人気ブログランキング |

タイで代理出産させた日本人 重田光時(シゲタ・ミツトキ 24才)の素性

タイで代理出産させた日本人 


重田光時(シゲタ・ミツトキ 24才)の


素性を公開


c0144828_954697.jpg



正体は 「光通信」会長の息子

c0144828_102348.jpg


香港に在住してタイと行き来して重田は、

複数の女性を代理母にして子供を産ませ、

乳幼児9人以外にも6人の子供がいて、すでに日本に帰国している


マンション内には日本人女性1人を含む

10人のタイ人女性がベビーシッターも兼ねて存在。


また市内の病院で重田氏が父親となっている

子供4人も新たに発見され、これまで計15人の

子供が発見されている。


重田のパスポートは現地メディアで公開された。

c0144828_9545817.jpg


この名前と年齢がある著名人の子息と一致するとの情報

それは ↓「光通信」の代表取締役会長 兼 大株主でもある重田康光(49才)の息。


c0144828_9591335.jpg


重田康光は

1999年に世界5位の大富豪と報じられ、

2014年度にはアメリカ・フォーブス誌で国内11位の大富豪。



「人身売買」ではないかとも疑われているが、

タイで重田氏の代理人をつとめる弁護士は

「彼はとても裕福で、事業の後継者を得るためにたくさんの子供が必要だ」

「赤ん坊は全員、男性の子どもで大家族を持ちたかった」

「男性は債券や保険、貯金を全員の子ども名義にしている。人身取引ならあり得ない措置だ」

「乳幼児の養育費に毎月約63万円かけていた」

と語っている。



光通信の広報部ではこの件に対し、

「本事業とは関係がないのでお答えできません」

としている。



光通信

本社:東京都豊島区西池袋1-4-10 光ウエストゲートビル
営業事務所:全国396拠点
コールセンター:57拠点
SHOP事業店舗:1,701店舗
保険SHOP:19店舗

現在、携帯電話販売事業は東京23区内などでは「OBM it's」などの名前で、複数キャリアを併売している店舗があるが、多くの地域ではau、ソフトバンクの専売店に転換している。

2010年2月に、光通信に勤務していた当時33歳の男性が突然死した。この男性は2006年から営業課長職に、2009年にはクレーム対応部署に異動したが、虚血性心疾患で死亡。男性の両親と弁護士が、タイムカード打刻記録以外での時間外労働を算出したところ、死亡前3年間で100時間超の時間外労働を行っていた月が17回(最高153時間)存在したほか、携帯電話の販売で過酷なノルマが課されたりしていた。両親は2014年6月24日に同社に対し「会社は安全配慮義務を怠り長時間労働を放置した」などとして、神戸地方裁判所に約1億6,450万円の支払いを求める訴訟を起こした

by a19750601 | 2014-08-12 23:36