰囲気は自他共に「誤解を招くことが多い」と認めるほど。

それでも“自分らしさ”を貫く姿は、女性や子どもからも多くの支持を集めた。

一見クールだが、仲間思いでメンバーからも愛された。

松井珠理奈(16)は「腕枕をせがまれたことがあって、

かわいい姿が見られて距離が縮まりました」と感謝すれば、

“姉妹”と言われるほど仲のいい島崎遥香(19)からは

「これからもずっとお姉ちゃんでいてください」と懇願された。

公演では、ちょうど1年前に卒業した前田敦子(22)からの

ビデオメッセージも流された。最後の曲を歌い終えると、

板野は「私は今日卒業したけど、新たな一歩を踏み出したい」と、

ステージ上で一歩前に進んだ。

ソロとしての一歩も劇場でスタートしたいと思っていた」と

いたずらっぽい笑みを浮かべた。

“クール”なともちんが“チャーム”に締めくくり、

第2章をスタートさせた。

by a19750601 | 2013-08-27 21:23