人気ブログランキング |

パソコン、セット価格100円


ビックカメラやコジマなど家電量販店大手は10日、イー・モバイルのデータ通信端末と超小型パソコンを、セット価格100円で販売を開始した。イー・モバイルが同日導入した新料金プランを活用した。

イー・モバイルの新料金プランでは、2年契約を条件に商品代金6万9600円を同社が負担する。これによって大手量販店なども大幅な割引きが可能になり、7万円以上になるパソコンと通信端末を100円でも販売できる計算だ。

一方で、約3メガバイト分の無料通信分を含む月額基本料金は2900円となり、従来プランより900円高い。基本料金を引き上げることで、毎月一定の端末代金を支払う割賦販売のような形だ。基本料金の差額分に加え、通信量に応じて収入も増えるため、商品代金の負担が大きくても採算が見込めるとの判断だ。

3メガバイト以上は通信量が増えるにつれて料金も高くなるが、6880円を上限に使い放題となる。

11日には、ソフトバンクモバイルが「iPhone(アイフォーン)」を発売するほか、ウィルコムもPHS機能を内蔵した超小型パソコン「D4」を投入するなど、携帯各社がパソコン並みの機能を持つ通信端末を相次ぎ発売する。イー・モバイルは端末購入の初期費用を事実上無料にすることで、他社に対抗する狙いがある。

by a19750601 | 2008-07-13 08:08 |