人気ブログランキング |

NOVA:使途不明金10億円

帳簿名目に「猿橋仮払い」
c0144828_17524.jpg


経営破綻(はたん)した英会話学校最大手「NOVA」(大阪市、破産手続き中)の社員積立金流用事件で、同社が資金繰りに窮していた昨年8~9月、計約10億円に上る使途不明の出金が帳簿に記載されていたことが分かった。出金の中には「猿橋仮払い」といった名目での支出もあり、一連の使途不明金については元社長の猿橋望容疑者(56)=業務上横領容疑で逮捕=だけが知っていた可能性が高い。大阪府警捜査2課もこうした金の流れを調べている。関係者によると、同社の会計帳簿では昨年8月上旬、NOVA口座から約7億円が出金された。同9月ごろには、約14億円の入金がある一方で「猿橋仮払い」として約17億円が支出され、差し引き約3億円の支出超過だった。いずれも原資や使途が不明という。猿橋容疑者は、社員互助組織「社友会」の積立金を流用したとされる同7月中旬から、株を使った資金調達に傾斜していったが、他の取締役らには知らせていなかった。使途不明の出金も独断で行っていたとみられる。

また、資金調達に絡み、猿橋容疑者らが破綻直前に「駅前留学」の教室などの賃借物件について、億単位の保証金回収に動いていたことも判明した。関係会社の元社員らによると、NOVAは駅前好立地のビルで教室を展開するため、保証金数億円で賃貸契約することもあった。教室は1000店目前まで増えたが、昨年6月の経済産業省の一部業務停止命令などの影響で賃借料を滞納するようになり、同10月ごろ、滞納額を除いた保証金返還交渉を貸主と本格化させた。猿橋容疑者自身も、賃貸契約のあった大手消費者金融からの返還を目指し、知人に「上の立場の人に口をきいてもらえないか」などと訪ね歩いたという


NOVA:落ちたカリスマ 奇行で部下離れ…猿橋容疑者

厳しい表情で会見に臨むNOVAの猿橋望社長=大阪市浪速区のNOVAネットワークコンテンツセンターで2007年6月13日午後6時56分、大西達也撮影 24日朝、大阪・梅田。ビジネスホテルを出た男が1人でタクシーに乗り込んだ。色の付いた眼鏡に、スーツ、赤いネクタイ。落ち着いた様子だった。男が向かった先には大阪府警の捜査員が待っていた。約10時間後、男は業務上横領容疑で逮捕される。NOVA元社長、猿橋望容疑者(56)。約30万人の受講生を抱える国内最大の英会話学校の頂点に君臨した「カリスマ」が転落した瞬間だった。

その前日の23日昼過ぎ、大阪に居た猿橋容疑者に一本の電話が入っている。「24日に事情聴取したい」。大阪府警の意向を伝える代理人弁護士の声だった。猿橋容疑者は「大阪の家(賃貸マンション)が家宅捜索を受けると思うので片付けたい。1日延ばせないか」と告げる。弁護士が「難しい」と話すと、「しょうがない」と残念そうに応えた。


昨年10月のNOVA破綻(はたん)後、猿橋容疑者は東京に拠点を移し、知人の家に身を寄せていた。東京では知り合いの仕事を手伝い、時々、大阪に来ていた。しかし、公の場に姿をみせることはなく、雲隠れを貫いた。猿橋容疑者は高校卒業後、パリなどに留学。帰国後、留学中に知り合った外国人が岸和田市の実家に滞在して、近所の人に語学を教え始めた。それが創業のきっかけだった。81年に1号教室を開き、猿橋容疑者の主導で「NOVAうさぎ」の広告戦略などを展開、急成長を遂げた。96年に株式上場、05年に教室は900校を突破した。猿橋容疑者の絶頂期だった。

だがそのころから、人当たりがいいとされた猿橋容疑者に奇怪な行動が目立ち始めた。多くの元社員が「所在が把握できず、連絡が取れなかった」と証言する。例えば、午後1時に会議を招集しながら、本人が現れるのは夜7時ごろ。待ち疲れた社員に謝罪もなく、翌日未明まで延々と指示を出し続けた。急な要件で携帯電話にメールを送っても、すぐに返答はなかった。社内で人心離反が進んだ。猿橋容疑者は当初、周囲に刑事責任を否定していた。それが先月ごろになって、「早くケリをつけて再スタートしたい」と逮捕を受け入れる覚悟を決めた。ある元幹部社員はこう吐き捨てた。「自分のことしか考えてこなかったんだ。そのつけが刑事責任として跳ね返ってきたのに、それにも気づいていない」

by a19750601 | 2008-06-26 17:04 |