人気ブログランキング |

訃報 加藤武 ジムのサウナで倒れる 「よーし分かった」の決め台詞

c0144828_8574766.jpg


劇団文学座代表で、黒沢明監督作品や

「仁義なき戦い」シリーズ、金田一耕助シリーズなどで名脇役として活躍した

俳優の加藤武さんが7月31日夜、

東京都内の病院で死去した。86歳。東京都出身。

1日、文学座が発表した。

2015年7月31日夕、スポーツジムのサウナで倒れ、

その後、病院で死亡が確認された。

葬儀・告別式は親族のみで執り行う。

c0144828_924926.jpg早稲田大学で演劇研究会に入り、俳優の北村和夫さんらと知り合った。

一時は中学教諭に就いたが、あきらめられず、

先に北村さんが入団していた文学座研究所に入る。

59年、正式に座員に。悪役や個性の強い役どころを務め、

同座の中核として活躍した。

映画は53年、今井正監督「にごりえ」の端役出演から始まり

蜘蛛巣城」「隠し砦の三悪人」「悪い奴ほどよく眠る」など黒沢作品8本に出演。

「仁義なき戦い」シリーズの優柔不断な親分・打本昇役、「犬神家の一族 」「悪魔の手毬唄」などの

金田一耕助シリーズの警官役、「釣りバカ日誌」シリーズの秋山専務役などで知られた。

NHK「真田太平記」「風林火山」など数々のテレビドラマにも出演。

名脇役として数々の作品を彩った。

c0144828_902893.jpg


金田一耕助シリーズの「よーし、分かった」の決め台詞から、

フジテレビのバラエティー番組「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!」の

1コーナー「クイズよしっ分かった!」のモデルとなり、レギュラー出演もした。

by a19750601 | 2015-08-01 23:28 |