訃報 根津甚八

c0144828_8233445.jpg


2010年に俳優を引退した

根津甚八=本名・根津透=さんが29日、

亡くなったことがわかった。69歳だった。

所属事務所が発表した。事務所への取材では、

この日昼過ぎに亡くなったと連絡が入ったという。

1978年、大河ドラマ「黄金の日日」で脚光を浴び、

82年の映画「さらば愛しき大地」で日本アカデミー賞主演男優賞を受賞。

ほかに「吉原炎上」などでも存在感が光った。

黒澤明監督の映画「影武者」や「乱」などにも出演。

演技同様に寡黙な人柄だった。

2010年9月に俳優業を引退している。

根津さんは1993年に撮影で落馬し腰椎(ようつい)を損傷。

2001年ごろ右目下直筋肥大という目の病気を発症。

物が二重に見える「複視」に苦しみ、

右目下まぶたが垂れ下がってきたことから、

俳優の“顔”を取り戻すため、何度も整形手術を繰り返した。

04年7月に人身事故を起こし、被害者が亡くなってからは、

公の場に出ることがなくなっていた。

01年秋ごろからうつ病も患っており、

持病の椎間板ヘルニアも悪化したことなどで、

10年に俳優を引退した。

[PR]

by a19750601 | 2016-12-29 20:20