人気ブログランキング |

愛川欽也あす最後のアド街 司会20年80歳で降板


俳優愛川欽也(80)が、

司会を務めるテレビ東京系バラエティー番組

出没! アド街ック天国」(土曜午後9時)を休養し、

そのまま降板する見通しであることが5日、分かった。

1995年(平7)4月の開始時から番組を仕切ってきたが、

7日放送の1000回が最後の出演になりそうだ。



c0144828_840272.jpg


土曜夜のお茶の間から、愛川が姿を消す。

関係者によると、愛川は20年続けた番組の1000回をもって、

出演に区切りをつけることを番組側に伝えていた。

健康面に問題はないが、高齢の80歳。周囲には「これからは

好きなことをやっていきたい」と話しており、

都内に所有する小劇場キンケロ・シアターでの

舞台制作などに力を入れていく意向のようだ。

同局は慰留したが、決意は固かった。

結果、表向きは「休養」となるようだが

事実上の自主降板になる。

現実に1001回(14日放送)の収録は、

レギュラーパネラーの峰竜太(63)が司会を代行している。

関係者によると、峰は4月中旬までの暫定的な司会者で、

以降に新司会者が決まりそうだ。

番組は95年4月スタート。

愛川は「宣伝本部長」の肩書で司会を務めてきた。

第1回から出演しているのは、

愛川と峰だけ。愛川のあいさつ「おまっと(お待ちどお)さんでした!」で

始まるのが、お決まりだった。

20年間、収録を1度も休まなかったが、

1000回目は、風邪を押しての出演だったという。

昨年9月には、情報番組の現役最高齢司会者として、

ギネス世界記録に認定され「普通なら60歳を過ぎたら引退するところ、

その先20年続けていますから。


自分に『お前、よくやったじゃないか』と言いたい」と話していた。

番組収録は隔週に1回。

一方で「時間を取って長い旅行にも行きたい」と漏らすこともあったという。

日本テレビ系「11PM」は74年から約12年、

フジテレビ系「なるほど! 

ザ・ワールド」は81年から約15年…テレビ長寿番組を築いてきた80歳が、

「アド街ック天国」での20年、1000回を区切りに「名司会」の羽を休める

by a19750601 | 2015-03-06 11:32