人気ブログランキング |

空中分解していたチャゲ&飛鳥 殴り合い


チャゲアスが空中分解!  

c0144828_19511574.jpg「CHAGE and ASKA」のASKA(飛鳥涼)の薬物依存騒で新事実が明らかになった。

相方のCHAGE(チャゲ)が、飛鳥の薬物使用をとがめたところ、逆ギレした飛鳥と殴り合いの大喧嘩に発展。その後の話し合いでチャゲが「もうオマエとは一緒にできない!」と、飛鳥に事実上の“三くだり半”を突きつけていたという。


もはや関係修復は絶望的。
飛鳥の“薬物依存疑惑”が波紋を広げている。
6日発売の写真誌「フラッシュ」(光文社)が
飛鳥に「3年間覚醒剤を売っていた」とする売人のインタビューを掲載すれば、7日発売の「週刊文春」は隠し撮りされた“薬物吸引ビデオ”をめぐる飛鳥と暴力団関係者の生々しいやりとりを報じた。


次々と飛び出す新情報に、当局も関心を示しており「“このまま何もしない”では世論が許さない。飛鳥を参考人として任意で事情聴取する可能性もある」(警察関係者)というが、その舞台裏で新たな事実も判明した。飛鳥の薬物依存が原因で、チャゲアスが空中分解してしまったというのだ。

2007年12月を最後に、活動休止中だったチャゲアスは年明けに活動再開を宣言。8月末にファン待望の復活ライブの開催を発表した。ところが、相方のチャゲはライブの準備段階から飛鳥の言動に違和感を覚えた。

c0144828_2013110.jpg顔はパンパンでろれつも回らない。打ち合わせでは訳のわからないことを口走る。とてもファンの前に出られる状態ではなかった」(音楽関係者)

チャゲは、飛鳥に「ライブは延期しよう」と提案した。ところが飛鳥は「何言ってんだよ。やるよ~」と気にも留めなかったことから、ついにチャゲの怒りが爆発!
別の関係者によると「チャゲは飛鳥の薬物使用を知っていましたが、今回はあまりにひどくて『いい加減、変なモノやめろよ!』と怒鳴りつけたそうです。これに飛鳥が逆ギレ。相方を殴りつけたんです」と話す。

このことは先週発売の週刊文春でもやんわり触れられているが、2人の喧嘩は想像以上に激しかったという。
それこそ殴り合いの大喧嘩。こうなると手がつけられないのが、武道経験者でガタイのいい飛鳥で、チャゲをボコボコにしてしまったそうです。その際、チャゲがケガをしたという話も聞きました」(音楽関係者)

これに激怒したのがチャゲの妻だ。裏事情を知っているだけに「訴える!」と主張する騒ぎとなったという。後日、関係修復のために設けられた話し合いでも両者の溝は埋まらなかった。

「チャゲが『あんな状態じゃ、アイツとはもう一緒にできない!』と、まくしたてたそうです。結果、チャゲアスは完全に決裂してしまいました」(同)


c0144828_20315142.jpg6月、飛鳥が「一過性脳虚血症」と診断され、復活ライブの延期が発表された際、チャゲはラジオ番組で「一日でも早く元気な飛鳥に戻ってほしいと思います。体調が回復するまで、もちろん僕は待っています」とコメントしたが、これはファンのことを考えての“大人の対応”で、真相は関係者の間でもかん口令が敷かれた。

「その後も怒りの収まらないチャゲが『俺がマスコミに洗いざらいしゃべってもいいんだ!』と言ってきかなかったそうです。事実、水面下で『チャゲが飛鳥に怒っていて、インタビューを受けるらしい』という話が駆け巡っていました。その時は何の話かわかりませんでしたが…」とはワイドショー関係者。

c0144828_2037347.jpg
チャゲアスと一緒に仕事してきた男性によると、かねて2人の不仲説は噂されていたが、
表立ったバトルに発展したことは皆無。

それどころか

2人は自分たちが喧嘩したら、立場的に仲裁できるスタッフがいないことを理解しており『俺たちでもめるのはよそう』と約束していた

という。

にもかかわらず

殴り合いの大喧嘩をしてしまうとは…2人の絆をもブチ壊してしまう薬物は“悪魔のクスリ”といわざるを得ない

by a19750601 | 2013-08-09 11:18