人気ブログランキング |

杏 「24時間テレビ」 出演を後悔した屈辱シーン

杏が「24時間テレビ」に「出ないほうがよかった」と発言。


「24時間テレビ 愛は地球を救う」で

メインパーソナリティを担当した杏が、

「出ないほうがよかった」と漏らし後悔しているという。

「サライ」や「負けないで」を合唱した際、

歌がヘタすぎるのがバレてしまい、相当ショックだったという。


c0144828_10591855.jpg


8月末に放送された「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)。

番組恒例のマラソンはTOKIOの城島茂が放送時間内に完走し、

ゴール直後のインタビューシーンが最高視聴率41.9%をマーク。

平均視聴率も歴代6番目となる17.3%を記録し、

日テレ関係者の間では「上々の出来だった」ともっぱらの評判だ。

そんな中、メインパーソナリティを担当した女優の杏が

「出ないほうがよかった」と漏らし、後悔しきりだという。

昨年からNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、

ドラマ「花咲舞が黙っていない」でヒロインに抜擢されるなど、

女優として飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女に、いったい何があったのか

「『サライ』や『負けないで』を合唱した際、

歌がヘタすぎるのがバレてしまったんですよ。

現場のスタッフはもちろん、視聴者にも伝わるぐらい、

杏は音程を外していました」


と語るのは、番組制作スタッフである。

「歌の途中、杏が苦笑いを浮かべているといった光景が

ネットでも指摘されていましたが、実際、彼女は相当ショックだったようで、

親しい人間に『こんな恥ずかしい目にあうなら引き受けなければよかった』と

話していたといいます」


視聴率は上々でも、杏の出演はこれが最後になるかもしれない!?


c0144828_1101779.jpg
杏は、当初 番組について、11年にイモトアヤコが

盲目の少女とアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロ登山をする姿が印象に残っているといい、

「彼女の姿に勇気をもらった。

いつか私もこんなことが彼女のようにできるのかなと思ってました」

と話すなど、今から本番を楽しみにしている、と語っていた。

by a19750601 | 2014-09-09 22:47