人気ブログランキング |

沢田研二がライブで観客にキレた


c0144828_9234862.jpg


黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!

1月20日、都内で行われた「沢田研二正月LIVE」の会場で突然、

観客に向かって罵声が飛んだ。

声の主は事もあろうか、沢田本人だった。

「ライブが始まって2時間経ち、最後のおしゃべりの時間に“事件”は起きた。

ジュリーはイスラム国の人質事件に触れた。

『日本の将来を憂うのではなく、自分自身の頭と心で考えなければなりません』と

話をしていると“歌って~”と叫んだ人がいた。

それに対して、ジュリーはキレて暴言を吐いたのです」



沢田もすでに66歳。かつての格好良さは薄れ、

最近は「激太り」が取沙汰されるほどだが、

体型だけでなく、言動にも変化が起きている。

「4年前の東日本大震災をきっかけに政治への関心の高さを示す発言が多くなった。

昨年7月の渋谷でのコンサートでも、

『あっかん、アベー(安倍首相)』と安倍政権を茶化したり、

歌も被災地への祈りや反原発といった平和をテーマにしたものが増えた。

12年の衆院選では、反原発の旗手、

山本太郎氏(現・参議院議員)の応援演説をして話題になった。

昔のジュリーとは明らかに違います」


c0144828_9242317.jpg


また、昨年3月の毎日新聞のインタビューでは〈今の芸能人は

みんなが“いい人”と思われたい症候群になっている。

こういう雰囲気が嫌い〉と芸能界批判ともとれる発言までしている。

「この発言が象徴するように沢田は自ら今の芸能界に一線を引いている。

事務所は個人事務所でCDも自分だけのレーベル。

音楽活動も一連の言動もすべて沢田の判断に委ねられ、意見を言う人はいません」

かつては化粧や肌を露出した衣装でも話題を集めた沢田だが、

内面はそのイメージとは正反対だという。

「沢田を“イモジュリー”とからかった男性と喧嘩して話題になったこともあるほど、

本来、男気が強く喧嘩っ早い人。

歳を重ね、芸能界の大枠からも外れて、

本音で活動するようになった結果が、今回の騒動に繋がっただけ。

本人は気にしていないと思います」

“勝手にしやがれ!”とファンが離れなければいいが。



黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!

1月20日、都内で行われた「沢田研二正月LIVE」の会場で突然、

観客に向かって罵声が飛んだ。

声の主は事もあろうか、沢田本人だった。

「ライブが始まって2時間経ち、最後のおしゃべりの時間に“事件”は起きた。

ジュリーはイスラム国の人質事件に触れた。

『日本の将来を憂うのではなく、自分自身の頭と心で考えなければなりません』と

話をしていると“歌って~”と叫んだ人がいた。

それに対して、ジュリーはキレて暴言を吐いたのです」



沢田もすでに66歳。かつての格好良さは薄れ、

最近は「激太り」が取沙汰されるほどだが、

体型だけでなく、言動にも変化が起きている。

「4年前の東日本大震災をきっかけに政治への関心の高さを示す発言が多くなった。

昨年7月の渋谷でのコンサートでも、

『あっかん、アベー(安倍首相)』と安倍政権を茶化したり、

歌も被災地への祈りや反原発といった平和をテーマにしたものが増えた。

12年の衆院選では、反原発の旗手、

山本太郎氏(現・参議院議員)の応援演説をして話題になった。

昔のジュリーとは明らかに違います」


また、昨年3月の毎日新聞のインタビューでは〈今の芸能人は

みんなが“いい人”と思われたい症候群になっている。

こういう雰囲気が嫌い〉と芸能界批判ともとれる発言までしている。

「この発言が象徴するように沢田は自ら今の芸能界に一線を引いている。

事務所は個人事務所でCDも自分だけのレーベル。

音楽活動も一連の言動もすべて沢田の判断に委ねられ、意見を言う人はいません」

かつては化粧や肌を露出した衣装でも話題を集めた沢田だが、

内面はそのイメージとは正反対だという。

「沢田を“イモジュリー”とからかった男性と喧嘩して話題になったこともあるほど、

本来、男気が強く喧嘩っ早い人。

歳を重ね、芸能界の大枠からも外れて、

本音で活動するようになった結果が、今回の騒動に繋がっただけ。

本人は気にしていないと思います」

“勝手にしやがれ!”とファンが離れなければいいが。

by a19750601 | 2015-01-21 12:15